メインメニューを開く

高市 黒人(たけち の くろひと)は、飛鳥時代官人歌人

 
高市黒人
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
主君 持統天皇文武天皇
氏族 高市
テンプレートを表示

目次

出自編集

高市氏は(高市県主・高市連)天津彦根の曾孫・彦伊賀都の後裔とされる天孫系氏族[1]。本拠地は大和国高市県(現在の奈良県高市郡および橿原市の一部)で、その首長として管掌した[2]天武天皇12年(683年)に連姓に改姓している。

経歴編集

持統文武両朝で下級官人を務めたらしいが、官歴は伝わらない。『万葉集』に短歌18首が採録されているが、大宝元年(701年)の持統上皇の吉野宮行幸[3]、翌大宝2年(702年)の三河国行幸に同行した際の詠歌を始め[4]、「羈旅の歌八首」など[5]、全て旅中で詠んだ作品である。その足跡は、大和・山城摂津近江畿内に加え、尾張三河越中の諸国にまで及んでいる。

また、『玉葉和歌集』『新拾遺和歌集』に1首ずつ入集する勅撰歌人でもある[6]

歌風編集

脚注編集

  1. ^ 『新撰姓氏録』右京神別
  2. ^ 佐伯[1994: 294]
  3. ^ 『万葉集』巻1-70
  4. ^ 『万葉集』巻1-58
  5. ^ 『万葉集』巻3-270~277
  6. ^ 『勅撰作者部類』

参考文献編集