この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Unicode5.2で表現したARIB外字)が含まれています詳細
☖☗⛉⛊

(こま)は、将棋において上に並べて動かす用具である。駒を識別するため、先が尖った独特の五角形の木片の表裏面に文字が書かれている。本項では将棋の駒の歴史や製作法について記載する。駒の種類については将棋類の駒の一覧を参照。

製品としては将棋駒と呼ばれ、一般には将棋の駒と呼ばれる。現在一般に行われている将棋は本将棋であり、本稿でも本将棋の駒について解説するが、書かれる字が違うだけで他の将棋で使われる駒も製法に変わりがない。

歴史編集

近代以前編集

平安時代から五角形の板に)で字を書くという形式を保ち、ほとんど変化していない。現在発掘されている駒で年代が特定されているもののうち、もっとも古いものは奈良県興福寺旧境内跡から発掘されたものである。駒と同時に、「天喜六年」(1058年)と記された題籤軸が出土しており、駒の製作時期が11世紀頃であることがほぼ断定されている。駒は木簡を切ったものに墨で文字を書いて作られたと見られ、長方形の板の先頭部を尖らせており、すでに現在と同じ五角形をしていた。 駒の発掘品として越前朝倉氏一乗谷館などからのものがある。 戦国時代には公卿水無瀬兼成が作る将棋駒(書き駒)が最高級品として知られ、足利義昭象牙の駒を注文した記録があり、徳川家康は多数注文して諸大名への進物としていた。

江戸時代には、庶民向けの書き駒(前述の水無瀬兼成による書き駒とは品質・価格とも全くの別物)として「番太郎駒」や「源平駒」が使用された。

近代以後編集

明治時代に入り、もっぱら実用品であった駒が工芸価値のあるものとなった。東京では駒師の初代豊島龍山が、盛り上げ駒の手法を確立し、それまでに使われていたいくつもの書体をまとめ、洗練させた。「斑」や「」を駒木地に生かしたのも、初代龍山である。

明治から昭和の間は高級駒は東京駒(東京駒の人物一覧)であったが、昭和の最後から平成にかけて、山形県天童市が東京駒のノウハウを取り入れて、大量生産の大衆駒に加えて高級駒の製作を開始した[1]

将棋の町・山形県天童市編集

現在、駒を9割以上生産している山形県天童市では、江戸時代末の元治二年(1865年)に吉田家から伝わったとする資料が有力視されていた[2]が、その後の研究では18世紀には将棋駒の製造方法が天童に伝わっていたと見られている[3]。当時財政状況が悪かった天童藩が、当時流行っていた将棋に着目し、武士に将棋の駒の製造を勧めたのが始まりと言われている[4]。古い天童駒は付近の山から切り出した雑木を斧で割った木地に独自の草書体字が漆書きされたものであり、不揃いで庶民向けの低価格品が主であった。明治時代中期には東京から楷書体の駒が伝わり、大正時代には彫り駒の手法が取り入れられるようになり、また木地は機械で揃ったものが作られるようになって現在に至っている。現在は木地にスタンプで印字する押し駒(スタンプ駒)や、機械彫りの低価格の彫駒が普及したため、伝統的な天童書体の書き駒の職人は少なくなっている。1996年、天童の将棋駒は伝統工芸品に指定された。 近年では漆の代用品としてインドやブラジルのカシュー塗料が用いられることがある[5]

※(正確に言うと、天童の将棋駒における伝統工芸は大量生産の「書き駒」と「彫り駒」のみであり、高級駒である「盛り上げ駒」は明治から昭和にかけて培われた、東京(東京駒の人物一覧)の伝統工芸である)[6]

製法編集

材質・木地編集

戦国時代には象牙の駒なども制作されていたが、明治以降、高級品はツゲ(本黄楊)で作られる。なかでも、東京都御蔵島産の「島黄楊」と、鹿児島県産の「薩摩黄楊」が一定ランク以上の駒に使われる。

