メインメニューを開く

高擶駅

日本の山形県天童市にある東日本旅客鉄道の駅

高擶駅(たかたまえき)は、山形県天童市大字長岡にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。「山形線」の愛称区間に含まれている。

高擶駅
JR Takatama sta 001.jpg
駅出入口
たかたま
Takatama
漆山 (2.1km)
(1.3km) 天童南
所在地 山形県天童市大字長岡684
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線山形線
キロ程 97.0km(福島起点)
電報略号 タタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
718人/日(降車客含まず)
-2004年-
開業年月日 1952年昭和27年)3月5日
備考 無人駅
テンプレートを表示

歴史編集

かつては客車列車の大部分と気動車の一部が通過していたが、山形新幹線の新庄延伸に伴い普通列車が全て停車するようになった。

駅名について編集

駅名は開業当初、当駅が所属していた高擶村たかだまむら)からとられているが、読みが異なる。駅東に残る高擶の地名も「たかだま」と読んでいる。周辺の道路標識には「Takadama」とローマ字で綴られているが、JR東日本では「Takatama」としている。しかし駅の利用者や車掌の大部分は「たかだま」と呼んでいる。

」は非常に珍しい漢字であるが、音は「セン」、訓は「ただす」であり、JIS X 0208にも含まれている漢字である。但し、この地名の「擶」は、俗称「タモ」と呼ばれる「楡(ニレ)」の木に由来している[2]

交通公社時刻表では、駅開業以来長らく手偏ではなく木偏の字を使用していたが、巻頭地図では1975年12月号から、本文では1976年6月号から「擶」を使用するようになった[3]

駅構造編集

 
駅ホーム

単式ホーム1面1線を有する地上駅である。駅舎はなくホーム上に小さな待合所があるのみで、待合所の中に乗車駅証明書発行機が設置されている。山形駅管理の無人駅。なお、ホームの入口は西側にしかないが、東側からも利用できるよう東西地下道が設けられている。

利用状況編集

2004年度の乗車人員は、1日平均718人[4]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 722
2001 743
2002 751
2003 723
2004 718

駅周辺編集

駅に駐車場は無い。駐輪場は無料のものが、東口・西口双方に設けられている。

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
山形線(奥羽本線)
漆山駅 - 高擶駅 - 天童南駅

脚注編集

  1. ^ 「日本国有鉄道公示第68号」『官報』1952年3月5日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 天童市立高擶小学校公式サイト
  3. ^ 『停車場変遷大辞典 国鉄・JR編』1998年 JTB
  4. ^ 『山形県の鉄道輸送』平成26年度版 - 山形県

関連項目編集

外部リンク編集