メインメニューを開く

高原 豪久(たかはら たかひさ、1961年7月12日 - )は、日本実業家ユニ・チャーム創業者高原慶一朗の長男で、同社代表取締役社長や、日本経営協会会長を務める[1]

人物・経歴編集

愛媛県川之江市(現四国中央市)出身[2]山手学院高等学校を経て[3]、1986年成城大学経済学部卒業、三和銀行(現三菱UFJ銀行)入行[2]。1991年ユニ・チャーム入社。1995年取締役に昇格。1996年取締役購買本部長国際本部副本部長。1997年常務取締役。1998年常務取締役サニタリー事業本部長。2000年常務取締役経営戦略担当[4]。2001年から創業者高原慶一朗の後任として代表取締役社長を務め、グローバル化を進めるなどし、売上を大幅に伸ばした[5]

著書編集

脚注編集

[ヘルプ]


先代:
高原慶一朗
ユニ・チャーム社長
第2代:2001年 -
次代:
(現職)
先代:
浦野光人
日本経営協会会長
第8代:2019年 -
次代:
(現職)