高山由紀子

本来の表記は「髙山由紀子」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

高山 由紀子(たかやま ゆきこ、1945年4月4日 - )は日本脚本家映画監督シナリオ・センター講師。東京都出身。

目次

経歴編集

日本画家高山辰雄の長女。慶應義塾大学文学部卒業後、映画脚本を学ぶ。

1975年本多猪四郎によるシナリオ学校生を対象にした新作ゴジラ映画脚本の競作選考で自作が採用され、『メカゴジラの逆襲』で脚本家デビュー。

女性心理を突いたシナリオが得意であり、刑事ドラマやミステリー、時代劇には欠かせない女性脚本家の1人である。

2010年に出版した小説『源氏物語 悲しみの皇子』が2011年に『源氏物語 千年の謎』のタイトルで映画化された。

主な作品編集

映画作品編集

脚本作品編集

監督作品編集

プロデューサー作品編集

ビデオ作品編集

作品編集

他の刊行著作編集

  • 『父 高山辰雄』 角川書店、2011年
  • 『吉原代筆人雪乃1 色もよう』角川文庫、2014年。以下は書き下ろし小説
  • 『吉原代筆人雪乃2 みだれ咲』 角川文庫、2014年
  • 『吉原代筆人雪乃3 繚乱の海』巻、角川文庫、2014年
  • 『花魁くノ一』 角川文庫、2015年
  • 『逢瀬の花 花魁くノ一』角川文庫、2015年

テレビ作品編集

受賞歴編集

外部リンク編集