メインメニューを開く

高松琴平電気鉄道60形電車(たかまつことひらでんきてつどう60がたでんしゃ)および70形電車(初代)(70がたでんしゃ)は、高松琴平電気鉄道が保有していた電車である。60は両運転台の制御電動客車、70は片運転台の制御客車。もと東京急行電鉄品川線・湘南線(現、京浜急行電鉄)サハ5100形、デハ5100形および厚木線(現、相鉄本線)クハ3140形で1948年に入線した。のちに、他社から購入した車輌および他形式から編入により、最大時で10両が在籍したが、木造車や簡易鋼体化車(ニセスチールカー)は1960年代に廃車、残った車両も近年廃車が進み、2007年11月4日に同形式としては最後の車両である、65号のさようなら運転が行われ、全車消滅した。

目次

車輌来歴編集

61~65、71~73(もと東京急行電鉄クハ5100、クハ3140)編集

 
60形62 (白山~井戸)1999年11月
 
60形65 (仏生山工場にて)2007年2月
 
60形65(+230、瓦町にて)
 
65 さようなら運転 65+300+23+120+500

1913年天野工場。京浜電気鉄道が製造した29号形・32号形・36号形である。形式はことなるが車体はほぼ同じで、木造で両運転台の電動客車。客用扉はなく、オープンデッキの軌道線タイプの車輌であった。 のちに、鉄道線専用にステップの廃止と連結器の取りつけが行われた。更に、1930年代後半にオープンデッキ部および車体中央に外側式の引扉を新設している。また28号形は制御車に、32号形は附随車になった。

1941年に京浜が東京横浜電鉄に合併し東京急行電鉄となった際には、ク29形はクハ5220形、ク32形はサハ5100形、デ36形はデハ5100形に改称された。このうちクハ5220形は1945年から東急に経営委託された相模鉄道(東急厚木線)に転属し、クハ3140形となった。

戦後、運輸省63形の割り当てを受けた東急は、見返りの供出車の一つに5100形と3140形を選定した。このうち7両を高松琴平電鉄が譲りうけ、1948年に入線した。うち、4両が電動車に改造され長尾線・志度線の60形61~64に、3両は制御車になり、長尾線・志度線用の70形71~72と琴平線用の15000形1510となった。なお、1510は1955年に長尾線・志度線に転属し70形73に改番・編入されている。

しかし、木造である上に戦後混乱期の酷使により車体の疲弊が激しかった。そのため1950年代に入ると、各車各様の補強工事を受けることになる。先ず63が前面のみを簡易鋼体化、続いて61・64・71・1510が前面・側面ともに簡易鋼体化を受けている。これらは木造車体に鋼板を張っただけのいわゆる「ニセスチールカー」だった。

次に施行された62は、最も状態が悪かったため、1953年に今橋工場で台枠のみを拡幅の上で流用して車体を新造した。1952年製の10000形の流れを汲む側面2扉・ノーシル ノーヘッダーで、前面は当時の1010形と同じく非貫通2枚窓である。窓配置はd2D6D2、パンタグラフは高松築港・志度側に取り付けられた。

最後まで未改造だった72も1960年に車体を新造した。同時に電動車に改造され、60形65に改番されている。車体はやはり側面2扉であるが、上段Hゴム支持のいわゆるバス窓を客用窓に採用し、前面は貫通扉つき、また張上げ屋根となっている。窓配置とパンタグラフの位置は62と同じだが、長さはこちらのほうが若干長い。

1966年の志度線の架線電圧昇圧に際し、簡易鋼体化車は1968年までに廃車された。一方で、車体新造の62・65は昇圧改造を受けた。なお、1981年には62の前面を貫通扉つきに改造している。

1994年、瓦町駅近代化に伴う志度線分断により、62は長尾線、65は志度線の所属となった。

600形・700形の増備に伴い、62が2002年12月に廃車になった。引退に際し、同時に廃車になった67と共に旧塗装の茶色とクリーム色に戻され、さようなら運転を行っている。

その後、高松空港に隣接する「さぬきこどもの国」に保存され、休憩室として利用されている。状態は良好である。なお、基本的に車内は現役当時のままであるが、つり広告を撤去し、60形の写真が掲示されている。

一方、65は志度線分断の時点で850形850とほぼ固定編成で使用されていたが、600形の入線に伴い1998年に850が廃車になったあとは、主に朝夕の増結用になり、稼働率は大きく下がった。2005年に車体塗装が赤とクリーム色から、茶色とクリーム色の旧型車標準色に変更されている。

