メインメニューを開く
本来の表記は「高倉 永祜」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

高倉 永祜(たかくら ながさち)は、江戸時代後期の公卿高倉永胤の子。官位正三位高倉家21代当主。

 
高倉永祜
時代 江戸時代後期
生誕 天保9年11月16日1839年1月1日
死没 慶応4年7月29日1868年9月15日
官位 正三位
主君 孝明天皇
氏族 高倉家
父母 父:高倉永胤、母:飛鳥井雅光
広橋光成娘・千鶴、坊城俊明娘・初子
永則南坊城良興[1]、卯三麿[2]
テンプレートを表示

経歴編集

安政2年(1855年)家督を継ぎ、侍従に任官。 慶応2年(1866年)、従三位

戊辰戦争の勃発に伴い、北陸道鎮撫総督に就任。その後会津征討総督を兼務し、後に奥羽征討越後口総督となり奥羽列藩同盟の討伐へ向かった。

越後高田で病没、享年31。

脚注編集

  1. ^ 土師神社(現道明寺天満宮)宮司
  2. ^ 東京文理科大学名誉教授

参考文献編集