高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関東

高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関東

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関東は、高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ関東の2017年開催分である。

高円宮杯U-18サッカーリーグ
プリンスリーグ関東
シーズン 2017
優勝 前橋育英高校
昇格 流通経済大学付属柏高校
降格 ジェフユナイテッド市原・千葉U-18
横浜FCユース
鹿島学園高校
2016
2018

大会要項編集

大会要項は次のとおり[1]

大会方式
1リーグ10チームによる、2回戦総当たりのリーグ戦方式。試合時間は、90分間(前後半各45分)とし、勝敗が決定しない場合には引き分け
出場権
上位3チームは、プレミアリーグ参入戦に出場する
降格
下位のチームは都道府県リーグに降格する。次年度の本リーグには、プリンスリーグ関東参入決定戦で勝ち上がった2チームが昇格する

参加チーム編集

前年度のプレミアリーグから降格した1チームと、前年度のプリンスリーグ関東に残留した7チーム、前年度の参入決定戦で勝ち上がった2チームの、計10チームが参加した。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関東 参加チーム
チーム 都道府県 チーム種別 昨年順位 監督
流通経済大学付属柏高校 千葉県 高校 プレミアイースト9位 本田裕一郎
桐光学園高校 神奈川県 高校 プリンス関東2位 鈴木勝大
東京ヴェルディユース 東京都 クラブユース プリンス関東3位 永井秀樹
川崎フロンターレU-18 神奈川県 クラブユース プリンス関東4位 今野章
三菱養和SCユース 東京都 クラブユース プリンス関東5位 増子亘彦
横浜FCユース 神奈川県 クラブユース プリンス関東6位 小野信義
山梨学院高校 山梨県 クラブユース プリンス関東7位 安部一雄
前橋育英高校 群馬県 高校 プリンス関東8位 山田耕介
ジェフユナイテッド市原・千葉U-18 千葉県 クラブユース 千葉県リーグ1位 須永純
鹿島学園高校 茨城県 高校 茨城県リーグ1位 鈴木雅人

出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関東 開催要項”. プリンスリーグ関東. 2018年2月11日閲覧。

リーグ戦の展開編集

混戦で迎えた最終第18節の結果により、前橋育英高校が優勝した[2]。プレミアリーグ参入戦には、前橋育英高校と2位の流通経済大柏高、3位の三菱養和SCユースが出場し、流通経済大柏高が勝ち上がって翌2018年のプレミアリーグ昇格を決めた。

前橋育英高校は、第13節から第16節までで4連勝して首位に並ぶと、第17節で優勝争いをする三菱養和SCユースに勝って3位以内を確定し、プレミアリーグ参入戦への出場を決めた。最終第18節は敗れたものの、優勝を争う三菱養和SCユースも敗れたため、プリンスリーグ関東優勝となった。プレミアリーグ参入戦ではジュビロ磐田U-18にPK戦で敗れ、昇格は果たせなかった。その後のサッカー選手権には群馬県代表として出場し、全国優勝を果たした。松田陸ガンバ大阪渡邊泰基アルビレックス新潟へ入団した。

流通経済大柏高は夏の高校総体で前橋育英高校などに勝って優勝すると調子を徐々に上げ、第12節で前橋育英高校に敗れるもののその後の6戦を5勝1分とし、2位でプレミアリーグ参入戦への出場を決めた。そしてプレミアリーグ参入戦も勝ち抜き、1年でプレミアリーグ復帰となった。サッカー選手権には千葉県代表として出場し、前橋育英高校との決勝戦に負けて準優勝だった。

三菱養和SCユースは最終第18節で敗れ、3位でプレミアリーグ参入戦への出場を決めた。プレミアリーグ参入戦では富山第一高校に敗れ、昇格はならなかった。高校2年生の中村敬斗は「飛び級」でガンバ大阪へ入団した。

川崎フロンターレU-18は最終第18節で前橋育英高校に勝って勝点で3位の三菱養和SCユースに並んだものの、得失点差で4位となり、プレミアリーグ参入戦へ出場はできなかった。デューク・カルロスファジアーノ岡山に入団した。

6位の東京ヴェルディユースからは藤本寛也がトップチームに昇格した。7位の山梨学院高校は、この年の高校選手権に山梨県代表として出場した。8位のジェフユナイテッド市原・千葉U-18からは2選手がトップチームに昇格した。

都県リーグへの降格編集

プレミアリーグから関東の横浜F・マリノスユース大宮アルディージャユースの2チームが降格し、プレミアリーグ参入戦の結果により昇格は流通経済大柏高1チームだったため、プリンスリーグ関東からは8位以下だったジェフユナイテッド市原・千葉U-18、横浜FCユース、鹿島学園高校の3チームが降格することとなった[3]

