驪興閔氏(ヨフンミンし、れいこうびんし、朝鮮語: 여흥민씨)は、朝鮮氏族の一つ。本貫京畿道驪州市である。2015年の調査では、161,721人[1]

驪興閔氏
氏族
여흥 민씨 종문.svg
朝鮮
領地 驪州市
家祖 閔称道
著名な人物 元敬王后仁顕王后閔升鎬閔妃閔元植閔丙奭SUGA
여흥민씨대종회

始祖は、孔子の弟子である閔子騫の末裔であり、元々は中国山東地方出身の閔称道である。高麗に使者として渡来し、驪興付近に定住した。

李氏朝鮮の3代王太宗の妃(彰徳昭烈元敬王后)を出し、4代世宗以降はこの血統を受け継いでいるが、驪興閔氏自体は17世紀末に19代粛宗の妃仁顕王后を出しただけで、王朝では決して有力な家門ではなかった。

19世紀中ごろ、驪興閔氏出身の女性の一人が、本流から外れた王族の李応の夫人となった。彼女が生んだ次男の命福が26代高宗となり、李応が興宣大院君となった。

外戚として勢威を振るっていた安東金氏の影響力を排除するため、高宗の妃も驪興閔氏の閔致禄の娘が選ばれた。閔妃(明成皇后)である。閔妃は一族を積極的に登用し、大院君が失脚すると驪興閔氏が政権の重職を占めた(閔氏政権)。

行列字編集

  • 大同行列
○世孫 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37
行列字[2] 백(百) ○현(顯)
○혁(爀)
치(致) ○용(鏞)
○호(鎬)
영(泳) ○식(植) 병(丙) ○배(培)
○규(圭)
○기(基)
경(庚) ○원(源)
○홍(泓)
동(東) ○희(熙) 재(在)
형(馨)
○석(錫)
○世孫 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
行列字[2] 준(準) ○권(權) 용(容) ○범(範) 선(善) ○순(淳) 상(相) ○영(榮) 원(遠) ○종(鍾) 태(泰) ○주(柱) 양(陽)
  • 敦寧公派
○世孫 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
行列字[2] 김(金) ○건(騫) 광(光) 중(重) ○현(鉉) 수(洙) ○근(根) ○섭(燮) 재(在) 종(鍾) ○영(永) ○래(來) 형(炯) 성(成) ○범(範) 강(康) ○재(宰) 수(垂) ○규(葵) ○순(淳)
  • 櫟菴公派
○世孫 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
行列字[2] 창(昌) ○상(祥) 경(景) ○행(行) 응(應) ○진(鎭) 시(始)
승(承)
○영(榮) 광(光) 사(思) ○구(九) 회(會) ○은(殷) 성(成) ○범(範) 강(康) ○재(宰) 수(垂) ○규(葵) ○순(淳)
  • 恭穆公芝崖公派
○世孫 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
行列字[2] ○세(世) 종(種) ○훈(勳) 재(載) ○현(鉉) 태(泰) ○동(東)
○근(根)
형(炯)
병(炳)
경(慶)
○준(準) 사(思) ○구(九) 회(會) ○은(殷) 성(成) ○범(範) 강(康) ○재(宰) 수(垂) ○규(葵) ○순(淳)

脚注編集

  1. ^ KOSIS”. kosis.kr. 2022年11月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e 항렬배자 - 여흥민씨대종회”. www.minssi.net. 2022年8月10日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集