高天原(たかまがはら)は、富山県富山市にある湿原。「日本一遠い温泉」とも呼ばれる高天原温泉が所在している。

特徴編集

高天原の北端には夢ノ平と言われる竜晶池のある平坦地がある。かつてはそのさらに奥の薬師見平などまで、高天原新道という登山道が通じていたが、廃道になった。

高天原峠を挟んで、日本最後の秘境と言われる雲ノ平と隣接している。

この湿地は水晶岳西面の地滑りによってよって形成された緩斜面や窪地が湿地になったと見られている[1]

自然編集

湿地内最大の池は水晶池であり、他にも無数の池塘が存在する。

「高天原のカラマツ群落」と「高天原のダケスゲ群落」が県の特定植物群落に指定されている[2]

アクセス編集

折立登山口からの登山道がある。日帰りは困難である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 富山市山岳域自然調査記録 (PDF)”. 富山県 (2019年8月16日). 2019年8月16日閲覧。
  2. ^ 野生生物 (PDF)”. 富山県 (2019年8月16日). 2019年8月16日閲覧。

参考文献編集

  • 『富山県山名録』 桂書房
  • 『富山の百山』 北日本新聞社

関連項目編集

外部リンク編集