高床式倉庫

高床倉庫から転送)
高床式倉庫(復元、吉野ヶ里遺跡

高床式倉庫(たかゆかしきそうこ)は、高床建築の倉庫のことである。高床倉庫とも表記される。[1]

目次

概要編集

平地住居や竪穴式住居に壁立式で掘立柱を用いるものがあるが、高床建築は壁立式の側壁を用いない掘立柱建物の一種である[2]。住居としては東南アジアでとりわけ、雨期に出水する地域や山岳の傾斜に用いられている。それとは別に湿気対策やネズミなどの害を防ぎ、風通しをよくするために床が高く造られ、稲やとうもろこし、小麦などを蓄える倉として古くから世界各地で用いられた[3]。日本では、弥生時代穀物を蓄えるためのとして用いられたと考えられている。神社建築様式の1つである神明造は、これから発展したとされる[4]。現在でも、アフリカ中央・南アジア・東南アジアに同様のものが見られる。

日本編集

日本では縄文時代の遺構から出土例がみられ、三内丸山遺跡(青森県)で縄文時代中期(紀元前3000年 - 2000年)の祭殿に用いられたと見られている高床建築の遺構が出土し、また桜町遺跡で縄文時代中期末(紀元前2000年)の高床式建物の建築部材が出土している[2]。弥生時代には、穀物を蓄える倉庫として一般に普及したと考えられており[3]、代表的な遺構としては弥生時代の登呂遺跡(静岡県)や弥生後期の吉野ヶ里遺跡(佐賀県)がある。銅鐸(香川県で出土と伝わる)や銅鏡(佐味田宝塚古墳〈奈良県〉)・土器(唐古遺跡〈奈良県〉)に高床建築が描かれているが、倉庫としての建築であるかは不明である[3]

なお、高床式倉庫は奄美大島八丈島、さらに北海道アイヌ民族の間で近代まで建造されていた。奄美大島にはごくわずかであるが、現在も使われているものが奄美市などの民家に存在する。

ヨーロッパ編集

 
オレオ(ポンテベドラ

高床式倉庫のルーツは不明であるが、狩猟民族の移動式架台であったと考えられている。洞窟の壁画にもプラットフォームと思われる構造物が見られる。ねずみ返しの有無は地域により異なる。英国・スペインでは2000年ほど前にはすでに存在していたことが遺跡・文献より確認されている。[5][6][7]

スペイン、カンタブリア山脈北側のガリシア州全域(ガリシア語:hórreo オレオ)、アストゥリアス州中部から西部(アストゥリアス語horruまたはhorriu オルまたはオリウ)では多くの高床倉庫を見ることができる。その他の地域ではほぼ皆無である。ガリシアで現存するものは石造・RC造・組積造がほとんどで、もとはとうもろこし倉庫であったが、現在では住居の物置として用いられている。リバデオ川を境に様相が一変し、アストゥリアス州ではほぼすべて木造となる。

アフリカ編集

ウガンダのケニア国境から首都カンパラに通じる幹線道路上に高床倉庫の多い地域が見られた。見た目は世界各地で見られる高床倉庫とまったく同じであるがねずみ返しはない。地ではGRANARYと呼ばれ、500年前から存在すると言われているが詳細は不明である。またマダガスカル東部にも高床倉庫があるがウガンダのものとは違ってねずみ返しがある。

脚注編集

  1. ^ 『社会科 中学生の歴史 初訂版』(株式会社 帝国書院平成17年3月30日文部科学省検定済。文部科学省検定教科書  中学校 社会科用。教科書番号 46 帝国 歴史ー713)p 25に、「水田近くの台地に定住してむらをつくり, 住まいの竪穴住居の近くに稲をたくわえるための高床倉庫もつくられました。」と記載されている。また、2006年3月7日に実施された広島県公立高校 入学試験の社会の大問2の3の選択肢に、「エ 稲作がはじまり, 稲をたくわえる高床倉庫がつくられはじめた。」と記載されている。
  2. ^ a b 太田博太郎監修執筆、藤井恵介ほか執筆『【カラー版】日本建築様式史』美術出版 1999年
  3. ^ a b c 平井聖著『対訳 日本人の住まい』市ヶ谷出版社 1998年
  4. ^ 近藤豊著『古建築の細部意匠』大河出版 1972年
  5. ^ FRANKOWSKI EUGENIUSZ著『HORREOS Y PALAFITOS DE LA PENINSULA IBERICA』ISTMO社 1913年
  6. ^ BARRY CUNLIFFE著『DANEBURY』 BATSFORD社 1983年
  7. ^ VARRON著『Rerum rusticarum』

関連項目編集