メインメニューを開く

高塚 光(たかつか ひかる、1950年昭和25年〉6月26日[1] - )は、超能力者を名乗る日本の人物。情報サービス提供業務・広告代理店業務を請け負う株式会社ガブリエルの代表取締役社長。ヒーリング能力を持つ超能力者とされ、かつては会社員業の傍らで多くの人々にヒーリングを施していたことから、「超能力サラリーマン」と呼ばれて話題となった[2]。「タカツカ ヒカル」とカタカナ表記を名乗っていた時期もある[3][4]山口県笠戸島出身[5]

目次

来歴編集

法政大学卒業後[1]、多くの職業を転々としたのちに東急エージェンシーに入社。1989年平成元年)以降、同社の社内報や関連する雑誌社の雑誌記事にヒーリング能力者として紹介されて話題となり[6]、高塚のもとへヒーリングを求める面会人が殺到[7]。会社員業の傍ら、無償で面会人たちのヒーリングを行なう生活を送り始めた[8]。面会の殺到にともなって本業にも支障を来したことから、自社ではやがて非常勤嘱託社員の扱いとなった[8]。退職にならなかったのは高塚の談によれば、東急エージェンシー側が彼の行為を自社にとって有益と見なしたことからという[8]

後に私設事務所・ジュピターを開設[8]1990年(平成2年)には同事務所のアシスタントの女性が超能力に覚醒したという触れ込みで、高塚のプロモーションのもとに超能力歌手「YUMIKO」としてデビューし、記者会見ではデビュー曲『スプーンの曲がったイブ』を歌いながらスプーン曲げを演じた[9][10]

東急エージェンシーが東映と関連していたことで[11]1994年(平成6年)には高塚の半生をモデルとした映画『超能力者 未知への旅人』が東映系で公開され、高塚自身も一部に出演した。映画上映と前後して各マスメディアにも顔を出し、一躍、時の人となり[4]、同年8月に東映のセレモニーで行われた講演会では約500人が殺到するほどの人気を見せた[12]。本業がサラリーマンであることから、マスコミでは「超能力サラリーマン」の呼び名で持て囃された[2]

ブームに便乗し、女性週刊誌の『女性自身』では「高塚光のスター“病霊”対談」、『週刊女性』では「高塚光の手かざしパワー!」と題し、芸能人ゲストを相手に超能力を実演する企画が連載された[13]。ほかにもテレビ番組ラジオ番組新聞週刊誌など多くのメディアに顔をだし、講演会でも活動した[14]。当時の高塚の談では、話題に昇ったことで1日に平均13人、多いときには60人の面会人が訪れるようになり、それまでの5年間での面会相手の数は2万人以上に昇ったとのことだった[3]。芸能界、スポーツ界、政界、財界の著名人も多く面会に訪れていたという[3]

しかし大ブームの反面、超常的な力を否定するような発言も次第に見られ始め[4]、超能力者と呼ばれる自分を「うさん臭い」「いかがわしい」とも公言していた[3][9]。『週刊朝日』『サンデー毎日』などの記事や『ビートたけしのTVタックル』の番組中で自身の能力の信憑性を批難されたこともあった[15]

1994年10月についに、『噂の眞相』に「“超能力”総懺悔」と題した手記を寄せ[16]、自らを「インチキ超能力者」と称し、世間を騒がせたことを読者に対して謝罪した[4][15]。手記中で高塚は、無償でのヒーリングと本業との両立をほぼ24時間行なう多忙な生活を続けた末、多数の面会依頼者を1人では到底対応しきれなくなったことを謝罪の理由と語っている[16]。翌11月には日本テレビの『スーパースペシャル』に生出演し、番組の中で正式に廃業を宣言し[17]、その後はメディアから姿を消しつつも[4]、無償のヒーリングと講演を続行した[18]

2000年(平成12年)、インターネット向け番組制作会社「ナビードットコム」の設立に活躍。翌2001年(平成13年)、当時のプロ野球選手であった新庄剛志の渡米の応援のため、彼の愛車のインターネットオークションを大々的に開催するなど手腕を発揮した[19][20]。同社の経営悪化にともない同年秋に社長に就任するが、業況は回復せずに事業継続を断念、翌2002年(平成14年)7月に破産に至った[19][21][22]