本黄楊の代用として、東南アジア原産のシャム黄楊(学名:Gardenia collinsae「黄楊」とついているがアカネ科クチナシ属で、ツゲ科の黄楊とはまったく種類が異なる木材である)が普及品として用いられている。また、スタンプ駒など低価格品にはホオノキカエデカバイジュなどを用いることもある。

また、とくに本黄楊の木地には、「」(ふ)あるいは「杢」(もく)と呼ばれる、木地の色が一部違う部分が入っているものがあり、その入り方によって虎斑(虎の斑点のような模様)・根杢・くじゃく杢(孔雀が羽を広げたような模様)などと呼ばれる。斑や杢の入っているものは、見た目が美しいため、工芸的価値も高く、より高級品となる。また、柾目にも種類があって、「赤柾」(柾目が赤いもの)「糸柾」(糸のような柾目のもの)「荒柾」などがある。

木製の駒のうち最廉価なものは「スタンプ駒」だが、アマチュア将棋大会、プロ棋士の指導対局、将棋道場などでは、安価かつ実用性に優れたプラスチック製の駒が使用されることが多い。

書体編集

 
一舟作 巻菱湖(まきのりょうこ)
 
駒と盤。画像の駒は略字体(表黒彫・裏中彫)。

将棋駒の基本書体を上彫という。それに対して、普及品の彫り駒には中彫・並彫・黒彫(その順に簡素化されていく)と呼ばれる画数や曲線を減らした簡素で無骨な書体が使われる。スタンプ駒にも黒彫などを再現したものもある。

中級品から高級品には、駒の書体として工夫を重ねたものが使われ、書体の名称が王将(もしくは玉将)の駒尻に記される。

代表的な書体として、後水尾天皇の筆跡を基に豊島龍山が改良し、宮松影水が完成させた錦旗(きんき)、最古の書体にして、水無瀬兼成の筆跡を基にした水無瀬(みなせ)、近代の書家の筆跡を基に、宮松影水がレイアウトした巻菱湖(まきのりょうこ)、江戸時代から伝わる古い書体であることしか判明していない出所不明の源兵衛清安(げんべえきよやす)、同じく出所不明の安清(やすきよ)を奥野一香が改良した宗歩好(そうほごのみ)などがあげられる[7]

※なお、錦旗(きんき)について、木村義雄名人による他説では、「御水尾天皇御筆跡の写」ではなく「水無瀬兼成書の写」が正しく、「箔をつけたがる。良くある話」と述べている[8]

彫り方編集

プラスチックの駒やスタンプ駒、印刷駒などの普及品は工業的に生産されるが、一般的な彫り駒は駒師とよばれる専門職人の手作業によって工芸的に制作されている。

彫り駒の一般的な製法として、原料となる木を駒の大きさに切って整えたあと、書体に合わせて木地を彫っていく。その表面に漆を塗り、サンドペーパーで研ぎ出して駒となる。

彫り方と漆の使い方によって、書き駒・彫り駒・彫り埋め駒・盛り上げ駒に分けられる。

近年では彫り駒は多くが機械で彫られており、手彫りによって駒が作られることは少ない。

書き駒
 
木地の表面に直接漆で駒字を描いたもので、最も古い形態の駒である。現在ではほとんど生産されていない。粘りがある漆の物性により、木地の表面に漆が盛り上がるため、見た目は盛り上げ駒に近似する。著名な駒師が価格を抑えられる「普及版の盛り上げ駒」として制作している例がある[9]
彫り駒
 
木地に印刀で駒字を彫り、切削面に漆を塗って仕上げたもの。コンピュータ制御の機械で彫った比較的安価なものから、著名な駒師が丹念に仕上げた高級品まで、価格帯が広い。
彫り埋め駒
 
彫り駒の状態から、砥の粉と漆を調合したもので切削面を埋め、表面を磨き上げて完全な平面に仕上げたもの。一見すると、木地に駒字が毛筆で書いてあるように見える。高級品で、著名な駒師の作品であるのが通常。
盛り上げ駒
 
