高 師重(こう の もろしげ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将足利氏の家臣。高師直の父。

 
高 師重
時代 鎌倉時代 - 南北朝時代
生誕 不明
死没 1343年6月16日康永2年5月24日
別名 師継、道忍(法名)
主君 足利貞氏足利尊氏
氏族 高氏
父母 父:高師氏
兄弟 師行師春師信定義惟義、稲荷女房
師直師泰重茂師久
テンプレートを表示

生涯編集

父の後を継いで足利貞氏尊氏に仕える。

正安3年(1301年)12月には師重が執事として活動していたが、徳治3年(1308年)には兄弟の師行が執事として活動していて、元応2年(1320年)には再び師重が執事として活動している。その後は長幸康と継母観阿・子の師連の相論に対し裁許を下すなど、足利家の側近として活躍していた。

元弘3年(1333年)までには子の師直に惣領の地位を譲っているが、これが原因で師直らと、高氏の嫡流の座を彼らに奪われた(一説によると、師秋の父師行は師重の兄)甥の高師秋との間で確執が生まれたといわれ、師秋は観応の擾乱で師直に与せず、直義側についた。

太平記』には高師重は建武3年/延元元年(1336年)6月、摂津湊川楠木正成らを破って入洛した後、比叡山に籠った後醍醐天皇方を攻撃するために、西坂本側の総大将となったが討死したとあるが、これは息子の高師久のことであり、師重とあるのは間違いである[1]

常楽記』によれば、康永2年/興国4年(1343年)5月24日に死去とされる[2]

登場作品編集

脚注編集

  1. ^ 亀田 2016, 高一族と南北朝内乱 P38、39.
  2. ^ 群書類従 新校 第二十二巻』(内外書籍、1932年) 492頁

参考文献編集

  • 亀田俊和 『高一族と南北朝内乱』戎光祥出版〈中世武士選書 32〉、2016年。ISBN 9784864031905