メインメニューを開く

駅路』(えきろ)は、松本清張短編小説。『サンデー毎日1960年8月7日号に掲載され、1961年11月に短編集『駅路』収録の表題作として、文藝春秋新社から刊行された。

過去4度テレビドラマ化されている。1977年には向田邦子の脚本で制作され、2009年にそのリメイク版が作られた。

あらすじ編集

銀行の営業部長を定年で退職した小塚貞一は、その年の秋の末、簡単な旅行用具を持って家を出たまま、行方不明となった。家出人捜索願を受けて、呼野刑事と北尾刑事は捜査を始める。家庭は平和と見えたし、子供も成長し、一人は結婚もした。人生の行路を大方歩いて、やれやれという境涯に身を置いていたように思える。自殺する原因もない。自分から失踪したとすれば、何のためにそのような行動を取ったのか……。

テレビドラマ編集

1962年版編集

1962年4月5日4月6日NHKの「松本清張シリーズ・黒の組曲」(22:15-22:45)の第1作として2回にわたり放映。

キャスト
スタッフ

1977年版編集

松本清張シリーズ
最後の自画像
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『駅路』
脚本 向田邦子
演出 和田勉
出演者 いしだあゆみ
加藤治子
山内明
内藤武敏ほか
制作 NHK
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1977年10月22日
放送時間 20:00 - 21:10
放送枠 土曜ドラマ (NHK)
テンプレートを表示
 
本ドラマ冒頭のタイトルバックに使用されているゴーギャン「黄色いキリストと自画像」

松本清張シリーズ・最後の自画像[1]1977年10月22日NHKの「土曜ドラマ」枠(20:00-21:10)にて放映。視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

向田邦子の脚本による作品。ドラマ化の経緯は参考文献を参照。原作ではモチーフの一つとして画家のゴーギャンに言及されているが、本ドラマは向田の視点からこれをクローズアップした構成となっている。登場人物では、福村慶子の役割が原作から変更されている。また、原作者も恍惚老人役で出演している。

キャスト
スタッフ

1982年版編集

松本清張の駅路
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『駅路』
脚本 山田正弘
監督 富本壮吉
出演者 田村高廣
古手川祐子ほか
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1982年10月2日
放送時間 21:02 -
放送枠 土曜ワイド劇場
テンプレートを表示

松本清張の駅路 謎の伊勢路殺人旅行 死んだ父から絵ハガキが…」。1982年10月2日東映の制作によりテレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」枠(21:02-)にて放映された。視聴率21.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。小塚貞一の娘(古手川祐子)と婚約者(広岡瞬)が失踪した父の謎を追うストーリー。

キャスト
スタッフ

2009年版編集

松本清張生誕100年記念作品
駅路
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『駅路』
脚本 向田邦子
演出 杉田成道
出演者 役所広司
深津絵里
石坂浩二
十朱幸代ほか
エンディング 加藤登紀子「生きてりゃいいさ」
プロデューサー 喜多麗子
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域   日本
放送期間 2009年4月11日
放送時間 21:00 - 23:10
放送枠 土曜プレミアム
テンプレートを表示

松本清張生誕100年記念作品・駅路」。2009年4月11日21:00-23:10、フジテレビ系列の「土曜プレミアム」枠にて放映。松本清張生誕100年と向田邦子生誕80年を記念し、向田の脚本に脚色・演出を加え制作された作品。視聴率は15.6%(関東地区)。

キャスト
スタッフ

参考文献編集

  • 松本清張・向田邦子『駅路/最後の自画像』(2009年、新潮社)…清張の原作と向田の構想メモ、関係者の証言と解題を付した共著版。

脚注編集

[ヘルプ]
NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
松本清張シリーズ
最後の自画像
(1977.10.22)
松本清張シリーズ
依頼人
(1977.10.29)
テレビ朝日系列 土曜ワイド劇場
前番組 番組名 次番組
未婚の母・遺産相続殺人事件
(1982.9.25)
松本清張の駅路
(1982.10.2)