メインメニューを開く

高岡砺波スマートインターチェンジ

日本の富山県砺波市にある北陸自動車道のスマートインターチェンジ

高岡砺波スマートインターチェンジ(たかおかとなみスマートインターチェンジ)は富山県高岡市と同県砺波市にある北陸自動車道スマートICである。インター出入口と高速バス停留所は高岡市側、ランプの大部分は砺波市側にある。

高岡砺波スマートインターチェンジ
高岡砺波スマートインターチェンジ(金沢側から撮影)
高岡砺波スマートインターチェンジ(金沢側から撮影)
所属路線 E8 北陸自動車道
IC番号 20-1
料金所番号 04-627
本線標識の表記 高岡砺波
起点からの距離 212.9 km(米原JCT起点)
砺波IC (5.8 km)
(3.2 km) 高岡PA
接続する一般道 高岡市道高岡砺波インター線[1]
供用開始日 2015年平成27年)3月1日
通行台数 x台/日
スマートIC 24時間
所在地 939-1114/939-1311
富山県高岡市戸出西部金屋/砺波市下中条
備考 国土開発幹線自動車道の起点は新潟中央JCT
テンプレートを表示
高岡砺波スマートインターチェンジの位置(富山県内)
高岡砺波スマートインターチェンジ

目次

概要編集

2015年平成27年)3月1日の14時に供用開始した[2]。同日供用開始された東海北陸自動車道 南砺スマートICと共に、富山県内では初の本線直結型スマートICである[3]

本線直結型で利用可能車種はETC搭載の全車種(長さ12 m以下)で24時間運用。上下線ともに出入可である。なお、今後車長制限を撤廃し、長さ12 m超の車両でも通行可になるよう改良工事に着手する予定である[4]。工事完了後はトラック物流の利便性向上が期待されるとしている[4]

道路編集

直接接続
  • 高岡市道高岡砺波インター線[1][5]
間接接続

歴史編集

  • 2006年平成18年)9月 : 高岡市、砺波市による新インター設置検討会設立[6]
  • 2009年(平成21年)
    • 6月 : 高岡市、砺波市が新インター整備の覚書締結[6]
    • 7月 : 第1回北陸自動車道 庄川左岸部スマートIC地区協議会(協議会設立)[6]
  • 2010年(平成22年)10月 : 第2回北陸自動車道 庄川左岸部スマートIC地区協議会(実施計画書の同意)[6]
  • 2011年(平成23年)1月 : 国土交通大臣に連結許可申請[6]
    • 3月 : 国土交通大臣から連結許可[6]
    • 6月 : 高岡市、砺波市、中日本高速道路株式会社により基本協定締結[6]
  • 2013年(平成25年)
    • 1月 : 中日本高速道路株式会社が工事契約締結[6]
    • 10月24日 : 正式名称が「高岡砺波スマートIC」に決定[7]
  • 2015年(平成27年)3月1日 : 供用開始[2][6]

高速バス停留所編集

インター出入口付近に高速バスのバス停と利用者用の駐車場が併設されている[2]

京都・大阪方面、東京方面、東北方面の高速バスが発着している。停留所の名称は富山地方鉄道及びJRバスでは高岡高速バスターミナル、丸一観光では高岡砺波スマートICとしている。

なお、JR東海バスが運行する北陸ドリーム名古屋号金沢行きが降車扱いで停車する。(西日本JRバスが運行する北陸ドリーム名古屋号名古屋駅行きでは乗車扱いをせず、通過する。)

編集

E8 北陸自動車道
(20)砺波IC - (20-1)高岡砺波スマートIC - 高岡PA - (21)小杉IC

脚注編集

  1. ^ a b 北陸自動車道 (仮称)高岡砺波スマートインターチェンジ 実施計画書 (PDF)”. 富山県 高岡市・砺波市. p. 3 (2011年1月). 2017年5月30日閲覧。
  2. ^ a b c 北陸自動車道高岡砺波スマートインターチェンジ”. 高岡市. 2017年5月30日閲覧。
  3. ^ 富山 北陸自動車道 高岡砺波スマートIC”. 一般財団法人 ITSサービス高度化機構. 2017年5月30日閲覧。
  4. ^ a b E8 北陸道 高岡砺波スマートIC 全車種がご利用いただけるよう、改良に着手します 〜改良工事後、特大車(車長12m超)もご利用いただけるようになります〜”. 高岡市・砺波市・中日本高速道路株式会社 (2019年4月9日). 2019年4月9日閲覧。
  5. ^ a b 北陸自動車道 高岡砺波スマートインターチェンジ整備事業 (PDF)”. 高岡市・砺波市. p. 2 (2013年10月). 2017年5月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i 北陸自動車道高岡砺波スマートIC 開通後の状況 (PDF)”. 北陸自動車道高岡砺波スマートインターチェンジ地区協議会. p. 5. 2017年5月30日閲覧。
  7. ^ “新スマートIC名称は「高岡砺波」「南砺」”. 北日本新聞 (株式会社 北日本新聞社). (2013年10月24日) 

関連項目編集

外部リンク編集