メインメニューを開く

高層気象台(こうそうきしょうだい)は国土交通省気象庁施設等機関である。高層気象の観測や研究、高層気象観測用測器の点検校正等の業務を行う。「気象台」の名を持ちながら天気予報を行わない2つの機関のうちのひとつである(もう一つは東京管区気象台)。日本の首都東京に最も近い高層気象観測地点としても、重要な役割を持っている。

高層気象台
正式名称 高層気象台
英語名称 Aerological Observatory
所在地 日本の旗 日本
305-0052
茨城県つくば市長峰1-2
北緯36度03分27.3秒東経140度07分32.3秒座標: 北緯36度03分27.3秒 東経140度07分32.3秒
活動領域 高層気象の観測や研究、高層気象観測用測器の点検校正等
設立年月日 1920年8月25日
上位組織 気象庁
公式サイト http://www.jma-net.go.jp/kousou/index.html
テンプレートを表示

目次

概要編集

高層気象台で高層気象観測を行う際の観測所名は、「館野」(たての)である。その由来は沿革を参照のこと。気象関係者の間では、高層気象台は「館野」と呼ばれる事が多い。

沿革編集

業務内容編集

  • 地上気象観測、係留気球による下層大気の観測及び研究
  • 自由気球による高層大気の観測及び研究
  • 地上に設置した光学機器による超高層大気(オゾン層など)の観測及び研究

関連項目編集

外部リンク編集