高乃 麗(たかの うらら、1961年8月16日 - )は、日本女性声優ナレーターである。リマックス代表取締役社長。千葉県東金市出身。かつては文学座演劇研究所[2]賢プロダクションに所属していた[1][3]。身長158cm。血液型B型シングルマザーで、一人娘は桐江杏奈である。本名・旧芸名は高山 ひさ子(たかやま ひさこ)。

たかの うらら
高乃 麗
プロフィール
本名 高山 ひさ子
(たかやま ひさこ)
性別 女性
出生地 日本の旗 日本千葉県東金市
生年月日 (1961-08-16) 1961年8月16日(56歳)
血液型 B型
身長 158 cm
職業 声優ナレーター
事務所 リマックス
配偶者 なし(離婚歴あり)
著名な家族 桐江アンナ(長女)
公式サイト URARA LOVE
活動
活動期間 1986年 -
デビュー作 大高守(『がんばれ!キッカーズ』)[1]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

目次

人物編集

家族に13歳上の兄と9つ上の姉がいるが、年が離れていたため、一人っ子のように育てられた。近所の子供の間では一番年上だったため、ガキ大将のような存在だったとのこと。母親が音楽の教師で、自宅でもピアノ教室を開いており、自身もピアノを習い、小中と合唱部に所属していた。部活動は、合唱部以外にも陸上バスケット鼓笛隊落語研究会などにも所属したことがある[1]。高校時代は、バスケ部と剣道部とフォークソング部にも所属していた[4]

小学3年生の時は作家を目指していて、当時書いた作文が県でとても良い評価を受け、自身が小学5年の頃からの5年間、千葉県全国一斉テストの試験問題として使われた[4]。また、歌手も子供の頃の夢だったと語っており、小学3年の時に『スター誕生!』に出演したこともある[1]

子供の頃から、兄の影響で子ども向けの英字新聞を購読させられており、英会話が堪能。中学2年の時に英字新聞に載っていた広告を見て、1人でアメリカに1か月間のホームステイを経験している。この際、行きの道すがら乗り継ぎの飛行機を乗り間違えたが、スチュワーデスに付き添われて正しい便に乗り直すことができた。このことを、「子供の頃に人生観を大きく変えたエピソード」として挙げている。高校3年の時には、転校してオーストラリアのカレッジ、短大に編入したこともある[4]

演劇を始めたのは高校の後に帰国して入学した美術大学で、大学そのものはすぐにやめてしまったものの、演劇をやっている人たちに出会ったことが演劇に向かうきっかけだったと語る[4]劇団四季を受験し合格したが、四季の舞台を見て合わないと感じて1日で退団し、文学座を受験し合格。1年間所属したが劇団員試験で落ちてしまい、OLになり1年ほど経ってから「芝居をやりたい」という気持ちを抑えきれず、MODEの前身となるちかまつ芝居に所属。MODEで芝居をする中で、雑誌に掲載されていた野村道子が開いていた講座の記事を目にし、受講した。賢プロが立ち上げられたばかりで野村が新しい人材に興味を示していたこともあり、「声が面白い」と見込まれ声優の仕事に誘われて声の仕事をすることになった[2]。賢プロに所属して1・2年は仕事がない期間が続いたが、言われるがまま受けたオーディションで『がんばれ!キッカーズ』で1年間のレギュラーが決まり、それが声優としての初仕事となった[5]

ジャズシンガーとしても活動しており、『天国への階段』などのマキシングルCDを出している。

2012年には田中真弓伊倉一恵竹田えりと共に演劇ユニット「コーネンキーズ」を結成したり、折笠愛と演劇ユニット「Something TWO」(外部リンク参照)を結成するなどの演劇分野での活動を行っている。

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2012年
2013年
2014年
2017年
2018年

劇場アニメ編集

1992年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2005年
2009年
2010年
2013年

OVA編集

1986年
1990年
1991年
1992年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2002年
2010年
2012年

Webアニメ編集

ゲーム編集

1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2003年
2004年
2005年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2015年
2016年
2018年
  • Fate/EXTELLA LINK(フランシス・ドレイク[22]
  • サガ スカーレット グレイス 緋色の野望(イレーネ[23]

ドラマCD編集

1993年
1995年
1996年
1997年
1999年
2000年
2001年
  • Wジュリエット(天野真琴
2002年
  • Wジュリエット stage II(天野真琴
2004年
  • それいけ! ズッコケ三人組 〜ズッコケ海底大陸の秘密〜(八谷良平〈ハチベエ〉
2010年
2013年

吹き替え編集

担当女優編集

カーラ・グギーノ
クィーン・ラティファ
ナオミ・ハリス
ヘレナ・ボナム=カーター

映画編集

ドラマ編集

アニメ編集

映画編集

舞台編集

  • サクラ大戦歌謡ショウ(マリア・タチバナ)
  • チョコレートガールズKOYA・MAPvol.3,2010年2月10日 - 2月14日)- ママ役
  • スーパーLIVEショー「ダブルヒロイン」(2011年9月22日・24日 - 26日、品川ステラボール)エマジャクソン役
  • コーネンキーズ 第1回公演 巣鴨地蔵通り商店街 喫茶「若草」物語(2012年4月25日 - 30日)

