高木(こうぼく)は、植物学の用語で、木本のうち、樹高が 5mを超える植物のことである。10m未満のものを小高木、20mを超えるものを大高木と呼ぶこともある。広義(一般)では、高木(こうぼく、たかぎ)はの高い(人の背丈以上の)をいう。


喬木(きょうぼく) は、樹高が1丈(約3m)を超える背の高い木のことで、戦前使われていた。喬の字は常用漢字に含まれないため、現在は「高木」と表記される。 「喬」の字は「高」の上の点が伸びて右へ少し湾曲している字で、よく生育した木のとがった先端が風に吹かれてたわんでいる様である。本来は単に高さだけでなくしっかりした主幹があり、それに枝葉がついている樹木というイメージを表す漢字であった。

木本を高低で区別するのは、経済上、つまり資源としての価値によるものである。高木は木材として重要なものが多いが、低木は、くし・印鑑・将棋の駒など手工芸的な木工品に一部が使われる他は、あまり価値のない「雑木」、「柴」などと呼ばれる用であった。逆に園芸では、かなり広い庭園でない限り、高木は扱いにくく、庭木として利用されるのは低木が圧倒的に多い。

植物生態学では林冠を構成する樹木の層を高木層(こうぼくそう)という。熱帯多雨林ではそれを超えて伸び上がる樹木が出現する例があり、これを超高木という。