高向麻呂
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 和銅元年閏8月5日[1]708年9月23日
別名 摩呂
官位 従三位摂津大夫
主君 天武天皇持統天皇文武天皇元明天皇
氏族 高向朝臣
父母 父:高向国押
色夫智大足、人足
テンプレートを表示

高向 麻呂(たかむこ の まろ)は、飛鳥時代公卿。名は摩呂とも書く。のち朝臣刑部尚書高向国押の子。官位従三位摂津大夫

経歴編集

天武天皇10年(681年小錦下に叙せられる。天武天皇13年(684年遣新羅大使となり、新羅に遣わされる。同年10月の八色の姓の制定により、臣から朝臣に改姓する。翌天武天皇14年(685年)学問僧の観常雲観らを伴って帰国し、新羅王の献上物をもたらした[2]

大宝元年(701年)の大宝令の施行を通じて従四位上に叙せられ、翌大宝2年(702年)には参議に任ぜられ朝政への参加を命じられた。慶雲2年(705年正四位下中納言、和銅元年(708年)従三位・摂津大夫に叙任されたが、同年閏8月5日に薨去。最終官位は摂津大夫従三位。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『公卿補任』による。『続日本紀』では和銅元年閏8月8日条に薨伝の記載がある。
  2. ^ 『日本書紀』天武天皇14年5月26日条
  3. ^ 『続日本紀』和銅元年閏8月8日条
  4. ^ a b c 鈴木真年『百家系図稿』巻53,高向

参考文献編集