前述のように一度は超能力者として廃業宣言をしたものの自身の超能力を否定してはおらず[4][16]2006年(平成18年)にペ・ヨンジュンセコムのコマーシャル出演決定時には、ペ・ヨンジュンの通訳者の脳出血を高塚がヒーリングで治療したことがきっかけで高塚が仲介役となったと報じられた[23]2010年の自著『誰でも簡単にできるセルフヒーリング入門』でも、自らを「超能力ヒーラー」と称している[24]

2011年(平成23年)の東日本大震災発生以降には、器具や薬を使うことなく自分で自分を癒すヒーリングが世間で必要とされると確信し、ヒーリング能力は自分だけでなく誰にでも潜在しているとし、多くの人々にヒーリング内容を伝える活動を行なっている[7]

超能力者として編集

ヒーリング能力編集

高塚自身の談によれば1989年平成元年)、実母が心臓破裂で医師に臨終を言い渡された後、何となく手を母の胸にかざしたところ、奇妙な感覚があり、母が回復に至ったという[25]。職場で周囲にそのことを話し、体調の悪いという周囲の人々に対し、同様に手をかざしてのヒーリングを試したところ、次々に病気を治すことができたと語っている[25]。ヒーリングの効果については、1994年のブーム当時には頭痛腰痛といったありふれた体調不良はおろか、喘息[25]リウマチ肺気腫、果ては失明[25]白血病パーキンソン病エイズすら治療できると触れ込んでおり[26]、後年には瀕死の人間を何人も甦らせたとすら語ったこともある[21][27]

著名人では、真田広之は肩の靭帯の重傷[12]真田広之#アクションスターから演技派へも参照)、ラモス瑠偉アキレス腱の重傷[28]遠藤周作二日酔いが高塚により回復したと語っており[25]、映画『未知への旅人』で高塚役を演じた三浦友和も友人が高塚に治療を受けたという[29]。そのほかに一般人からも、胃痛や椎間板ヘルニアが回復したとの声が寄せられている[28]

そのほかの能力編集

予知能力者とも自称しており、横浜駅伝の優勝国を事前に予知したこともあるという[25]。1994年の自著『超能力サラリーマン タカツカヒカルの遺言』において2010年頃の日本の予言として、「緑より赤より厚い青の淵[注 1]」「あらゆるものに塩が満ち、あらゆるものが塩になる[注 1]」と述べているが、2011年の東日本大震災の後には、この「緑より……」は同震災、「塩が満ち」は震災による津波、「あらゆるものが塩になる」は福島第一原子力発電所事故の内容の予知にあたると解釈しており[注 2]、同書を予言の書と主張している[28]。もっとも、後には「緑より……」は福島原発を指し、「……塩になる」は「塩が満ち」同様に津波を指すと解釈を改めている[30]

自身のプロモートした前述の歌手・YUMIKO同様にスプーン曲げの能力があるとも語っており[25]、テレビ番組で実演したこともある[31]。そのほか、悪魔払いのようなこともしたと語っており、不運続きの家から電話で相談を受けたところ、その家の蔵に不運の原因があると見ぬき、それにをさせたところ運気が回復したのだという[25]

信憑性編集

1994年中のヒーリング能力者としてのブーム中においては高塚は、医師のもとでの実験によれば、ヒーリングを受けた相手は免疫の数値が最大で9.5倍まで上昇していたと語り、それをもって自分の能力に科学的・医学的な裏付けがあると主張していた[3]。テレビ番組での実験時には、一般人からは出ないはずの電磁波赤外線熱エネルギーが自分から出ていたとも語っており[25]、自身から発せられる常人の10倍もの生体電磁波を意図的に手を集中することで、免疫力の向上や傷の治癒を可能とすると主張していたこともある[32]

宗教学者島田裕巳は、高塚の超常的な能力を肯定していないものの、治癒を求める側が「ここに来れば治る」と信頼感を抱くことで、本人の治癒力が向上する可能性を指摘している[6]。「もうここしか頼るところはない」という思いが「治った」と自己暗示をかけたり、自然治癒力を高めるとの見方もある[6]

