メインメニューを開く

高久 龍(たかく りゅう、1993年2月18日 - )は、日本陸上競技選手。専門種目は、長距離種目。出身は、栃木県那須拓陽高校東洋大学卒業。現在ヤクルト所属。

高久 龍
たかく りゅう
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 高久 龍
ラテン文字 Ryu Takaku
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離種目
所属 ヤクルト
大学 東洋大学経済学部経済学科卒業
生年月日 (1993-02-18) 1993年2月18日(26歳)
出身地 日本の旗 日本栃木県
身長 168cm
体重 54kg
自己ベスト
5000m 13分57秒87(2016年)
10000m 28分36秒71(2015年)
ハーフマラソン 1時間03分00秒(2013年)
30km 1時間30分32秒(2014年)
マラソン 2時間10分03秒 (2019年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

来歴・人物編集

  • 中学3年時の栃木県中学駅伝4区で区間新、関東中学駅伝4区でも30位で襷を受ける苦しい展開の中で8人を抜いて区間賞を獲得するなど早くからロードでの強さを発揮していた。
  • 高校1年時から那須拓陽高校のレギュラーとして高校駅伝に出場したものの高校1年時の全国高校駅伝への切符を懸けた栃木県予選でチームはアンカー勝負の末に9秒差で敗れた。
  • 高校2年時には中学時代からチームメイトとして一緒に駅伝等に出場してきた八木沢元樹らと共に全国高校駅伝に出場。のちの東洋大の先輩となる設楽悠太と遜色ない走りをみせ、区間15位で5つ順位を上げたものの、チームは9位とあと一歩入賞には届かなかった。
  • 高校卒業後駅伝の強豪校の東洋大学に進学。しかしこの年度、駅伝に出場することはなかった。
  • 2年時の出雲駅伝では5区を任され初の出雲だが、区間新記録など、急成長を駅伝で魅せたがチームは2位だった。また、第89回箱根駅伝は7区を任され、2位でタスキでもらうが、トップと30秒広げてしまい、区間4位とチームも総合2位と完敗だった。
  • 3年生時になると、10000mで28分台を出すなど、急成長を遂げた。
  • そして第90回箱根駅伝は8区を任され、トップでタスキをもらうと、2位との差を広げて、この年2度目の区間賞を獲得し、チームを2年ぶりの総合優勝と、復路新記録にも貢献した。[1]
  • 4年生になると副将となり、当時主将の田口雅也と共にチームを支えた。
  • しかし第91回箱根駅伝は怪我の影響で走れず、サポートに回ったが、チームは総合3位と、酒井俊幸が監督就任史上最低順位に終わった。
  • 大学卒業後はヤクルトに就職した。
  • 2016年ニューイヤー駅伝では3区を任されたが、区間31位と思うような走りができなかった。が、この悔しさを機に、自己ベストなどを出すなど好調ぶりを魅せている。
  • ゴールドコーストマラソン2018 6位(2:11:45)、ハンブルクマラソン2019 7位(2:10:02)によりワイルドカード取得。マラソングランドチャンピオンシップ、(東京2020 オリンピック日本代表選考競技会)2019.09.15(日)開催の出場権を獲得[1]

自己ベスト編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 髙久龍:MGCファイナリスト” (日本語). マラソングランドチャンピオンシップ(MGC). 2019年9月22日閲覧。

外部リンク編集