メインメニューを開く
「食事処 がじまる」の骨汁

骨汁(ほねじる)は、沖縄県の一部の大衆食堂沖縄そば店にみられる料理。

目次

概要編集

沖縄県の食堂では、沖縄そばのスープを作るために毎日大量の豚ガラを使用する。骨汁とはそのだし殻を再利用して汁物に仕立てた料理である。沖縄そばの「ダシ骨」には主に首(頚椎)の部分が用いられるため、すき間に残った肉は意外に多い。とは言ってもある程度の量がなければ食事としては成立しないため、大きな丼に山盛り1杯程度が1人前の分量となる。このため、スープ鍋1つから作ることのできる骨汁はせいぜい10杯か20杯程度となり、人気店では開店後まもなく売り切れとなってしまうこともある。

歴史編集

正確な起源は明確ではないが、現存する店の中では北谷町にある「食事処 がじまる」[1]が最も古く、1980年代前半から提供している[2][出典無効]という。つい近年までは沖縄本島中部にのみ特徴的にみられる地域料理であったが、現在は那覇など他地域でもメニューに載せる店が増えてきている。

作り方編集

  • ダシを取った後の骨の中から比較的肉が多く残っている部位を選び、野菜などと共に調味したスープで煮込んで仕上げる。スープの味付けは沖縄そば同様に塩味や薄い醤油味が多いが、味噌味の骨汁を提供する店もある。
  • 追加される具材は大根冬瓜ニンジン豆腐昆布など店によってまちまちだが、レタス(あるいは青菜の類)は必ず使用される。
  • 薬味としてはおろししょうがが用いられる。

脚注編集

関連項目編集