メインメニューを開く

高岡 宗弼(たかおか むねすけ)は、安土桃山時代武将生駒氏の家臣。讃岐国長嶺城[1]2代城主。

 
高岡宗弼
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
別名 通称:城左衛門
主君 尾藤氏生駒親正
氏族 高岡氏
父母 父:高岡宗範

略歴編集

高岡伊豆守宗範の嫡男として誕生。

天正15年(1587年)、尾藤氏に仕え、その後生駒親正に属した[2]文禄元年(1592年)、文禄・慶長の役の際、生駒親正・配下として従軍して合戦した。

このとき李氏朝鮮の若く美しい女官大添小添という名の姉妹を召取り、帰国して豊臣秀吉に献上した。秀吉はいたく喜んだが、言葉が通じないため色々不便があり、秀吉より生駒氏へ賜り、生駒氏から宗弼へ預けられた。歳月が流れ姉妹も年老いて亡くなったため、異郷の地で生涯を終えた宿命を哀れみ、高岡一族は姉妹らを手厚く葬った[3]という。

讃岐の大庄屋山崎四郎左衛門は、高岡氏の後裔であり彼女らの遺品も伝世している。二人の墓は、讃岐の白山の西南麓の山崎・渡辺両家の墓所内にある。

脚注編集

  1. ^ 香川県木田郡三木町
  2. ^ 『三木町史』
  3. ^ 『讃岐人物風景(3) -弧峰と群雄』、四国新聞社編、大和学芸図書、1980年