反オカルトで知られる大槻義彦は、テレビ番組の企画で高塚のヒーリングを受けて五十肩だった腕が大きく動くようになった経験を持ち、「大槻が高塚に降参」として当時の週刊誌スポーツ新聞に大きく報じられた[26]。しかし大槻によれば、その際の高塚は前述のように手をかざすのみならず、大槻の腕を曲げたり伸ばしたりの動作を数分間続けていたため、これをマッサージリハビリテーション[26]、もしくは一種の整体と解釈している[28]。また、自身が事前に映画『未知への旅人』を見ていたことから暗示効果があったとも見ており[28]、ほかの人々が受けたヒーリングについても、映画やテレビなどを通じての高塚からの暗示による効果であり[26]心理療法催眠療法と似たものと考えている[33]。それ以外の特殊なエネルギー微粒子波動などによる効果については一切否定しており[26]、高塚の語る電磁波についても、医療用の磁気絆創膏より小さな数値であることから、ヒーリングの証明にはならないとして、高塚を超能力者としてはまったく認めていない[28]。ただしヒーリングを常に無償で行なっていることについては、報酬目当ての自称超能力者たちとは一線を画すると認めている[28]

高塚が治療可能としている大病のうち失明治療については、高塚自身も過去に事故で左目を失明しており、自身の能力で治癒可能と称しているものの、その後も失明したままである。これについて高塚は、自分を治すのは最後で良いと考えたとも[25]、自分で自分を治すのは超能力者として体裁が悪いのでやめるよう高橋康夫に諭されたとも弁明している[3]。また癌治療については、2008年(平成20年)に「越山会の女王」として知られる佐藤昭子の末期癌に対してヒーリングを施しており、佐藤は一時は高塚のおかげで癌が治ったと語ったものの、2010年(平成22年)に容態が急変し、高塚がヒーリングを続けたものの効果はなく、肺癌により死去している[21][32][34]

効果について「まったく効き目がない」という体験談もあり[35]、『週刊文春』で高塚と対談した阿川佐和子は当初から彼の能力に懐疑的であり、肩こりの治療を依頼したものの、治るどころか却って悪化したと語っている[3]

未来予知については、未来が見えるのにもかかわらずナビードットコムを倒産させたことを疑問視されそうなことに対し、自分は占い師を目指しているわけではないので、未来からの情報を受け取るための「天のパラボラ」なるものを閉じていたために予知できなかったと自著で述べている[36]。また同じく自著の中で、自分が神秘の世界の住人であるため、倒産前に会議の席で照明が突然割れたり、目の前で印鑑が消え去ったりと、倒産に際して前兆があったとも語っている[36]

またスプーン曲げについても超能力によるものではないとの意見もあり、前述のテレビでの実演時に共演していた松尾貴史はそれを単なる力によるもので、誰にでもできるものだと指摘しており、高塚の前で自分もスプーン曲げを演じて見せ、彼を閉口させたと語っている[31]

著書編集

  • 『神様の肩コリ』講談社、1992年1月27日。ISBN 978-4-06-205762-2
  • 『神様になったサラリーマン』東急エージェンシー出版事業部、1992年5月。ISBN 978-4-88497-003-1
  • 『超能力サラリーマンタカツカヒカルの履歴書』東急エージェンシー出版部、1994年6月。ISBN 978-4-88497-030-7
  • 『超能力サラリーマンタカツカヒカルのヒーリング・セミナー』東急エージェンシー出版部、1994年6月。ISBN 978-4-88497-031-4
  • 『超能力サラリーマンタカツカヒカルの遺言』扶桑社、1994年11月。ISBN 978-4-594-01582-4
  • 『タカツカヒカルの右脳開発セミナー』東急エージェンシー出版部、1995年8月。ISBN 978-4-88497-038-3
  • 『未来からのシグナル』毎日新聞社、1995年10月。ISBN 978-4-620-31079-4
  • 『タカツカヒカルの「超」健康法 症状別ヒーリングQ&A』東急エージェンシー出版部、1996年7月。ISBN 978-4-88497-051-2
  • 『誰でも簡単にできるセルフヒーリング入門 自己治癒』飛鳥新社、2010年4月。ISBN 978-4-87031-998-1
  • 『高塚光の「超」ヒーリングDVDブック 見るだけで奇跡が起きる!』マキノ出版〈マキノ出版ムック〉、2011年11月15日。ISBN 978-4-8376-6205-1

作品編集

  • ライフ・ケア・ミュージックの世界 (1994年、BGM集CD)
  • タカツカヒカルの超気功術 心と身体を癒す能力(パワー)編 (1994年、VHS)
  • タカツカヒカルの超気功術 Vol.2 女性にやさしい能力(パワー)編(1994年、VHS)
  • 高塚光の「超ヒーリング講座」 (2013年、DVD)