日程と結果編集

開催日 試合結果
1 記録 4月8〜9日 東京V 0-0 前橋育英 流経 3-1 鹿島学園 川崎 4-0 山梨学院 桐光 1-1 ジェフ 養和 1-2 横浜FC
2 記録 4月15〜16日 山梨学院 3-1 東京V 鹿島学園 0-2 養和 ジェフ 1-1 流経 横浜FC 1-2 川崎 前橋育英 3-1 桐光
3 記録 4月22日 鹿島学園 3-3 ジェフ 東京V 4-3 横浜FC 川崎 1-1 養和 流経 0-3 前橋育英 桐光 1-1 山梨学院
4 記録 4月29〜30日 山梨学院 0-0 流経 前橋育英 3-2 ジェフ 川崎 2-1 鹿島学園 横浜FC 2-1 桐光 養和 0-1 東京V
5 記録 5月6〜7日 桐光 1-1 養和 鹿島学園 3-2 前橋育英 東京V 1-0 川崎 流経 4-0 横浜FC ジェフ 1-1 山梨学院
6 記録 6月24日 前橋育英 2-0 山梨学院 鹿島学園 0-3 東京V 川崎 2-1 桐光 横浜FC 0-2 ジェフ 養和 2-0 流経
7 記録 7月1〜2日 山梨学院 5-1 鹿島学園 ジェフ 2-0 養和 東京V 1-0 桐光 流経 1-2 川崎 前橋育英 4-1 横浜FC
8 記録 7月8日 桐光 2-4 鹿島学園 川崎 3-0 ジェフ 養和 2-0 前橋育英 横浜FC 4-2 山梨学院 東京V 1-1 流経
9 記録 7月15〜16日 山梨学院 3-0 養和 鹿島学園 4-2 横浜FC 流経 2-2 桐光 前橋育英 1-1 川崎 ジェフ 2-1 東京V
10 記録 8月26〜27日 鹿島学園 0-2 流経 ジェフ 1-3 桐光 山梨学院 1-2 川崎 前橋育英 1-2 東京V 横浜FC 1-4 養和
11 記録 9月2〜3日 東京V 2-3 山梨学院 流経 2-0 ジェフ 桐光 2-2 前橋育英 川崎 2-3 横浜FC 養和 3-0 鹿島学園
12 記録 9月9〜10日 山梨学院 1-2 桐光 ジェフ 1-0 鹿島学園 前橋育英 3-2 流経 横浜FC 0-0 東京V 養和 4-2 川崎
13 記録 9月16〜17日 ジェフ 1-0 前橋育英 鹿島学園 0-0 川崎 流経 5-1 山梨学院 東京V 2-3 養和 桐光 2-1 横浜FC
14 記録 9月23日 山梨学院 2-0 ジェフ 前橋育英 2-0 鹿島学園 川崎 2-0 東京V 横浜FC 1-2 流経 養和 1-0 桐光
15 記録 10月7〜8日 山梨学院 0-3 前橋育英 東京V 2-1 鹿島学園 流経 2-2 養和 桐光 2-0 川崎 ジェフ 2-4 横浜FC
17 記録 10月15日 鹿島学園 1-2 桐光
16 記録 11月12日 桐光 2-1 東京V
16 記録 11月23日 鹿島学園 2-3 山梨学院
16 記録 11月25日 川崎 1-3 流経 横浜FC 0-1 前橋育英 養和 3-2 ジェフ
17 記録 12月2〜3日 ジェフ 1-0 川崎 山梨学院 2-1 横浜FC 流経 2-1 東京V 前橋育英 2-1 養和
18 記録 12月10日 桐光 1-4 流経 東京V 1-1 ジェフ 川崎 2-1 前橋育英 養和 1-2 山梨学院 横浜FC 5-2 鹿島学園

順位表編集

チーム 出場権または降格
1 前橋育英高校 18 10 3 5 33 20 +13 33 プレミアリーグ参入戦に出場
2 流通経済大学付属柏高校 18 9 5 4 36 22 +14 32 プレミアリーグ参入戦に出場
3 三菱養和SCユース 18 9 3 6 31 23 +8 30 プレミアリーグ参入戦に出場
4 川崎フロンターレU-18 18 9 3 6 28 22 +6 30
5 山梨学院高校 18 8 3 7 30 32 −2 27
6 東京ヴェルディユース 18 7 4 7 24 24 0 25
7 桐光学園高校 18 6 5 7 26 29 −3 23
8 ジェフユナイテッド市原・千葉U-18 18 6 5 7 23 28 −5 23 千葉県リーグへ降格
9 横浜FCユース 18 6 1 11 31 41 −10 19 神奈川県リーグへ降格
10 鹿島学園高校 18 3 2 13 23 41 −18 11 茨城県リーグへ降格

