駒澤大学苫小牧短期大学

駒澤大学苫小牧短期大学(こまざわだいがくとまこまいたんきだいがく、英語: Komazawa University Tomakomai Junior College)は、北海道苫小牧市美園町1-9-3に本部を置いていた日本私立大学である。1965年に設置。大学の略称は駒苫。学生募集は2001年度まで[2]2002年度より苫小牧駒澤大学への全面改組により短期大学は学生募集を停止し、2003年9月30日正式廃止[3]

駒澤大学苫小牧短期大学
大学設置/創立 1965年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人駒澤大学
本部所在地 北海道苫小牧市美園町1-9-3
学部 国文科[1]
英文科[1]
食物栄養科
テンプレートを表示

目次

概要編集

大学全体編集

  • 学校法人駒澤大学により1965年に設置された日本私立短期大学。最多3学科を擁していたが、1998年度の学生募集より食物栄養学科のみの1学科に短縮された。岩見沢駒澤短期大学とともに、北海道にあった駒澤グループの短期大学となっていた。

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 駒澤大学苫小牧短期大学における建学の精神は「行学一如」。

教育および研究編集

  • 駒澤大学苫小牧短期大学は栄養士の養成に力をいれていた。かつては、国文・英文の各専門教育も行われていた。一般教育科目には「宗教学」が設置されていた[4]

学風および特色編集

  • 駒澤大学苫小牧短期大学は元々、女子を対象とした短大だったが共学化された。
  • 母体である駒澤大学と同じように、曹洞宗に則った教育をベースとしていた。

沿革編集

  • 1965年 - 苫小牧駒澤短期大学(とまこまいこまざわたんきだいがく)として開学。
    • 国文科:22人が在籍[5]
    • 英文科:27人が在籍[5]
  • 1967年 - 食物栄養科を増設(34人が在籍[6]
  • 1990年 - 駒澤大学苫小牧短期大学と改名。
  • 1995年 - 共学となる[7]
  • 2001年 - 短期大学としての学生募集が最終となる[2]
  • 2003年 - 正式廃止[3]

基礎データ編集

所在地編集

  • 北海道苫小牧市美園町1-9-3

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 国文科[1]
  • 英文科[1]
  • 食物栄養科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

資格

  • 栄養士資格が食物栄養科にて設置されていた。
  • 司書教諭資格が全ての学科に併設されていた。

教職課程

研究編集

  • 『駒沢大学苫小牧短期大学紀要』ほか[8]

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

  • 短期大学においては短大独自のものがあったが、大学が併設されてからは大学と合同のものとなっていた。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

教職員

施設編集

キャンパス編集

  • 近年は、大学と共同使用。

編集

  • 駒澤大学苫小牧短期大学には「清美寮」と呼ばれる学生寮があった[4]

対外関係編集

社会との関わり編集

  • 公開講座を行っていた。

卒業後の進路について編集

就職について編集

苫小牧東部開発]]・伊達信用金庫北海道労働金庫北日本銀行東北銀行苫小牧信用金庫空知信用金庫秋田銀行三井住友銀行北海道銀行北洋銀行札幌銀行住友生命保険ジャックス日本興亜損害保険ディックファイナンス日本生命保険明治安田生命保険SFCGタナカコンサルタントフレックスジャパン東京グランドホテルJALホテルズ苫小牧ホテルニュー王子ヒルトン小樽ムトウ帯広川西農業協同組合ほか[4]

編入学・進学実績編集

  • 駒澤大学への編入学実績がある。

駒澤大学苫小牧短期大学・苫小牧駒澤短期大学に関する書物編集

  • 『駒澤大学苫小牧短期大学学生便覧』:(1995-96)札幌市中央図書館所蔵
  • 『資料 駒澤大学苫小牧短期大学の三十年』:苫小牧市立中央図書館ほか所蔵
  • 『苫小牧駒澤短期大学の二十年』:苫小牧市立中央図書館ほか所蔵
  • ほか『駒澤大学苫小牧短期大学紀要』など多数あり。

参考文献編集

関連項目編集

関連サイト編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 募集は1997年度入学生まで
  2. ^ a b 食物栄養科のみ。
  3. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』254頁より。
  4. ^ a b c d 『苫小牧駒澤大学 駒澤大学苫小牧短期大学』2000年度入学案内冊子より。
  5. ^ a b 昭和41年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す)27頁より。
  6. ^ 昭和43年度版『総覧』28頁より。
  7. ^ 1996年度版『総覧』(60頁)によると、男子学生の在籍者数は国文科で12、英文科で10、食物栄養科で2となっていた。
  8. ^ 駒澤大学苫小牧短期大学紀要より
  9. ^ 宗教学」の科目を担当していた。
  10. ^ 『苫小牧市史 下巻』 pp1087 - 1090
  11. ^ 苫小牧市立中央図書館所蔵。苫小牧市立中央図書館で検索すれば詳細がわかる。