メインメニューを開く

高宮 沙千(たかみや さち、8月24日-)は、元宝塚歌劇団雪組トップ娘役。大阪府大阪市出身。城星学園出身。宝塚歌劇団時代の公称身長は160cm。愛称はピーコ。娘は宝塚OG高宮千夏(柏原真智子)と高宮里菜、姉もOGの十和三千代と美保川千里。

目次

来歴・人物編集

1963年宝塚音楽学校入学。

1965年、同校を卒業し、51期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は54人中2位[1]。初舞台公演の演目は花組公演『われら花を愛す/エスカイヤ・ガールス[1]

1965年12月8日[1]雪組[1]に配属。

1970年摩耶明美と二人体制で雪組トップ娘役になる。

1974年、摩耶明美の退団により、単独体制で雪組トップ娘役になる。

1976年、雪組トップ娘役を退任し、その後、専科に異動。

1979年3月31日[1]で宝塚歌劇団を退団。星組東京宝塚劇場公演『セ・シャルマン![1]』が最終出演公演の演目である。

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』pp.70-71(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)。ISBN 9784484146010

関連項目編集