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関東 順位表”. プリンスリーグ関東. 2018年2月11日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

Jリーグ入団選手編集

Pos 名前 所属 入団チーム 備考
DF 渡邊泰基 前橋育英高校 アルビレックス新潟
DF 松田陸 前橋育英高校 ガンバ大阪
FW 中村敬斗 三菱養和ユース ガンバ大阪 U-17日本代表
MF 藤本寛也 東京ヴェルディユース 東京ヴェルディ U-18日本代表
FW 古川大悟 ジェフユナイテッド千葉U-18 ジェフユナイテッド千葉
FW 竹嶋裕二 ジェフユナイテッド千葉U-18 愛媛FC

参入決定戦編集

2018年度のプリンスリーグ関東に参入する2チームを決めるプリンスリーグ関東参入決定戦は、12月23日と12月25日の2日間に埼玉スタジアム第2・第3グラウンドで開催された。その結果、次の2チームが参入を決めた。

  • 矢板中央高校
  • 桐生第一高校

参入決定戦の参加チーム編集

参入決定戦には、原則として関東の8都府県リーグで優勝したチームが参加することになっていた。ただし群馬県では前橋育英高校Bが優勝して前橋育英高校Aがプリンスリーグ関東に残留していたため、2位の桐生第一高校が出場した。

チーム 都道府県 チーム種別
水戸ホーリーホックユース 茨城県 クラブユース
矢板中央高校 栃木県 高校
桐生第一高校 群馬県 高校
昌平高校 埼玉県 高校
流通経済大学付属柏高校B 千葉県 高校
実践学園高校 東京都 高校
東海大学付属相模高校 神奈川県 高校
日本航空高校 山梨県 高校

出典: 17/12/23 【12/23更新】プリンスリーグ関東・参入決定戦のお知らせ”. プリンスリーグ関東. 2018年2月11日閲覧。

参入決定戦の戦績編集

1回戦 2回戦
12月23日
矢板中央高校 2
昌平高校 0 12月25日
  矢板中央高校 2
12月23日 日本航空 0
日本航空高校 2
水戸ホーリーホック 0
 
12月23日
実践学園高校 0
桐生第一高校 1 12月25日
  桐生第一高校 4
12月23日 東海大相模高校 3
東海大相模高校 2
流通大柏高校B 1

関東地方の都道府県リーグ編集

茨城県リーグ編集

水戸ホーリーホックユースが優勝し、プリンスリーグ関東参入決定戦に出場した。水戸ホーリーホックユースからは1選手がトップチームに昇格した。 2位の明秀日立高校は茨城県代表として高校選手権に出場し、ベスト8となった。

茨城県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 水戸ホーリーホックユース 18 14 1 3 47 12 +35 43 プリンスリーグ関東参入決定戦に出場
2 明秀日立高校 18 12 4 2 47 12 +35 40
3 水戸啓明高校 18 11 2 5 34 27 +7 35
4 古河第一高校 18 8 3 7 36 28 +8 27
5 鹿島アントラーズユースB 18 7 5 6 22 20 +2 26
6 水戸商業高校 18 7 4 7 34 20 +14 25
7 鹿島高校 18 8 1 9 25 29 −4 25
8 鹿島学園高校B 18 7 3 8 32 39 −7 24
9 水戸桜ノ牧高校 18 2 2 14 19 48 −29 8
10 東洋大牛久高校 18 1 1 16 17 71 −54 4

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 IFAリーグ1部”. 茨城県サッカー協会. 2018年2月11日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

茨城県リーグのJリーグ入団選手
Pos 名前 所属 入団チーム
DF 大原彰輝 水戸ホーリーホックユース 水戸ホーリーホック

栃木県リーグ編集

矢板中央高校が優勝し、プリンスリーグ関東参入決定戦に出場した。参入決定戦でも勝ち上がり、2018年度のプリンスリーグ関東昇格を決めた。 矢板中央高校は栃木県代表として高校選手権に出場し、ベスト4となった。栃木SCユースからは、3選手がトップチームに昇格した。

