メインメニューを開く

高井 有一(たかい ゆういち、1932年4月27日 - 2016年10月26日[1])は、日本小説家内向の世代の作家の一人。本名は田口哲郎(たぐち てつお)。日本芸術院会員。

高井 有一
誕生 田口 哲郎
1932年4月27日
東京府北豊島郡長崎町
(現・東京都豊島区
死没 (2016-10-26) 2016年10月26日(84歳没)
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 早稲田大学第二文学部英文学科
活動期間 1965年 - 2016年
文学活動 内向の世代
代表作 『夢の碑』
『この国の空』
『夜の蟻』
『時の潮』
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1965年)
芸術選奨文部大臣賞(1977年)
谷崎潤一郎賞(1984年)
読売文学賞(1990年)
毎日芸術賞(1992年)
大佛次郎賞(1999年)
野間文芸賞(2002年)
デビュー作 『夏の日の影』(1965年)
配偶者 中村輝子
親族 田口掬汀(祖父)
田口省吾(父)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

祖父は角館町出身の小説家だった田口掬汀(たぐち きくてい)、父は画家の田口省吾(しょうご)、妻はジャーナリストの中村輝子

来歴・人物編集

父田口省吾、母信子の長男として、東京府北豊島郡長崎町(現・東京都豊島区)に生まれる。1943年祖父、父があいついで死去。1945年母妹とともに秋田県へ疎開するが、11月に母が死去し、母方の叔父最上孝敬に引き取られる[2]成蹊高等学校中村草田男の授業を受け、1951年成蹊大学に進学した。1952年早稲田大学第二文学部英文学科に編入し、1955年に卒業した。文学サークル「現代文学会」で活動、かたわら大学の広報誌「早稲田学報」の編集助手を務める[3]。その頃の学友には、生島治郎青木雨彦長部日出雄らがいた[4]

共同通信社文化部記者として勤務する傍ら、1964年7月、同人雑誌『犀』の創刊に参加。1965年4月に「夏の日の影」を発表し、同人の立原正秋加賀乙彦後藤明生らの知遇を得る。1965年10月に『犀』に発表した「北の河」で、1965年度下半期の芥川龍之介賞を受賞する。1975年に共同通信社を退社、作家専業となる。

1977年から刊行された季刊雑誌『文体』(平凡社)で、古井由吉坂上弘、後藤明生とともに責任編集者を務めた。1984年、共同通信社の同僚だった中村輝子と結婚。

1996年日本芸術院会員。2000年より2002年まで日本文芸家協会理事長。2008年日本近代文学館理事長[5]坪田譲治文学賞選考委員。

2016年10月26日、心不全のため死去[1]。84歳没。

受賞歴編集

著作編集

  • 『北の河』文藝春秋 1966 のち文庫
  • 『一人だけの部屋』文藝春秋 1967
  • 『少年たちの戦場』文藝春秋 1968 のち旺文社文庫、講談社文芸文庫
  • 『夜明けの土地』新潮社 1968 のち集英社文庫
  • 『谷間の道』文藝春秋 1969
  • 『雪の涯の風葬』新潮社 1970
  • 『遠い日の海』講談社 1972 のち文庫
  • 『高井有一集 新鋭作家叢書』 河出書房新社 1972
  • 『朝の水』筑摩書房 1973
  • 『虫たちの棲家』文藝春秋 1973 のち集英社文庫
  • 『夢の碑』新潮社 1976
  • 『暮れ方の森にて』ロングセラーズ 1976
  • 『冬の明り』集英社 1977
  • 『観察者の力』筑摩書房 1977
  • 『裸木』平凡社 1979
  • 『青梅』集英社 1980
  • 『真実の学校』新潮社 1980
  • 『海の入り日』平凡社 1981
  • 『この国の空』新潮社 1983、のち文庫 
  • 『俄瀧』福武書店 1984
  • 『薔薇の寝床』中央公論社 1985
  • 『塵の都に』講談社 1988
  • 『夜の蟻』筑摩書房 1989、のち文庫
  • 『愛日』講談社 1994
  • 『立原正秋』新潮社 1991、のち文庫
  • 『昭和の歌 私の昭和』講談社 1996
  • 『作家の生き死』角川書店 1997
  • 『高らかな挽歌』新潮社 1999、のち文庫
  • 『半日の放浪 高井有一自選短篇集』講談社文芸文庫 2003
  • 『時の潮』講談社 2002、のち講談社文芸文庫
  • 『夢か現か』筑摩書房 2006
  • 『時のながめ』新潮社 2015

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集