彫り埋め駒の状態から、漆を木地より高く「盛り上げ」たもの。最高級品で、著名な駒師の作品であるのが通常。プロ(棋士女流棋士)の公式戦は、テレビ棋戦等の特別の事情がある場合を除き、盛り上げ駒を使用するのが原則。

作者編集

 
底に彫られた「巻菱湖書(菱湖と同じ)」と「月山作」の文字

中級品以上になると、手作りのものがほとんどで、作者は駒師(こまし)と呼ばれる。駒師によって値段の違いがある。駒師は、王将(または玉将)の駒尻に名前を彫る(もう一方には書体名を彫る)。

以下に、駒師の雅号を載せる(一部)

  • 恵山(伝統工芸師
  • 天竜(伝統工芸師)
  • 淡月/月山(伝統工芸師)
  • 久徳(労働大臣・現代の名工-山形県天童市)
  • 大竹竹風(新潟県三条市)
  • 富月(富士駒の会所属)
  • 寉峯(富士駒の会所属)
  • 駒権 大阪の駒師。肉太な独自書体の彫駒を得意とし「坂田好み」や「蜀錦」が著名
  • 掬水(伝統工芸師)
  • 秀峰(伝統工芸師)
  • 蜂須賀(将棋駒研究会会友)
  • 雅峰(元将棋駒研究会会友)

王将は、上位者が持つものとされるが、たまに、双玉(どちらも玉将のこと)の駒も存在する。このときは上位者が書体が入った方をもち、下位者が作者の銘が入ったほうを持つ。

駒箱と駒袋編集

駒は、対局時の際には金襴などでできた巾着袋に入れた上で、10センチ四方、高さ8から9センチの駒箱にしまわれる。

駒箱編集

駒箱は、駒箱の材は、黒柿神代欅タモのような銘木を使用する漆塗り組子入れ隅丸四隅落とし天むくりなど職人の技が駆使された工芸品として価値の高いものを使用する。また駒台と同じ材を使い駒台と対とする駒箱もある。対局が終えると安価な駒は桐の白木の箱にしまわれるが、高価な駒は平箱という面が広く平べったい箱に駒を一枚ずつ並べてしまわれる。棋戦などで使用された駒は平箱に棋戦の名と対局年月日、場所が明記され、対局者と立会人の署名と落款がされる。

駒袋編集

駒袋の材料は和服に使用される金襴でできた巾着袋である。素材は絹、綿などがある。

並べ方の作法編集

  1. 上座に座る人が駒箱または駒袋から駒を上に出す(このときは、一つ一つ取るのではなく逆さにして出すが、あまり散らばらないようにする)。
  2. 上座の人が王将を所定の位置に置く。下座の人がこれに対して玉将を置く。
  3. ここからは、大橋流と、伊藤流に分かれる(「大橋」「伊藤」は江戸時代の将棋の家元で、一世名人の大橋宗桂、三世名人の伊藤宗看を祖としている)。
  4. 大橋流または伊藤流のいずれにしても、上座の人、下座の人が交互に並べていく。
  • 大橋流:下の段優先で並べる。段が同じなら5筋に近い方が優先、それも同じなら左の方を優先する。
  • 伊藤流:伊藤流は、右桂を並べるまでは大橋流と同じだが、以下、左から順に歩を並べて、左香、右香、角、飛車となる。並べている途中で、走り駒である香車・角行・飛車が敵陣に直射しないように配慮した並べ方といわれている。
下図の番号順に駒を並べる
大橋流 伊藤流
   
余り歩(通常、1~2枚歩が多く入っている)を、駒袋へ入れる。(駒落ちの対局の場合は、上手が落とす駒を盤上から除く。)