栃木県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 矢板中央高校 18 17 0 1 92 2 +90 51 プリンスリーグ関東参入決定戦に出場
2 栃木SCユース 18 15 2 1 62 11 +51 47
3 宇都宮短期大学附属高校 18 10 2 6 49 21 +28 32
4 真岡高校 18 10 2 6 40 20 +20 32
5 佐野日大高校 18 9 4 5 38 11 +27 31
6 白鴎大足利高校 18 6 2 10 21 23 −2 20
7 小山南高校 18 5 2 11 25 48 −23 17
8 國學院栃木高校 18 5 1 12 22 45 −23 16
9 さくら清修高校 18 4 3 11 20 46 −26 15
10 鹿沼東高校 18 0 0 18 3 145 −142 0

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 栃木リーグ戦:高円宮杯U-18サッカーリーグ2017ユースリーグ栃木”. 2018年2月11日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

栃木県リーグのJリーグ入団選手
Pos 名前 所属 入団チーム
MF 山本廉 栃木SCユース 栃木SC
FW 本庄竜大 栃木SCユース 栃木SC
FW 早乙女達海 栃木SCユース 栃木SC

群馬県リーグ編集

前橋育英高校Bが優勝した。ただし前橋育英高校はAチームがプレミアリーグ参入戦に敗れてプリンスリーグ関東に残留したため、前橋育英高校Bのかわりに県リーグ2位の桐生第一高校が出場した[4]。桐生第一高校は参入決定戦に勝ち上がり、2018年度のプリンスリーグ関東昇格を決めた。

群馬県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 前橋育英高校B 18 14 3 1 53 9 +44 45
2 桐生第一高校 18 13 2 3 43 10 +33 41 プリンスリーグ関東参入決定戦に出場
3 伊勢崎商業高校 18 8 5 5 31 21 +10 29
4 高崎商業高校 18 7 5 6 24 23 +1 26
5 前橋商業高校 18 6 7 5 23 15 +8 25
6 常磐高校 18 4 7 7 18 30 −12 19
7 高崎高校 18 5 3 10 21 34 −13 18
8 共愛学園高校 18 5 2 11 18 42 −24 17
8 高崎健康福祉大学高崎高校 18 3 6 9 17 29 −12 15
10 高崎経済大学附属高校 18 3 4 11 11 46 −35 13

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯GuFA U-18リーグ2017 1部リーグ”. 2018年2月11日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

埼玉県リーグ編集

昌平高校が優勝し、プリンスリーグ関東参入決定戦へ出場した。昌平高校はこの年の高校選手権にも出場した。昌平高校の佐相壱明は大宮アルディージャに入団した。

埼玉県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 昌平高校 18 16 0 2 76 7 +69 48 プリンスリーグ関東参入決定戦に出場
2 西武台高校 18 14 3 1 47 11 +36 45
3 正智深谷高校 18 11 4 3 37 15 +22 37
4 浦和東高校 18 9 2 7 34 20 +14 29
5 浦和南高校 18 7 4 7 47 33 +14 25
6 武南高校 18 7 3 8 35 35 0 24
7 成徳深谷高校 18 5 8 5 18 28 −10 23
8 埼玉栄高校 18 3 1 14 23 65 −42 10
8 西武文理高校 18 2 3 13 10 48 −38 9
10 伊奈学園高校 18 1 2 15 11 72 −61 5

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 埼玉県S1リーグ”. 埼玉県サッカー協会 2種 高校サッカー. 2018年2月11日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

埼玉県リーグのJリーグ入団選手
Pos 名前 所属 入団チーム
FW 佐相壱明 昌平高校 大宮アルディージャ

千葉県リーグ編集

流通経済大学付属柏高校Bが優勝した。流通経済大学付属柏高校は、Aチームがプレミアリーグ参入戦に勝ってプレミアリーグ昇格を決めたため、Bチームはプリンスリーグ関東参入決定戦に出場した。

千葉県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 流通大柏高校B 18 13 3 2 33 12 +21 42 プリンスリーグ関東参入決定戦に出場
2 日体大柏高校 18 13 1 4 42 14 +28 40
3 市立船橋高校B 18 11 2 5 27 20 +7 35
4 習志野高校 18 8 3 7 29 28 +1 27
5 暁星国際高校 18 7 3 8 35 32 +3 24
6 八千代高校 18 6 5 7 25 28 −3 23
7 専修大松戸高校 18 5 5 8 22 27 −5 20
8 八千代松陰高校 18 5 3 10 24 39 −15 18
9 千葉明徳高校 18 3 6 9 19 37 −18 15
10 東京学館高校 18 1 5 12 13 32 −19 8

