メインメニューを開く

高校聖夫婦』(こうこうせいふうふ)は、1983年4月19日 から 9月27日まで、TBS系列で毎週火曜日20:00 - 20:54に放送された学園ドラマである。

高校聖夫婦
ジャンル 学園ドラマ
原作 佐々木守「中学生共和国」
脚本 佐々木守、長野洋江連卓今井詔二山中伊知郎
監督 土屋統吾郎竹本弘一江崎実生、岡本弘、井上芳夫
出演者 伊藤麻衣子
鶴見辰吾
岡まゆみ
山田邦子
名古屋章 ほか
オープニング 高田みづえ純愛さがし
エンディング 同上
プロデューサー 春日千春、荒川洋、野村清
制作 TBS大映テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1983年4月19日 - 1983年9月27日
放送時間 火曜日20:00 - 20:54
放送枠 TBS火曜8時枠の連続ドラマ
放送分 54分
回数 23
テンプレートを表示

1980年代にブームとなった大映ドラマの初期の作品であり、伊藤麻衣子(のちのいとうまい子)のテレビドラマデビュー作でもある。

ストーリー編集

安西俊と上条典子は、同じ学校に通う高校3年生。ある日お互いの事情から、なりゆきでカモフラージュ結婚をすることとなった。俊は、早くに両親を交通事故で亡くし、現在は姉と二人暮らし。学校では、野球部で最後の甲子園出場のチャンスにかけて練習に励んでいた。ところが俊にアメリカ行きの話が持ち上がる。姉がアメリカ人と結婚し、アメリカで生活することが決まり、俊を独り置いておくのが心配となり、一緒に連れて行きたいと言い出す。甲子園に出場したい俊は、姉に典子を恋人と偽り、一緒に暮らしたいと説得を試みる。一方の典子は、最近父親が若い女性と再婚したことから、家を出たいと考えていた。利害が一致したことにより、お互いの家族には恋人同士と偽り、俊の家で生活することを了承してもらおうとする。俊の姉と典子の両親が話し合った結果、正式に結婚することになり、奇妙な共同生活が始まった。

最初は偽装であったが、さまざまな経験を通じて、二人の間には、本物の愛情が芽生え、本当の夫婦になっていく。

登場人物編集

スタッフ編集

サブタイトル編集

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率[1]
1 1983年4月19日 先生、ぼくたち結婚しました 佐々木守 土屋統吾郎 15.0%
2 4月26日 聖生活五つの誓い 竹本弘一 14.1%
3 5月03日 ふるえる女心 長野洋 土屋統吾郎 11.5%
4 5月10日 右の者 退学を命ず 今井詔二 13.5%
5 5月17日 破局 江連卓 竹本弘一 11.6%
6 5月24日 招かざる客 江崎実生 15.2%
7 5月31日 脱落 今井詔二 13.4%
8 6月07日 想い出づくり 土屋統吾郎 14.3%
9 6月14日 それは偽りの愛 江連卓 12.3%
10 6月21日 神は色々な姿で愛を試す 長野洋 岡本弘 15.8%
11 6月28日 純愛ゆえの暴走 江連卓 土屋統吾郎 14.7%
12 7月05日 青春の甘い誘惑 今井詔二 井上芳夫 15.8%
13 7月12日 愛を超える愛 佐々木守 江崎実生 11.0%
14 7月19日 夏は別れの季節 13.0%
15 7月26日 一人ぼっちの夏 江連卓 土屋統吾郎 13.6%
16 8月02日 さよなら聖少女 佐々木守 17.1%
17 8月16日 奪うだけの愛 江連卓 江崎実生 15.4%
18 8月23日 波に裂かれた愛 17.1%
19 8月30日 私だって愛が欲しい 山中伊知郎 土屋統吾郎 12.2%
20 9月06日 落ちこぼれの愛 長野洋 12.6%
21 9月13日 青春悲しみ交差点 江連卓 江崎実生 14.8%
22 9月20日 赤ちゃんが欲しい 佐々木守 22.1%
23 9月27日 完全なる結婚 土屋統吾郎 18.8%

脚注編集

  1. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ。
TBS系 火曜20時台の連続ドラマ(1983年4月 - 1983年9月)
前番組 番組名 次番組
高校聖夫婦