メインメニューを開く

高原製粉精米水車場(たかはらせいふんせいまいすいしゃじょう)は、日本の香川県高松市に現存する水車水車小屋。「うどんを代表とする香川の麺文化を支えた水車の往時の姿がうかがえる貴重な存在」とされる[1]

概要編集

香川県高松市六条町に所在。江戸時代高松藩の御用水車として建設され、300年以上の歴史を持つ、四国で唯一現存する、日本国内最古級の水車場である[2]。水車の動力で石臼を動かし、小麦をひき、ふるいにかけ、ふるいに残った粉を再び石臼に運ぶという工程が木組みの装置で自動化されていた[3]

所有する高原家は1902年にこの水車を購入、1967年には水車を新装し[3]、1990年ごろまで使用していた[2]

その後使用されなくなっていたが、2009年以降、2年余りにわたる調査を経て[4]2013年、産業考古学会の推薦産業遺産に認定された。

脚注編集

関連項目編集