驪連氏

古国時代の人物

驪連氏(りれんし)は、古国時代の人物[1]。『帝王世紀・自皇古至五帝』によると、15代目まで庖犧氏の号を用いたとされる[2][3]

編集

姓については、風姓とされる。これは、当時有力であった風姓姜姓の2大氏族の交代以前と考えられるためである。

一次資料での記述編集

「女媧氏没,次有大連氏、柏皇氏、中央氏、栗陸氏、驪連氏、赫胥氏、尊盧氏、渾沌氏、昊英氏、有巣氏、朱襄氏、葛天氏、陰康氏、無懐氏,凡十五世,皆襲庖犧氏之号也」

  • 北史』隋紀上・高祖文帝

「大庭、軒轅以前,驪連、赫胥之日,咸以無為無欲,不将不迎,其詳不可聞已」

  • 楊炯『遂州長江県先聖孔子廟堂碑』

驪連上古,混沌中央」[3]

出典・注釈編集

  • 出典
  1. ^ 黄福奎著『帝王世紀・自皇古至五帝』
  2. ^ 『補史記』三皇本紀:「自人皇以後,有五龍氏、燧人氏……驪連氏……斯蓋三皇以来,有天下者之号」
  3. ^ a b 驪連氏-Baidu
  • 注釈