メインメニューを開く

高史明(コ・サミョン、こうしめい、1932年1月17日 - )は、在日朝鮮人二世の小説家である[1][2]。本名は金天三(キム・チョンサム)[1]

高 史明
Kosamyung.jpg
誕生 金天三(キム・チョンサム)[1]
1932年1月17日[2]
日本の旗 山口県下関市[1]
職業 小説家
国籍 朝鮮籍
活動期間 1971年 -
ジャンル 思想宗教歴史
主題 随筆評論
代表作 『生きることの意味』(1974年)
『ぼくは12歳』(1976年)
『歎異抄のこころ』(1993年)
『闇を喰む』(2004年)
『月愛三昧』(2010年)
主な受賞歴 日本児童文学者協会賞
青丘賞
仏教伝道文化賞
デビュー作 『夜がときの歩みを暗くするとき』(1971年)
パートナー 岡百合子(作家)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

概要編集

山口県下関市に生まれる。3歳にして母と死別し、石炭仲仕であった父に育てられる。高等小学校中退後、職を転々としつつ政治活動などを行う。1971年、初の著作を上梓、評論家となり、1975年、『生きることの意味』で日本児童文学者協会賞産経児童出版文化賞を受賞するが、同年、一人息子の岡真史が12歳で自殺、その遺稿詩集『ぼくは12歳』を妻の岡百合子との編纂で刊行し、話題となり、1979年NHKでテレビドラマ化もされる。その後、親鸞と『歎異抄』の教えに帰依し、著作のほか、各地で講話活動を行う。

2008年3月30日に放送された「ETV特集」に出演、爆笑問題の太田光が自宅を訪問し、話題となった。2010年、自らのメッセージを綴った言葉の本『高史明の言葉ーいのちは自分のものではない』、また集大成として『古事記』の時代から現代まで日本史の闇をひもとく5年がかりの書き下ろし大著『月愛三昧』を上梓。

著書編集

  • 『夜がときの歩みを暗くするとき』筑摩書房 1971
  • 『彼方に光を求めて』筑摩書房 1973
  • 『生きることの意味 ある少年のおいたち』筑摩書房(ちくま少年図書館) 1974 のち文庫
  • 『一粒の涙を抱きて 歎異抄との出会い』毎日新聞社 1977
  • 『深きいのちに目覚めて』弥生書房 1980
  • 『いのちの優しさ』筑摩書房 1981 のち文庫
  • 『夜空に星のまたたく限り O.Mさんへの手紙』柏樹社 1981 「いのちの大河」と改題、ちくま文庫
  • 『歎異抄との出会い』径書房
第1部 少年の闇 1983
第2部 青春無明 1983
第3部 悲の海へ 1985
  • 『歎異抄 この不思議ないのちの光』光村図書出版(朝日カルチャー叢書) 1985
  • 『生きることを学んだ本』筑摩書房(ちくまプリマーブックス) 1987
  • 『子どもたちと光といのち』エイデル研究所 1987
  • 『生きることと読むこと』筑摩書房(ちくまプリマーブックス) 1991
  • 『真実のいのちに導かれて』真宗大谷派宗務所出版部 1991
  • 『歎異抄のこころ』日本放送出版協会 1993 のちNHKライブラリー
  • 『「ことばの知恵」を超えて 同行三人』新泉社 1993
  • 『悲しみを通して真実のいのちをいただく』法藏館 1993
  • 『死に学ぶ生の真実』法藏館 1994
  • 『真夏の蒼い寒い空を見上げて 「八月十五日」に思う』真宗大谷派宗務所出版部 1995
  • 『いま子どもたちの闇は』アドバンテージサーバー(ブックレット生きる) 1995
  • 『いのちの涙あふれ』旬報社 (抱樸舎文庫) 1998
  • 『いま真宗の信心を戴く』法藏館 1998
  • 『いま「いのち」の声を聞く 自死のわが子より学びしこと』佼成出版社 1999
  • 『現代によみがえる歎異抄』日本放送出版協会(NHK人間講座) 2001 のちNHKライブラリー
  • 『知恵の落とし穴』風濤社 2001
  • 『高史明親鸞論集』法蔵館 2003
第1巻 いのちの声が聞こえますか
第2巻 ほんとうの幸せって何ですか
第3巻 歎異抄との出会い
  • 『闇を喰む』角川文庫 2004
  • 『念仏往生の大地に生きる』真宗大谷派宗務所出版部 東本願寺伝道ブックス 2005
  • 『悲の海は深く』真宗大谷派宗務所出版部 2005
  • 『世のなか安穏なれ 『歎異抄』いま再び』平凡社 2006
  • 『光明は黒闇のただ中に 戦争の闇をみつめる』真宗大谷派名古屋別院教化事業部 東別院booklet 2007
  • 『いのちは自分のものではない 高史明の言葉』求龍堂 2010
  • 『月愛三昧(がつあいさんまい) 親鸞に聞く』大月書店 2010
  • 『現代によみがえる歎異抄』日本放送出版協会 2010
  • 『『歎異抄』と現代』NHK出版 NHKカルチャーラジオ 2011

共著・編編集

  • 岡真史『ぼくは12歳』岡百合子共編 筑摩書房 1976 のち角川文庫
  • 『いのちの行方 人間とは何か』岡百合子共著 径書房 1981
  • 『親鸞と暗闇をやぶる力 宗教という生きる知恵』上田紀行,芹沢俊介共著 講談社+α新書, 2003
  • 『存在の大地』芹沢俊介,上田紀行共著 真宗大谷派宗務所出版部 2005
  • 『念仏者と平和 改憲・教育基本法「改正」問題と私たち』高橋哲哉,小川一乗,児玉暁洋,真城義麿,信楽峻麿 ほか共著 真宗大谷派宗務所出版部 2007
  • 布施辰治と朝鮮』大石進,李ヒョン娘, 李圭洙共著 高麗博物館 2008
  • 『現代社会における浄土真宗 兵庫教区青年僧侶の会30周年記念シンポジウム』金光寿郎,栖雲深泥共著 自照社出版 2011
  • 『いのちと責任 対談高史明・高橋哲哉』李孝徳編 大月書店 2012

オーディオブック編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集