メインメニューを開く

高崎操車場(たかさきそうしゃじょう)は、群馬県高崎市下之城町にある日本貨物鉄道(JR貨物)の操車場である。高崎線倉賀野駅 - 高崎駅間に設置されている。

高崎操車場
TASO1.jpg
たかさき
Takasaki
倉賀野 (1.9km)
(2.5km) 高崎
所在地 群馬県高崎市下之城町
所属事業者 日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 高崎線
キロ程 72.2km(大宮起点)
電報略号 タソ
開業年月日 1943年(昭和18年)10月1日
テンプレートを表示

国鉄時代の1970年(昭和45年)に「YACS (Yard Automatic Control System)」を導入された操車場(ハンプヤード)であった。その後、主機能が廃止されているものの、構内の西端にJR貨物高崎機関区があるため、当駅で機関車の付け替えや貨物列車旅客列車待避などが行われている。

使用されていない跡地に関しては、高崎市主導で再開発計画が進められており、高崎線旅客列車の新駅設置も検討されている。

目次

歴史編集

所属入換機編集

昭和31年3月1日付編集

周辺施設編集

 
高崎操車場信号扱所外観。(撮影:2010年5月、高崎操車場駅)

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
高崎線
倉賀野駅 - 高崎操車場 - 高崎駅

参考文献編集

  • 吉江一雄 実物解説入換設備と操車場の働き、『とれいん No.114 1984年6月号』、プレス・アイゼンバーン、1984年6月

外部リンク編集

関連項目編集

  1. ^ 『とれいん No.114 1984年6月号』プレス・アイゼンバーン、1984年6月。