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017千葉 Div.1”. 公益社団法人千葉県サッカー協会. 2018年2月11日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 直接対決の勝点; 3. 直接対決の得失点差; 4. 直接対決の得点数; 5. 得失点差; 6. 得点数.
直接対決: 勝点が同じ場合は、直接対決の記録によって順位をつける。

東京都リーグ編集

実践学園高校が優勝し、プリンスリーグ関東参入決定戦に出場した。高校選手権には、5位の関東第一高校と実践学園高校がそれぞれ東京A、東京Bの代表として出場した。

東京都1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 実践学園高校 18 13 3 2 41 15 +26 42 プリンスリーグ関東参入決定戦に出場
2 國學院久我山高校 18 13 1 4 38 16 +22 40
3 成立学園高校 18 11 1 6 36 21 +15 34
4 FC東京U-18(B) 18 9 3 6 36 24 +12 30
5 関東第一高校 18 8 2 8 27 24 +3 26
6 帝京高校 18 6 5 7 21 26 −5 23
7 東京武蔵野シティFC U-18 18 7 1 10 25 31 −6 22
8 駒澤大高高校 18 5 6 7 17 24 −7 21
9 東京朝鮮中高級学校 18 3 1 14 10 34 −24 10
10 FCトリプレッタユース 18 3 1 14 16 52 −36 10

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 順位表2017”. Tokyo T League. 2018年2月11日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

神奈川県リーグ編集

東海大相模高校が優勝し、プリンスリーグ関東参入決定戦に出場した。東海大相模高校の山口竜弥は、ガンバ大阪に入団した。

桐蔭学園高等学校は李国秀監督の方針により、李監督の指揮する1、2年生のAチームが神奈川県1部リーグ、蓮見理志監督が指揮する3年生のBチームが神奈川県3部リーグを戦った[5]。Aチームは神奈川県1部リーグで全敗した。高校選手権神奈川県予選では蓮見理志監督代理が指揮するBチームがAチームのかわりに参加して優勝し、そのまま全国大会にも出場した。

4位の湘南ベルマーレユースからは、2選手がトップチームに昇格した。

神奈川県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 東海大相模高校 18 12 3 3 44 28 +16 39 プリンスリーグ関東参入決定戦に出場
2 日大藤沢高校 18 11 2 5 38 16 +22 35
3 三浦学苑高校 18 10 4 4 40 22 +18 34
4 湘南ベルマーレユース 18 10 2 6 45 25 +20 32
5 厚木北高校 18 9 2 7 35 30 +5 29
6 湘南工大附属高校 18 9 1 8 37 24 +13 28
7 横浜創英高校 18 8 2 8 37 32 +5 26
8 座間高校 18 7 4 7 32 27 +5 25
9 慶應義塾高校 18 3 2 13 19 44 −25 11
10 桐蔭学園高校 18 0 0 18 23 102 −79 0

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 2017年度 神奈川県U-18サッカーリーグ K1 ≫ 順位表”. 神奈川県サッカー協会. 2018年2月11日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

神奈川県リーグのJリーグ入団選手
Pos 名前 所属 入団チーム
DF 山口竜弥 東海大相模高校 ガンバ大阪
GK 真田幸太 湘南ベルマーレユース 湘南ベルマーレ
FW 和田響稀 湘南ベルマーレユース 湘南ベルマーレ

山梨県リーグ編集

日本航空高校が優勝し、プリンスリーグ関東参入決定戦に出場した。 3位のヴァンフォーレ甲府U-18からは1選手がトップチームに昇格した。

山梨県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 日本航空高校 18 13 3 2 50 14 +36 42 プリンスリーグ関東参入決定戦に出場
2 帝京第三高校 18 13 2 3 53 22 +31 41
3 ヴァンフォーレ甲府U-18 18 11 6 1 35 13 +22 39
4 山梨学院高校セカンド 18 11 4 3 45 19 +26 37
5 東海甲府高校 18 7 5 6 41 27 +14 26
6 韮崎高校 18 8 2 8 25 30 −5 26
7 笛吹高校 18 4 3 11 22 39 −17 15
8 甲府東高校 18 3 4 11 20 35 −15 13
9 日大明誠高校 18 1 4 13 16 55 −39 7
10 甲府工業高校 18 0 5 13 14 67 −53 5

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 2017山梨県ユースリーグ 1部リーグ 星取表”. 山梨県サッカー協会. 2018年2月11日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

山梨県リーグのJリーグ入団選手
Pos 名前 所属 入団チーム
DF 入間川景太 ヴァンフォーレ甲府U-18 ヴァンフォーレ甲府

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集