高島 規郎(たかしま のりお 1951年- )は、大阪府出身の卓球選手。全日本卓球選手権大会1972年度・1978年度・1979年度の3回、男子シングルスで優勝している。なお、カット主戦型で全日本を3度以上制しているのは、松下浩二(4度)と2人だけで、「ミスター・カットマン」と称されている。また、1975年の世界卓球選手権では男子シングルスで3位入賞、団体でも4回に渡って銅メダル獲得メンバーとなった。

高島規郎 Table tennis pictogram.svg
基本情報
よみがな たかしま のりお
ラテン語表記 Norio Takashima
出生名 高島則郎
愛称 ミスター・カットマン
生年月日 (1951-07-17) 1951年7月17日(68歳)
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府の旗大阪府大阪市
性別 男性
選手情報
利き腕
グリップ シェークハンド
戦型 カット主戦型
経歴
学歴
指導
  • 日本の旗 卓球日本代表男子監督 1993-1995
  • 日本の旗 卓球日本代表総監督 1997,1998
  • 国内戦歴
  • 全日本選手権 シングルス 1972,1978,1979
  •  
    獲得メダル
    日本の旗 日本
    卓球
    世界卓球選手権
    1973 サラエボ 団体
    1975 カルカッタ シングルス
    1977 バーミンガム 団体
    1979 平壌 団体
    1981 ノヴィサド 団体
    アジア卓球選手権
    1976 平壌 シングルス
    1976 平壌 団体
    アジア大会卓球競技
    1978 バンコク シングルス
    1978 バンコク 団体
    ■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

    第一線を退いた後も、指導者として、日本代表男子監督を務めたり、松下浩二を始めとして多くのカット主戦型の選手の指導・助言にあたっている。特に、2001年世界卓球選手権大阪大会で女子ダブルスで3位に入賞した武田明子川越真由組を世界レベルにのし上げたり、2006年全日本卓球選手権東京都予選で予選落ちを経験した佐藤素子をわずか5ヵ月で女子シングルスでベスト8まで勝ち進めさせたりと、功績は大きい。

    現在は母校の近畿大学で健康スポーツ教育センター教授を務める。

    主な戦績編集

    著書編集

    外部リンク編集