メインメニューを開く

高崎 直道(たかさき じきどう、1926年9月6日 - 2013年5月4日)は、日本の仏教学者、僧侶、東京大学鶴見大学名誉教授。

高崎 直道
大正15年9月6日 - 平成25年5月4日
1926年9月6日 - 2013年5月4日
生地 東京府
宗派 曹洞宗
寺院 静勝寺(住職)

目次

経歴編集

東京府出身。1950年東京大学文学部印度哲学科卒。大学院に進み、54年インド政府給費留学生としてプーナ大学(英語版)大学院に学び58年「宝性論の研究」で博士号取得。駒澤大学助教授、1969年大阪大学文学部助教授、1976年東大文学部助教授、1977年教授。

1972年「如来蔵思想の形成」で東大文学博士。1975年同研究で日本学士院賞・恩賜賞受賞。85年曹洞宗静勝寺の住職。1987年東大を定年退官、名誉教授、鶴見大学教授、1992年学長。退任後、名誉教授。

2013年5月4日、肺炎にて死去[1]。86歳没。

著書編集

単著編集

  • 『如来蔵思想の形成 インド大乗仏教思想研究』春秋社、1975
  • 『佛典講座 17 楞伽経』大蔵出版、1980、新装版2006
  • 『仏教入門』東京大学出版会、1983
  • 般若心経の話』曹洞宗宗務庁、1985
  • 『仏性とは何か』法蔵館〈法蔵選書〉、1985 
  • 『如来蔵思想』全2巻、法蔵館、1988-90
  • 『愛と憎しみの彼岸 講演と随想』鈴木出版、1989
  • 『インド思想論』法蔵館、1991
  • 『「大乗起信論」を読む』岩波書店〈岩波セミナーブックス〉、1991
  • 『唯識入門』春秋社、1992、新装版2003。「スタディーズ 唯識」 2018
  • 『死は成仏か』佼成出版社、1995
  • 『「涅槃経」を読む』岩波現代文庫、2014。解説下田正弘

共著・編著編集

  • 『仏教の思想 11 古仏のまねび <道元>』梅原猛共著、角川書店 1969。角川文庫ソフィア 1997 
  • 『講座・大乗仏教 8 〈唯識思想〉』春秋社 1982、新装版『唯識思想』同、2001、編集委員
  • 『静勝寺史稿』編 静勝寺 1987
  • 『仏教・インド思想辞典』 監修早島鏡正、春秋社 1987、新装版2013、編集代表
  • 涅槃経 和訳』編著 東京美術、1993
  • 『シリーズ・東アジア仏教』全5巻 木村清孝共編 春秋社 1995-96
  • 『なぜ仏教で人は救われるのか 超現代仏教論』ひろさちや共著 春秋社 2007
  • 『シリーズ大乗仏教』全10巻、春秋社、2011-13、監修

訳・校注など編集

  • 『大乗仏典 12 如来蔵系経典』訳注 中央公論社、1975、新版1980/中公文庫、2004
 如来蔵経・不増不減経・勝鬘経華厳経如来性起品・智光明荘厳経 
  • 宝性論』講談社〈インド古典叢書〉、1989。訳著 
  • 『新国訳大蔵経 文殊経典部 2 維摩経』校註 大蔵出版、1993
  • 『大乗起信論』 共訳注、岩波文庫、1994。宇井伯寿訳を大幅に改訂
  • 新国訳大蔵経 論集部 1 宝性論・法界無差別論』共校註、大蔵出版、1999
  • 『新国訳大蔵経 論集部 2 仏性論・大乗起信論』共校註、大蔵出版、2005
  • 『新国訳大蔵経 如来蔵・唯識部 2 楞伽経』共校註、大蔵出版、2015

著作集編集

  • 『高崎直道著作集』全9巻、春秋社、2008-10
  1. インド思想論
  2. 大乗仏教思想論Ⅰ
  3. 大乗仏教思想論Ⅱ
  4. 如来蔵思想の形成Ⅰ
  5. 如来蔵思想の形成Ⅱ
  6. 如来蔵思想・仏性論Ⅰ
  7. 如来蔵思想・仏性論Ⅱ
  8. 大乗起信論・楞伽経
  9. 道元思想と日本仏教

記念論集編集

  • 『インド学仏教学論集 高崎直道博士還暦記念論集』春秋社、1987

論文編集

参考編集

脚注編集

先代:
鶴見大学学長
1992年-
次代: