メインメニューを開く

高松家(たかまつけ)は、藤原北家閑院流武者小路支流公家である。江戸時代前期の准大臣武者小路実陰の子・参議重季を祖とする。家格羽林家江戸時代石高は30石3人扶持[1]

高松家
家紋
唐花からはな
本姓 藤原北家閑院流武者小路支流
家祖 高松重季
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 高松公祐
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

三条西実条の三男西郊実号慶長年間に叙爵して「西郊家(にしむらけ)」が創設されたが、実号の孫・実陰武者小路家を継いただめ西郊家は廃絶した[2]。その後、実陰の二男・高松重季により宝永期に「高松家」が創設された[2]

明治維新後は実村子爵に叙せられた。

実村の次男・公冬は、海軍兵学校(第14期)を経て海軍少佐[3]。実村の三男・公重は、陸軍大学校(第14期)を経て陸軍歩兵少佐歩兵第3連隊大隊長[4]、戦死。

系譜編集

実線は実子、点線(縦)は養子。
三条西実条
 
 
 
西郊実号
 
 
 
西郊実信
 
 
 
武者小路実陰
(西郊実陰)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武者小路公野
武者小路家
高松重季1
 
 
 
実逸2[5]
 
 
 
季昵3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公祐4昵子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実貫季実5直実積子公子西四辻公業保実
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保実6公雄
 
 
 
 
 
実村7公村
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公村[6]北小路公久公冬公重公秋8公春
 
 
 
公春9

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)高松
  2. ^ a b 『公家事典』264頁。
  3. ^ 海軍兵学校第14期生 (日本海軍)
  4. ^ 陸軍大学校卒業者
  5. ^ 山本公尹の子。
  6. ^ 1884年8月29日廃嫡。『平成新修旧華族家系大成』下巻、29頁。


参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集