高校生のゴンクール賞

高校生のゴンクール賞(こうこうせいのごんくーるしょう:Prix Goncourt des lycéens)は、フランスの高校生(15歳から18歳までのリセの学生)2,000人が選ぶ文学賞であり、ゴンクール賞の一部門として1988年に創設された。

高校生のゴンクール賞
Prix Goncourt des lycéens
受賞対象ゴンクール賞候補作から、フランスの高校生2,000人によって選出される小説。
開催日11月中頃
フランスの旗 フランス
主催国民教育省
初回1988年
最新回2019年
最新受賞者カリーヌ・チュイルフランス語版Les Choses humaines
公式サイトPrix Goncourt des lycéens - 国民教育省

概要編集

高校生のゴンクール賞は、1988年にレンヌフランス語教員とフナック書店代表によって創設された[1][2][3]。高校生に現代フランス文学に親しむ機会を与え、読書意欲を高めることを目的とした本賞は、現在、国民教育省が、ゴンクール・アカデミーフランス語版の協力を得て、フナックおよび行政的公施設法人カノペ・ネットワークフランス語版(教育創造支援ネットワーク、旧全国教育資料センター)との連携により運営している[4]。最終審査と発表は11月初旬のゴンクール賞発表の約1週間後にレンヌ市庁舎で行われる[5]

選考過程編集

最初に、教員の希望に基づいて、全国のリセから約50校(計2,000人)を選出する。9月初旬にゴンクール・アカデミーがゴンクール賞候補作品(約15作)を発表する。フナックが全候補作(1作につき5部ずつ)を選出されたリセ50校に送付する。高校生は2か月かけて候補作を読む。このために、各リセで教員が授業でこれらの作品を取り上げ、解説する。この間、候補作家を招いて7回のシンポジウムが行われ、高校生は作家から直接話を聞くことができる。各リセは上位3作を選出し、次に、各リセが選出した高校生1名が地域(2019年はパリリールトゥールーズ、レンヌ、ナンシーリヨンマルセイユ)の選考委員会に出席し、上位3作の選出理由を説明する。各地域の選考委員会が代表2人および上位3作を選出する。レンヌで非公開の最終審査が行われ、ゴンクール賞発表の約1週間後に高校生のゴンクール賞が発表される[4]

受賞作家・作品一覧編集

受賞作家 受賞作品 邦訳(同作品が受けた他の賞)
1988 エリック・オルセナフランス語版 L'Exposition coloniale (ゴンクール賞)
1989 ジャン・ヴォートラン Un grand pas vers le bon Dieu (ゴンクール賞)
1990 フランソワーズ・ルフェーヴルフランス語版 Le Petit Prince Cannibale
1991 ピエール・コンベスコフランス語版 Les Filles du Calvaire (ゴンクール賞)
1992 エドゥアルド・マネフランス語版 L'Île du lézard vert
1993 アンヌ・ヴィアゼムスキー Canines
1994 クロード・ピュジャード=ルノーフランス語版 Belle mère
1995 アンドレイ・マキーヌ Le Testament français 『フランスの遺言書』星埜守之訳、水声社、2000年(ゴンクール賞、メディシス賞
1996 ナンシー・ヒューストン Instruments des ténèbres 『暗闇の楽器』 永井遼、いぶきけい共訳、水声社、2010年(アンテル図書賞)
1997 ジャン=ピエール・ミロヴァノフフランス語版 Le Maître des paons
1998 リュック・ラングフランス語版 Mille six cents ventres
1999 ジャン=マリー・ラクラヴティーヌフランス語版 Première Ligne
2000 アマドゥ・クルマ Allah n'est pas obligé 『アラーの神にもいわれはない』真島一郎訳、人文書院、2003年(ルノードー賞
2001 山颯 La Joueuse de go 『碁を打つ女』平岡敦訳、早川書房、2004年
2002 ロラン・ゴデフランス語版 La Mort du roi Tsongor (書店賞)
2003 ヤン・アペリフランス語版 Farrago 『ファラゴ』大浦康介訳、河出書房新社、2008年
2004 フィリップ・グランベールフランス語版 Un secret 『ある秘密』野崎歓訳、新潮社、2005年
2005 シルヴィー・ジェルマンフランス語版 Magnus 『マグヌス』辻由美訳、みすず書房、2006年
2006 レオノーラ・ミアノフランス語版 Contours du jour qui vient
2007 フィリップ・クローデル Le Rapport de Brodeck 『ブロデックの報告書』高橋啓訳、みすず書房、2009年
2008 カトリーヌ・キュッセフランス語版 Un brillant avenir
2009 ジャン=ミシェル・ゲナシアフランス語版 Le Club des incorrigibles optimistes
2010 マティアス・エナール Parle-leur de batailles, de rois et d'éléphants 『話してあげて、戦や王さま、象の話を』関口涼子訳、河出書房新社、2012年
2011 カロル・マルティネスフランス語版 Du domaine des Murmures
2012 ジョエル・ディケールフランス語版 La Vérité sur l'affaire Harry Quebert 『ハリー・クバート事件』橘明美訳、東京創元社、2014年(アカデミー・フランセーズ小説大賞
2013 ソルジュ・シャランドンフランス語版 Le Quatrième Mur
2014 ダヴィド・フェンキノスフランス語版 Charlotte 『シャルロッテ』岩坂悦子訳、白水社、2020年(ルノードー賞
2015 デルフィーヌ・ドゥ・ヴィガンフランス語版 D'après une histoire vraie (ルノードー賞)
2016 ガエル・ファイユフランス語版 Petit Pays 『ちいさな国で』加藤かおり訳、早川書房、2017年(フナック小説賞)
2017 アリス・ゼニテールフランス語版 L'Art de perdre (ル・モンド文学賞)
2018 ダヴィッド・ジョップフランス語版 Frère d'âme
2019 カリーヌ・チュイルフランス語版 Les Choses humaines アンテラリエ賞

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Le prix Goncourt des lycéens décerné à David Diop pour son roman "Frères d'âme"” (フランス語). France Bleu (2018年11月15日). 2019年6月16日閲覧。
  2. ^ Le Goncourt des Lycéens décerné ce jeudi à Rennes : 30 ans d'une épopée littéraire” (フランス語). France 3 Bretagne (2018年11月15日). 2019年6月16日閲覧。
  3. ^ Prix : Goncourt - Lycéens. Prix littéraires sur Babelio.” (フランス語). www.babelio.com. 2019年6月16日閲覧。
  4. ^ a b Le Prix Goncourt des lycéens” (フランス語). Ministère de l'Éducation nationale et de la Jeunesse. 2019年6月16日閲覧。
  5. ^ Goncourt des Lycéens : rencontre entre auteurs et élèves à un mois du verdict” (フランス語). Franceinfo (2018年10月16日). 2019年6月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

公式ウェブサイト - Prix Goncourt des lycéens - フランス国民教育省