ナレーション編集

CM編集

ラジオ編集

その他編集

  • まいにちがたからもの(ぶんちゃん、ミーノ) 旺文社幼児用学習教材
  • ひらがなあーん!(てんてんむし)
  • 英語であそぼ(ビボ、「たんけんゴブリン島」 → 「ハロー!エスカルゴ島」)

ディスコグラフィ編集

  • シングル
    • BORN TO LOVE YOU(1992年12月16日)
    • Le Blanche Elephant(2001年8月15日)
  • アルバム
    • OOH,LALA(1994年12月21日)
    • サウンド・オブ・サイレンス(1998年9月23日) - 「ミセス・ロビンソン」と「アメリカ」を歌唱
  • ミニアルバム
    • 天国への階段(2007年11月30日)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 初代』(1996年)、『花組対戦コラムス』(1997年)、『2』(1998年)、『花組対戦コラムス2』(2000年)、『3』(2001年)、『4』(2002年)、『熱き血潮に』(2003年)、『君あるがため』(2008年)
  2. ^ 『3 LIGHTNING ANGE』(1997年)、『FINAL EDITION』(1998年)
  3. ^ 『ブレイブサーガ』(1998年)、『ブレイブサーガ2』(2000年)
  4. ^ 友情タッグバトル』『友情タッグバトル フルパワー』『激闘!最強の魔物達』『うなれ!友情の電撃2』(2004年)、『友情タッグバトル2』『うなれ!友情の電撃 ドリームタッグトーナメント』『ゴー!ゴー!魔物ファイト!!』(2005年)

出典編集

  1. ^ a b c d 声優になる!マガジン 高乃麗インタビューVOL.1[リンク切れ]
  2. ^ a b 声優になる!マガジン 高乃麗インタビューVOL.3[リンク切れ]
  3. ^ サクラ大戦 原画&設定資料集(1996年12月、ソフトバンククリエイティブ)、百弍拾ページ ISBN 978-4797301281
  4. ^ a b c d 声優になる!マガジン 高乃麗インタビューVOL.2[リンク切れ]
  5. ^ 声優になる!マガジン 高乃麗インタビューVOL.4[リンク切れ]
  6. ^ がんばれ!キッカーズ”. ぴえろ公式サイト. 2016年6月22日閲覧。
  7. ^ スーパーフィッシング グランダー武蔵”. 日本アニメーション. 2016年6月15日閲覧。
  8. ^ グランダー武蔵RV”. 日本アニメーション. 2016年6月15日閲覧。
  9. ^ ごぞんじ!月光仮面くん”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  10. ^ 風雲!戦国を駆ける武将 〜アニメ静岡県史〜”. メディア芸術データベース. 2016年11月11日閲覧。
  11. ^ サクラ大戦”. メディア芸術データベース. 2016年9月4日閲覧。
  12. ^ 神雕侠侶 コンドルヒーロー”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  13. ^ スタッフキャスト”. テレビ東京・あにてれ プリパラ. 2014年6月10日閲覧。
  14. ^ キャラクター別CM・ビジュアル 第1弾 解禁!”. TVアニメ『Fate/EXTRA Last Encore』公式サイト (2017年10月8日). 2017年10月8日閲覧。
  15. ^ A・LI・CE”. メディア芸術データベース. 2016年8月5日閲覧。
  16. ^ サクラ大戦 活動写真”. メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。
  17. ^ 名探偵コナン ベイカー街の亡霊”. メディア芸術データベース. 2016年10月23日閲覧。
  18. ^ STAFF&CAST”. 『ソードガイ The Animation』公式サイト. 2018年3月1日閲覧。
  19. ^ 『デビル メイ クライ 4 スペシャルエディション』トリッシュの戦闘スタイル、早見沙織さんや小山力也さんなど豪華声優陣が追加公開”. ファミ通.com. 2015年6月24日閲覧。
  20. ^ TYPE-MOONエース』VOL.11 別冊付録「Fate/Grand Order Servant Storage」、KADOKAWA2016年4月23日
  21. ^ サクラ大戦×チェインクロニクル コラボレーション特設サイト”. チェンクロ【公式】チェインクロニクル〜絆の新大陸〜. セガゲームス. 2016年8月10日閲覧。
  22. ^ キャラクター”. Fate/EXTELLA LINK 公式サイト. マーベラス. 2018年1月5日閲覧。
  23. ^ 『サガ スカーレット グレイス 緋色の野望』での新規要素や周回で引継ぎできる項目などを紹介”. 電撃オンライン. 2018年5月25日閲覧。
  24. ^ 商品一覧”. THREE ARROWS. 2013年5月23日閲覧。[リンク切れ]
  25. ^ パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド〜PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END”. 日曜洋画劇場. 2016年7月18日閲覧。
  26. ^ ハリー・ポッターと謎のプリンス”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月29日閲覧。[リンク切れ]
  27. ^ 登場人物”. NHK. 2017年2月16日閲覧。[リンク切れ]

外部リンク編集