上座の人が駒袋または駒箱を盤の下に(足付きの場合)入れる。

  • 終局後
    終局後は、上座の人が、玉、飛、角、金、銀、桂、香、歩の順に、ちゃんと枚数があるか確認しながら駒箱または駒袋にしまう。

上記はあくまで作法であって並べる手順は基本的には自由であるが、多くのプロ棋士は伝統的に受け継がれてきた大橋流・伊藤流という二つの並べ方のどちらかを採用している。現在の主流は大橋流であり、およそ8割の棋士が採用している[10]。伊藤流を採用している棋士は、鈴木大介窪田義行など。

用語編集

持ち駒
相手から取って駒台に置かれ、ルールで禁じられていない位置であれば盤上のどの位置でも任意に配置することができる駒のこと。
合駒
王手を防ぐために使われる駒(具体的には、と王手をかけてきた走り駒()の間に置かれる駒)のこと。
成駒
裏返して元々の動きと異なる動きができるようになった駒のこと。
質駒
まだ相手の駒だが、いつでも取って持ち駒にできると考えられている駒のこと。
隠し駒
相手に見せずに隠している持ち駒のこと。ルール違反である。
捨て駒
相手に取らせた上で全体の局面を有利に進めることを目的とした駒のこと。
遊び駒
攻防に有効に働かないまま盤上に置かれている駒のこと。
邪魔駒
自駒によってかえって攻め又は守りに邪魔になっている駒のこと。

文字コードでの駒の表現編集

  • 新聞などの紙面上では将棋の駒のシンボルを使用することが多い。
  • 2000年に定められたJIS X 0213では、白将棋駒「」と黒将棋駒「」が追加された。
  • それ以前よりARIBが定めた文字コード(ARIB外字)では上記2種類のほかに、上記を逆向きにした「」と「」もあり、2009年にUnicode5.2に追加されている。

符号位置編集

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2616 1-6-68 ☖
☖
白将棋駒
U+2617 1-6-69 ☗
☗
黒将棋駒
U+26C9 - ⛉
⛉
の逆
U+26CA - ⛊
⛊
の逆

その他編集

画像提供依頼:左馬の置物の画像提供をお願いします。2015年9月
振り駒
事前に先後が決定していない場合、5枚の歩兵を振り混ぜた上でバラまき、表裏の出方で先後を決める振り駒が行われる。
一字駒
大盤解説やNHK杯テレビ将棋トーナメントなどテレビ将棋では「玉将」「金将」と言った通常の駒ではなく、「玉」「金」と言った一字駒が用いられる。タイトル戦でもネット配信がメインとなる叡王戦は原則として一字駒を使用する。「金」と「成銀」はよく似ており、プロ棋士である島朗は実際に、盤面に金と間違えて成銀を打つ反則を犯したことがある[11]
左馬
天童市で縁起物として作られる、馬の字が左右反転した(馬の字の、馬の頭が左を向いている)置物の駒。「ウマ」を逆さに読むと「マウ」であり、「舞う」がお祝い事に通じるため縁起物とされている。
根付
根付のモチーフの一つである。駒の頭に紐を通すために穴が空けられる。文字は将棋に関係ないものが記されることもある。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 駒のささやき
  2. ^ 佐々木忠蔵 編『勤王家吉田大八先生』吉田大八伝刊行会、1933年10月。NCID BB24740090
  3. ^ 斎藤 & 堀 2003.
  4. ^ 『常識なのに!大人でも答えられない都道府県のギモン』(2019年12月5日、村瀬哲史著、宝島社発行)121ページ。
  5. ^ 原田 2004, p. 41.
  6. ^ 駒のささやき
  7. ^ 駒のささやき
  8. ^ 駒のささやき
  9. ^ 増山雅人 (2014年7月). “酔棋流書き駒1―「書き駒教室」用の書き駒”. 駒の詩. 酔棋制作駒. 2018年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月15日閲覧。
  10. ^ 佐藤友康 (2017年5月6日). “大橋流と伊藤流、これが一体何かわかりますか? 対局前に必ず行うあの方法をご紹介”. 将棋コラム. 日本将棋連盟. 2018年7月24日閲覧。
  11. ^ 原田 2004, p. 58. 森内俊之の証言。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集