メインメニューを開く

高山 忠克(たかやま ただかつ、1944年5月18日 - )は、栃木県出身の元プロ野球選手外野手)。

高山 忠克
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県
生年月日 (1944-05-18) 1944年5月18日(75歳)
身長
体重
177 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1963年
初出場 1963年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

作新学院では中堅手、四番打者として活躍。1961年、2年生の時に春の選抜に出場。2回戦で高松商に敗れる[1]。1年上のチームメートに島野育夫がいた。翌1962年春の選抜にも連続出場。エース八木沢荘六を擁して勝ち進み、決勝で日大三高を降し優勝[1]。 同年夏の甲子園では八木沢の急病により、控えの加藤斌を主戦投手に立てる。準決勝ではエース林俊彦を擁する難敵の中京商を加藤が完封。決勝では久留米商伊藤久敏から7回に先取点、1-0で勝利し史上初の甲子園春夏連覇を果たす[2]。高校同期に八木沢、加藤の他、後にプロで同僚となる遊撃手中野孝征がいた。

1963年国鉄スワローズに入団。豊田徳武に続く長距離打者として期待される。2年目に中堅手の定位置を獲得し、下位打線ながらチーム2位の18本塁打を記録した。その後は打率の伸び悩みもあって準レギュラーとして起用され、毎年90試合前後に出場。パワフルな打撃が持ち味だが波があり、打撃好調時にはクリーンナップを任されることも多く1966年には3試合、1968年には9試合で四番打者に起用されている。

1970年には出場機会が減少、同年11月の第1回選抜会議(トレード会議)の対象となり、阪神タイガースに移籍。1971年にも21試合に出場したが、シーズン途中で突如虎風荘(阪神の合宿所・寮)から失踪[3]。ギャンブルによる借金を抱えており、村山実監督に借金返済の為に1軍を離れる猶予を与えられたが、その足での失踪であった[4]。結果、 NPBから無期限失格選手として公示された。

失踪による無期限追放処分は前例がなく、高山が初であった。この処分を受けた選手は、2017年までに高山と当時日本ハムバール・スノーの2人のみである。

1981年に詐欺容疑で逮捕され、この時初めて失踪後に長野県伊那市キャバレーの社長となっていたことが明らかになった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1963 国鉄
サンケイ
アトムズ
5 14 14 3 6 0 1 2 14 4 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .429 .429 1.000 1.429
1964 127 427 407 33 89 13 1 18 158 55 4 2 0 4 13 0 3 90 12 .219 .246 .388 .634
1965 91 223 215 15 45 11 1 1 61 11 2 2 0 1 7 0 0 51 8 .209 .233 .284 .517
1966 108 286 274 23 67 8 4 8 107 28 0 1 4 3 5 0 0 40 9 .245 .255 .391 .646
1967 88 192 185 21 46 8 3 7 81 23 1 0 2 0 4 0 1 35 3 .249 .268 .438 .706
1968 105 287 272 29 64 6 4 14 120 38 2 2 0 1 11 0 3 50 3 .235 .272 .441 .713
1969 84 202 186 16 41 10 1 1 56 9 0 4 4 1 11 0 0 31 5 .220 .263 .301 .564
1970 61 65 61 1 8 0 1 0 10 2 0 2 1 1 2 0 0 14 3 .131 .156 .164 .320
1971 阪神 21 32 31 0 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .097 .125 .097 .222
通算:9年 690 1728 1645 141 369 56 16 51 610 171 9 13 11 11 54 0 7 320 43 .224 .250 .371 .621
  • 国鉄スワローズは、1965年途中にサンケイスワローズ、1966年にサンケイアトムズ、1969年にアトムズ(ヤクルトと提携)、1970年にヤクルトアトムズと球団名を変更

背番号編集

  • 14 (1963年 - 1967年)
  • 10 (1968年 - 1970年)
  • 25 (1971年)

脚注編集

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 中西コーチだけじゃない!世間を騒がせたプロ野球界の“失踪騒動””. 週刊野球太郎 (2015年10月30日). 2019年6月4日閲覧。
  4. ^ 日めくりプロ野球【4月1日】1964年(昭39) 満塁弾2本 高山忠克「エイプリルフール」のような打点王 スポーツニッポン、2012年4月1日

関連項目編集