メインメニューを開く

高松市屋島競技場

日本の陸上競技場

高松市屋島競技場(たかまつしやしまきょうぎじょう)は、香川県高松市屋島中町にある陸上競技場である。前身は「香川県立屋島陸上競技場」で、2年半をかけて全面改装された後に現名称に変更して2017年春から営業を再開した[3]

高松市屋島競技場
"屋島レクザムフィールド"
南西(冬)から望む.jpg
南西の橋上にて
高松市屋島競技場の位置(香川県内)
高松市屋島競技場
施設情報
所在地 香川県高松市屋島中町字下畑374番地
位置 北緯34度20分28.36秒 東経134度6分5.98秒 / 北緯34.3412111度 東経134.1016611度 / 34.3412111; 134.1016611座標: 北緯34度20分28.36秒 東経134度6分5.98秒 / 北緯34.3412111度 東経134.1016611度 / 34.3412111; 134.1016611
開場 2017年(平成29年)4月
所有者 高松市
運用者 四電工グループ
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 106m×69m
照明 LED投光器
大型映像装置 表示板 一面
建設費 約67億円[1]
設計者 佐藤総合計画[2]
建設者 大成建設ほかJVほか[2]
使用チーム、大会
本文を参照
収容能力
6000人

目次

概要編集

1953年(昭和28年)に開催された第8回国民体育大会(四国国体)のメイン会場として香川県により整備され[4]、「香川県立屋島陸上競技場」の名称で開場。高松以東では香川県内唯一の日本陸連公認陸上競技場である[4]2008年平成20年)4月1日に香川県より高松市に移管された。老朽化により2012年(平成26年)10月31日に一旦閉鎖して観客席などを改築し、命名権を大阪市に本社を置く電子機器製造会社・レクザムに売却し[5]、「屋島レクザムフィールド」の愛称で2017年(平成29年)4月23日に営業を再開した。

施設の概要編集

新競技場編集

 
場内の説明板
  • 日本陸上競技連盟第2種公認
  • トラック:400m×8レーン(メインスタンド直線部分は9レーン)、青色の全天候舗装を採用
  • 総収容人員:6000人
    • メインスタンド:3500人(個席)
    • バックスタンド:1500人(階段席)
    • 東サイドスタンド:1000人(芝生席)
  • 大型映像装置:表示板 縦6.4m×横12.0m、一面
  • ナイター照明:屋根一体型、LED投光器
  • 付属施設
    • 屋内練習場:棒高跳びの公認競技場を併設
    • 補助競技場:1周200m×6レーン、クレー舗装
    • スポーツ広場:憩いの場に「イサム・ノグチ」の彫刻遊具を配置[6]
    • 駐車場:370台

同競技場の改修後のコンセプトは、コンパクトで多機能性のあるスタジアム。メイントラックは日本陸連第2種公認のもので設計し、瀬戸内海や相引川などを連想し、屋島の景観とも調和したブルートラックを採用した。フィールドはサッカーラグビーなどの全国大会規模にも利用できるよう、天然芝を敷いている[7][8]。なお収容人員がJ2以上に参加する基準を充足していないため、Jリーグの試合には使われないものの、カマタマーレ讃岐の練習、および四国社会人大学のサッカーリーグ戦など、地域のアマチュア規模のレベルのサッカー・ラグビーの大会には使用されている[9]

バックスタンドから西側スタンドに、棒高跳びの公認競技ができる室内競技場が全国で初めて併設されている。400メートルのトラックと同じ曲率の走路では、走り幅跳びなどができる[7][8]

駐車場から客席とトラックにスロープで移動できる。またエレベーターの設置などユニバーサルデザインの視点を取り入れた施設で、障がい者スポーツの拠点として利用できる[6]


 
メインスタンド・メインフィールドを臨む

旧競技場(閉鎖前)編集

 
旧競技場のメインスタンド
 
旧競技場の石造銘板
  • 日本陸上競技連盟第3種公認(1997年に第2種から第3種へ格下げ)
  • トラック:全天候舗装400m×8レーン
  • フィールド:天然芝
  • メインスタンドが座席、他芝生席
  • 夜間照明2基
  • 付属施設
    • 補助競技場:250m×6レーン(クレー舗装)

主なイベント・大会編集

  • 第29回日本パラ陸上競技選手権大会(平成30年9月1日~2日)[10]

その他編集

条例および住民合意事項に基づき、「周辺住民が迷惑する太鼓などの鳴り物入りの応援」は、運営規則で禁止されている。

競技場の南側は相引川北岸であり、競技場の北側は高松琴平電気鉄道の車両が走行する。また東出入口の道路を隔て、高松市立屋島中学校があり、西出入口(正門)の道路を隔て、四国電力(株)総合研修所が立地する。

競技場の西出入口(正門)前の北西角の道沿いに、公衆トイレが設置されている。

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 落札業者決定/新屋島陸上競技場建設。四国新聞、2014年5月13日閲覧ほか。
  2. ^ a b 高松市屋島競技場/屋島レクザムフィールド完成。日刊建設工業新聞、2017年4月21日閲覧。
  3. ^ 特集 高松市屋島競技場〈屋島レクザムフィールド〉 
  4. ^ a b 四国新聞 (2012年9月20日). “59年間ありがとう/屋島陸上競技場、10月末閉場”. 2012年9月20日閲覧。
  5. ^ 契約期間は2022年3月末までの5年間「屋島レクザムフィールド」に - 読売新聞、2016年11月17日
  6. ^ a b 広報たかまつ、2017年4月15日 (PDF)”. 高松市 (2017年4月15日). 2018年3月7日閲覧。
  7. ^ a b c d 「屋島レクザムフィールド(高松市屋島競技場)」の栞、高松市、2017年。
  8. ^ a b 屋島競技場/新装オープン。四国新聞、2017年4月24日閲覧。
  9. ^ 平成29年度カレンダー
  10. ^ 「第29回日本パラ陸上競技選手権大会」開催日決定 - 高松市

外部リンク編集