メインメニューを開く

高木 博志(たかぎ ひろし、1959年6月 - )は、日本の歴史学者京都大学人文科学研究所教授。専門は日本近代史天皇制度文化史)。博士(文学)北海道大学、1997年)。大阪府出身。

創られた伝統」論を元に近代天皇制にまつわる文化的要素(即位大嘗祭などの皇室儀礼、文化財博物館、古都としての京都奈良のイメージ)が如何に近代以降に国民国家を支えるために意識的に創られたかを検証している。

略歴編集

著書編集

単著編集

  • 『近代天皇制の文化史的研究 天皇就任儀礼・年中行事・文化財』校倉書房〈歴史科学叢書〉、1997年2月。ISBN 4-7517-2670-6
  • 『近代天皇制と古都』岩波書店、2006年7月。ISBN 4-00-022550-2
  • 『陵墓と文化財の近代』山川出版社〈日本史リブレット 97〉、2010年1月。ISBN 978-4-634-54709-4

共著編集

共編著編集

外部リンク編集