メインメニューを開く
旧・高村記念館

高村記念館(たかむらきねんかん)は、岩手県花巻市にあった文学館・美術館。

概要編集

彫刻家詩人高村光太郎1883年 - 1956年)を顕彰する施設として、1977年に開館した。館内は、代表作の一つである十和田湖畔の「裸婦像」の原型をはじめ、高村光雲をモデルにした「父光雲像」、妻・高村智恵子作の切りぬき絵などの作品のほか、智恵子とのスナップ写真や愛用品などの遺品、約100点を展示する。

館は高村光太郎が1945年から1952年までの晩年の7年間を独りで過ごした小屋「高村山荘」から150mの位置にある。ほか、周辺には「雪白く積めり」などの詩碑、湧き水「智恵子抄泉」、「智恵子展望台」が整備され、散策路で結ばれている。

2013年5月15日、近くにあるそれまでの花巻市歴史民俗資料館の建物をリニューアルし、新たに「高村光太郎記念館」として仮オープンした。今後、さらに改修が進む予定である。元の建物は現在、倉庫として利用されている。

利用情報(現・高村光太郎記念館)編集

  • 開館時間 - 8:30〜16:30
  • 休館日 - 12月28日〜1月3日

所在地編集

〒025-0037 岩手県花巻市太田3-91-3

交通アクセス編集

  • 花巻駅からタクシー(路線バスは廃止された)

周辺情報編集

外部リンク編集