脚注編集

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ a b 高塚 1994, pp. 148-149より引用。
  2. ^ 高塚は、放射能のレベルが高くなると、被爆した人間は塩の柱になってしまうと述べている[28]
出典
  1. ^ a b 日刊スポーツ 2000, p. 29
  2. ^ a b 高塚 2010, p. 29
  3. ^ a b c d e f g 柴口 1994, pp. 68-72
  4. ^ a b c d e f 小池 2007, pp. 118-120
  5. ^ 高塚 2010, p. 4.
  6. ^ a b c 内藤 1994, p. 10
  7. ^ a b 高塚光「超ヒーリング講座」DVD 無料公開 - YouTube
  8. ^ a b c d 武田 1999, p. 786-788
  9. ^ a b 塚本 1994, pp. 120-122
  10. ^ “YUMIKO 歌いながらスプーンを曲げる! “超能力歌手”デビュー”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社): p. 22. (1990年10月17日) 
  11. ^ 高塚 2010, p. 40.
  12. ^ a b 日刊スポーツ 1994, p. 23
  13. ^ 篠田博之 (1994年8月23日). “またぞろ出てきた“超能力者” 批判一転、節操なく連載”. 北海道新聞 夕刊全道 (北海道新聞社): p. 2 
  14. ^ 大槻 1997, p. 42.
  15. ^ a b 高塚 1994, pp. 80-84
  16. ^ a b c 朝日新聞社 1994, p. 68
  17. ^ “超能力者・高塚光 「スーパースペシャル94」 生番組で正式廃業宣言へ”. 産経新聞 東京夕刊 (産業経済新聞社): p. 6. (1994年11月16日) 
  18. ^ 「高塚光 手かざしサラリーマン「6万円セミナー」のいかがわしさ」」『週刊文春』第42巻第5号、文藝春秋、2000年2月、 32-33頁、 NAID 40001710828
  19. ^ a b 産業経済新聞社 2002, p. 11
  20. ^ メッツ・新庄選手のフェラーリをゲット!? 愛用品オークションを開催”. INTERNET Watch. インプレス (2001年2月7日). 2014年8月9日閲覧。
  21. ^ a b c 藤倉善郎 (2010年4月28日). ““越山会の女王”を救えなかった元・超能力サラリーマン”. やや日刊 カルト新聞. http://dailycult.blogspot.jp/2010/04/blog-post_6656.html 2014年8月3日閲覧。 
  22. ^ “超能力通じず…高塚光氏の会社が破産 ナビードットコム、負債8億4300万円”. ZAKZAK (産業経済新聞社). (2002年7月16日). オリジナルの2003年12月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031212084622/http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_07/3t2002071605.html 2014年8月3日閲覧。 
  23. ^ “奇跡ヨンだ!! セコムCM登場の背景に“家族愛””. ZAKZAK. (2006年2月8日). オリジナルの2014年8月10日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2014-0810-1223-51/www.zakzak.co.jp/gei/2006_02/g2006020808.html 2014年8月10日閲覧。 
  24. ^ 高塚 2010, p. 5.
  25. ^ a b c d e f g h i j 遠藤 1997, pp. 36-53
  26. ^ a b c d e 大槻 1997, pp. 213-215
  27. ^ “手かざしがお手上げ 高塚光会社倒産”. 夕刊フジ (産業経済新聞社): p. 3. (2002年7月20日) 
  28. ^ a b c d e f g h マキノ出版 2011, pp. 68-83
  29. ^ “東映「未知への旅人」製作発表 超能力サラリーマンをモデル、客席に「気」を”. 日刊スポーツ: p. 22. (1994年2月3日) 
  30. ^ 山下紀子「未来予知は本能、感性、直感を瞬時に使う知的ゲーム」『スターピープル』第42号、ナチュラルスピリット、2012年、 23頁、 全国書誌番号:00118088
  31. ^ a b 松尾 2011, pp. 58-59
  32. ^ a b 新潮社 2010, p. 69
  33. ^ 大槻 1997, p. 44.
  34. ^ “故田中角栄元首相の金庫番 佐藤昭子さんが死去”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2010年3月12日). オリジナルの2014年8月17日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2014-0817-0835-31/www.sponichi.co.jp/society/news/2010/03/13/kiji/K20100313Z00002330.html 2014年8月17日閲覧。 
  35. ^ ““超能力者”・高塚光さん 賛否渦巻く奇跡の人”. 毎日新聞大阪夕刊 (毎日新聞社): p. 9. (1994年12月17日) 
  36. ^ a b "高塚 1994, pp. 60-61

参考文献編集

外部リンク編集