メインメニューを開く

駆け込みビル7号室』(かけこみビルななごうしつ)は、1979年フジテレビ系列で放映されたテレビドラマ

放映データ編集

内容編集

東京新橋にある雑居ビルの7号室に居を構える「三枝法律事務所」のボスである弁護士・三枝(三船敏郎)と新米の若手弁護士である友田(勝野洋)を中心に、西(坂上二郎)ら法律事務所の面々が、事件を調査し真実を追い求める1話完結型の「事件解決もの」のストーリー。

登場人物編集

  • 友田昇:勝野洋 - 新米弁護士。事件の弁護を重ねるにつれ一人前に成長していく。
  • 三枝剛介:三船敏郎 - 弱きものを救い、人間味あふれる弁護で友田に多大な影響を与えるボス。
  • 西市太郎:坂上二郎 - 事務所のムードメーカー、三枝・友田をサポートする。変装が得意。
  • ミユキ:谷川みゆき - 喫茶店の看板娘。法律事務所に出前を持ってくる顔なじみ。
  • 有川雄司 - 第6話までの出演
  • レイラ:麻世れいら - 三枝法律事務所のあねご的存在。第8話までの出演(法律の勉強のため突如アメリカへ行ってしまった設定)。
  • 中山一也 - 軽いノリだが事件には真面目に取り組む弁護士のタマゴ。第7話からの出演
  • ユミコ:新谷由美子 - レイラが事務所を去ったので新たに事務所にやってきた弁護士のタマゴ。第9話からの出演

放映リスト編集

放送日
(1979年)
サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 10月13日 赤坂の甘い夜! コールガールがまた一人 播磨幸治 西村潔 神保美喜阿藤海菅貫太郎
2 10月20日 ほん物ニセモノ?! 帰ってきた蒸発亭主 小川英
石川孝人
神山繁中原早苗岩本多代三谷昇三林京子木村元
3 10月27日 弁護料4,512円! パパとママが大変だ 村尾昭 池広一夫 河原崎長一郎倉野章子渥美国泰うえだ峻
4 11月3日 何が女子高生陽子を変えたのか?! 小川英
胡桃哲
長谷和夫 森下愛子川合伸旺長門裕之穂高稔
5 11月10日 逆転判決! くずされた無罪アリバイ 中野顕彰 佐藤仁哉堺左千夫根上淳神田隆杉江廣太郎
6 11月17日 暴力団のドン! インベーダーに誘拐さる 杉山義法 池広一夫 江木俊夫山本ゆか里田口計待田京介
7 12月1日 パリ-東京! 秘められた青春をさがせ 中野顕彰 西村潔 高沢順子柳生博岡田英次内田稔
8 12月8日 標的を撃ち落せ! 恋の代償は高かった 田上雄 石橋正次亜湖近藤宏鈴木瑞穂横森久
9 12月15日 野球トバクを追え! 連続三振は死の匂い 安倍徹郎 吉川一義 本郷直樹浜田晃奥村公延長谷川明男金井進二
10 12月22日 純白のウェディングドレスが泣いている 石川孝人 松橋登倉石功小畑あやホーン・ユキ本間優二外山高士
11 12月29日 逃亡者! 見てはならないものを見た男 中野顕彰 長谷和夫 河原崎建三永島暎子水原ゆう紀睦五郎

主題歌編集

スタッフ編集

その他編集

制作は三船プロダクションが担当。三船敏郎坂上二郎といったスターを起用したが、フジテレビが外注の制作会社との間で開始した「目標視聴率制度」が適用され、目標視聴率に達しなかったということで、当初予定の半分である第11話までで打ち切りとなった。近年ではファミリー劇場にて2006年2007年に再放映された。

ちなみに、フジテレビ系土曜日夜10時枠に於いて三船プロダクション制作のテレビドラマを放送するのは、1974年1月から3月に掛けて放送された『浮世絵 女ねずみ小僧(第3シリーズ)[1] [2]以来、5年9ヶ月ぶりとなる。

前後番組編集

フジテレビ 土曜22時台
ゴールデンドラマシリーズ
前番組 番組名 次番組
駆け込みビル7号室

脚注編集

  1. ^ 毎週土曜日22:30 - 23:25。
  2. ^ 第1シリーズ・第2シリーズの制作はC.A.Lで、第3シリーズでは企画・制作協力として参加していた。