メインメニューを開く

高校演劇(こうこうえんげき)は、日本高校生が行う演劇活動の総称。現代演劇の1ジャンルである学生演劇のうちの1つ。特に部活動として演劇部が校内外で行う演劇活動と、大会に向けて上演する作品のことを指し高校演劇と呼ぶ。

目次

概説編集

日本の高等学校では、小学校や中学校と同じく、文化祭などの学校行事の中で演劇が取り入れられることが多く、都立国立高校など、文化祭の目玉として演劇がある学校もある[1]。一方で部活動としての演劇活動は、「演劇部」として校内外で演劇公演を行い、全国高等学校演劇協議会に加盟し、同協議会が主催する大会(コンクール)において作品を上演する。全国高等学校演劇協議会に加盟している高校の数は2100校である(2017年度現在)[2]

以下では、主に部活動としての高校演劇について述べる。

歴史編集

大正期、坪内逍遙らにより、教育における演劇の導入が提唱された[3]。これは特に児童期(特に小学校)における学校劇の導入に一定の指針を示すものであったが、高校における演劇活動についても、その基礎が逍遙らにより同時期に形成された。

その後、第二次世界大戦期に演劇活動は全般的に規制されたが、終戦後は高校演劇も再興した。福島県東京都福井県では、1947年より都道府県単位での高校演劇大会が行われており、また現在のブロック大会にあたる大会(全国大会の下部大会)についても、中部日本ブロックが1948年から、北海道ブロックが1951年より行われており、その歴史は古い[4]1955年からは全国大会(全国高等学校演劇大会)が開催されている。

高校演劇の特徴編集

総括的な特徴編集

演じる内容について、高校演劇と「大人の演劇」を区別する基準はない。異なる部分は、演者が高校生であるか大人であるかだけである。しかしながら、高校生活は3年間しかなく、大会を勝ち上がることに目標が置かれることもあり、商業演劇小劇場演劇と異なる「特殊性」を持つことがある。劇作家演出家である平田オリザは、高校演劇について「(大会で)負けたら終わり」であることが一番の特殊性であると述べている[5]。1つの作品を何度も上演できる商業演劇・小劇場演劇に対してと、大会で「敗退」してしまえば1年に1度きりの上演となってしまう高校演劇の作品へ対しての、それぞれの作り手がかける思いの違いがあることが伺える。

また、高校演劇出身者である中屋敷法仁は、高校演劇を「絶対に二度とできない」と表現し、そこに存在するアマチュアリズムと、高校生だけが持ち、大人が得ることができない思想・肉体を通した表現が一番の特徴であると述べている[6]

一方で高校演劇に対する風当たりもある。特に「高校演劇は稚拙である」というイメージである。劇作家・演出家・俳優であり高校教員でもある畑澤聖悟は「『高校演劇みたいな芝居だ』というような言い方をする人がいるように、高校演劇というものが不遇に扱われてしまっている」と述べており[7]、本来演劇作品は作り手の違いで作品内容が評価されるべきではないのにかかわらず、高校演劇が貶められていることに対し懸念を示している。

戯曲の特徴編集

高校演劇大会の規則[8]では、上演時間が60分までとされていることから、戯曲は総じて60分未満で上演できるよう書かれる。

作品内容に関する規則はなく、高校生が等身大の自分を描いた「青春もの」でも、戦争震災をテーマにしたものなど何でもよい。たとえば前述の畑澤が青森中央高校のために書き下ろした『修学旅行』[9]は、修学旅行のために沖縄に訪れた高校生の青春模様を描く一方で、そこに戦争のモチーフを重ね合わせていると解釈できる作品である。

一方でプロの戯曲と比べ、台詞が、状況や心情をあまりに直接的に語るような「説明的」なものであるとされ[10]、これが「高校演劇的である」とされる一端でもあるだろう。

高校演劇のために書き下ろした戯曲が書籍化されることも多く、晩成書房によって『高校演劇セレクション』という戯曲集が、同人誌ではあるが戯曲集『季刊高校演劇』が1年に5巻定期販売されている。

大会の特徴編集

映像外部リンク
  『幕が上がる』映画予告編 - YouTube 予告編にも「一発勝負の戦い」とあり、大会での上演が1年に1度の集大成であることが窺える。

演劇部の多くは全国高等学校演劇大会(全国大会)の下部大会に出場し、全国大会を目指していく。地区大会の大半は9月に行われ、そこで優秀な上演をおさめ、審査員による審査で上位大会に推薦されれば、10~11月に行われる都道府県大会、12月ごろに行われるブロック大会へと駒を進めていく。しかし全国大会は次年度の8月に行われるため、ブロック大会と全国大会との間で、3年生が抜け1年生が入部する「代替わり」が行われることが一つの特徴である。吹奏楽放送といった他の部活のコンクールと比べ、全体のスケジュールが長く、全国大会が決まった演劇部は1年近く同じ作品に向き合う形となる。

また一連の大会は1年に1度しかないので、地区大会止まりだった演劇部は次年度まで大会に関わることはない。大会がない時期は、自主公演を行ったり市民劇団や地域の演劇祭に参加したりするなど、さまざまな形で活動を行っている。

著名な出身者編集

全国大会出場経験者編集

その他編集

高校演劇を扱った作品編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ "1万人集客 都立国立高校「日本一の文化祭」を拝見" NIKKEI STYLE, 2018年2月13日閲覧.
  2. ^ 演劇創造 第137号』(PDF)pp. 28-全国高等学校演劇協議会、2018年2月13日閲覧.
  3. ^ "坪内逍遥(1859− 1935)の児童演劇教育観" 南元子
  4. ^ "2017年度(平成29年度) 都道府県大会・ブロック大会一覧" 全国高等学校演劇協議会、2018年2月13日閲覧.
  5. ^ "【映画『幕が上がる』公開記念/平田オリザ インタビュー】この作品をきっかけに、たくさんの新入生が演劇部に入部してくれたら。" ゲキ部!-高校演劇応援マガジン、2018年2月13日閲覧.
  6. ^ "【中屋敷法仁インタビュー】自分には、演劇しかなかった。" ゲキ部!-高校演劇応援マガジン、2018年2月13日閲覧.
  7. ^ "【畑澤聖悟インタビュー】なぜ高校演劇は貶められるのか。" ゲキ部!-高校演劇応援マガジン、2018年2月13日閲覧.
  8. ^ "全国高等学校演劇協議会規約" 全国高等学校演劇協議会、2018年2月13日閲覧.
  9. ^ 畑澤聖悟 『修学旅行』 日本劇作家協会〈二十一世紀戯曲文庫 ベストセレクションvol.1③〉。ISBN 4-903709-06-X 
  10. ^ 『演劇入門』 平田オリザ、講談社現代新書、1998。
  11. ^ “黒木瞳と六角精児~「高校演劇出身者」の憂鬱(ニッポン放送) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00010017-nshaberu-ent&p=1 2018年11月30日閲覧。 

外部リンク編集