65は2006年10月600形800番台の転入に伴い長尾線に転属し、この時に方向転換されジャンパ栓が付けかえられた。2007年8月からは動態保存車となっていたが、台枠の傷みが激しくなったため11月4日さようなら運転を実施し、廃車となり解体された。しかし台車と主電動機は動態保存車の120に転用され、120は経済産業省による近代化産業遺産認定車にも拘わらず非オリジナル台車となってしまった。

66(もと20形(2代))編集

20形 (2代)を参照。

67(2000形からの改造車)編集

 
60形67(+100+300、春日川付近にて)
  • この車両は車歴が他の車両と全く異っている。この車両はもと宮城電気鉄道(現在のJR仙石線)のサハ302で、国鉄に買収される直前に制御車化されてクハ302となった。
  • 買収後もしばらく使用されたが、1950年代初頭に廃車となった。
  • 廃車後、もう2両の制御車とともに琴平入りし2000形220号として営業を開始した。
  • 1965年に鋼体化されて、60形67号に改番され、同時に制御電動車となった。しかし、他の2両と同じ車体に乗せかえる事は行わず、3扉ロングシートのままであった。元の木造車体の寸法で鋼体化したため、窓が小さく古めかしいスタイルであった。
  • もう2両の制御車のうち、210号は木造のまま1969年に廃車。230号は1957年の鋼体化後も制御車として運用され、老朽化のため1998年に廃車となった。
  • 67号はその後2003年老朽化のため62号と組んださようなら運転の後廃車となった。
  • この際、茶色とクリームの旧型車レトロ色に塗り替えられた。
  • 廃車後は保存も検討されたが、引き取り手が現れずそのまま解体された。

74(もと山陽電気鉄道1000形)編集

もと山陽電気鉄道の1003号で、1923年川崎造船製。1955年に入線した。もともとは神戸姫路電気鉄道(現在の山陽電気鉄道本線 山陽明石~山陽姫路)が開業にあたって新造した1形である。木造で両運転台の電動客車だった。

しかし、宇治川電気に合併後、旧・兵庫電気軌道(兵庫~明石)との直通に際して、1928年に機器を新造の51形に流用して廃車となる。そのうちの6輌の車体は山陽電気鉄道独立後の1942年、車体を中央で切断して幅を詰めた上で制御車の76形となった。(詳しい経緯は山陽電気鉄道の旧型電車を参照)

のちに114に改番、更に1003となり、電動車の107と固定編成を組んだ。これを編成ごと琴電が譲りうけたが、琴電では編成解除され、107は琴平線の制御車920形として竣工している。

窓配置はC3-1D2.2.2D2.2.2D1で、高松築港側に運転台を持っていた。屋根はシングルルーフである。

木造のまま1968年に廃車された。

車歴編集

  • 琴電61←東京急行電鉄デハ5104←京浜電気鉄道デ36
  • 琴電62←東京急行電鉄デハ5105←京浜電気鉄道デ37
  • 琴電63←東京急行電鉄デハ5106←京浜電気鉄道デ38
  • 琴電64←東京急行電鉄デハ5107←京浜電気鉄道デ39
  • 琴電71←東京急行電鉄サハ5101←京浜電気鉄道デ33
  • 琴電65←72←東京急行電鉄サハ5102←京浜電気鉄道デ34
  • 琴電73←1510←東京急行電鉄クハ3143←クハ5223←京浜電気鉄道デ30


  • 琴電66←21←京浜急行電鉄デハ113←東京急行電鉄デハ5113←京浜電気鉄道デ13


  • 琴電67←220←国鉄クハ302←宮城電気鉄道クハ302←サハ302


  • 琴電74←山陽電気鉄道1003←114←76

参考資料編集

  • 宮崎光雄「私鉄車輌めぐり[69] 高松琴平電気鉄道(上)」、鉄道ピクトリアル190号、電気車研究会、1966年11月
  • 宮崎光雄「私鉄車輌めぐり[69] 高松琴平電気鉄道(下)」、鉄道ピクトリアル191号、電気車研究会、1966年12月
  • 真鍋裕司「私鉄車輌めぐり[121] 高松琴平電鉄(下)」、鉄道ピクトリアル404号、電気車研究会、1982年6月
  • 真鍋裕司「琴電 近代化への歩み」、鉄道ピクトリアル574号、電気車研究会、1993年4月増刊
  • 高島修一「他社へ行った京急の車両」、鉄道ピクトリアル656号、電気車研究会、1998年7月増刊