メインメニューを開く

高林 孝行(たかばやし たかゆき、1967年9月12日 - )は、元社会人野球選手(内野手外野手)。東京都千代田区出身。日本石油に所属していた。

高林 孝行
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都千代田区
生年月日 (1967-09-12) 1967年9月12日(52歳)
身長
体重
172 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 1996年
オリンピック
野球
1996 男子

父は元プロ野球選手の高林恒夫

来歴・人物編集

立教高校(現・立教新座高校)では、1984年秋季関東大会県予選準々決勝に進むが、エース原口哲也を擁する熊谷商に完封負け。翌1985年夏の県予選では、同期の平田国久(立大-日本生命)の好投もあり、決勝で石田雅彦のいた川越工を破り、夏の甲子園に出場。1回戦はエース吉田直喜を骨折で欠く佐世保実を降すが、2回戦では東洋大姫路高豊田次郎に抑えられ大敗を喫する。他の同期に黒須陽一郎がいた。

卒業後は平田、黒須とともに立教大学に進学。東京六大学野球リーグでは1年生から活躍し、1989年秋季リーグではチームを23年・46シーズンぶりの優勝に導いた。同年の明治神宮野球大会では準優勝。リーグ通算98試合出場、372打数101安打、打率.272、7本塁打、36打点。ベストナイン(二塁手)1回。長嶋一茂は高校・大学の2学年先輩に当たる。

プロ野球のスカウトも注目する好素材だったが、卒業後は日本石油に入社し、チームの中心選手として活躍。1991年社会人野球日本選手権では、エース鈴木健を擁し、決勝で大阪ガスとの接戦を制し優勝を飾る。 1992年からは4年連続で社会人ベストナイン(外野手)に選出された。1993年都市対抗は、決勝で日本通運を延長11回の熱戦の末に降し優勝。1995年都市対抗でも、決勝でNKKに延長10回サヨナラ勝ち。エース高橋憲幸の好投を支え、8回目の優勝に貢献した。

国際大会では、1994年アマチュア野球世界選手権アジア大会1995年インターコンチネンタルカップの日本代表に選出される。 1996年アトランタオリンピックでは、野球日本代表として銀メダルの獲得に貢献した。1997年のインターコンチネンタルカップでも日本の優勝に貢献。

1997年限りで現役を引退、同時に会社も退社した。現在は家業の神田神保町の古書店を継ぎ父の恒夫ともども店の経営に当たっていたが、2009年に父が他界している。2011年1月より古書店経営の傍ら、母校・立教新座高校野球部監督に就任[1]

日本代表キャリア編集

主な表彰・タイトル編集

関連書籍編集

不惑の年(40歳)を迎えたKKコンビと同学年の9人(うちプロ経験者8名)に、KKコンビに関する取材をしたノンフィクション。第五章が高林自身の章で、高林自身の球歴と現役引退後について、自身から詳細に語られる。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集