メインメニューを開く

高校野球全国大会の記録一覧

ウィキメディアの一覧記事

この項目は日本の高校野球(男子硬式)のうち、阪神甲子園球場で行われる選抜高等学校野球大会および全国高等学校野球選手権大会での主な記録について記述する(明治神宮野球大会は除く)。

学校名は出場当時の校名で記載している。

目次

団体記録編集

大会団体通算記録
記録 通算 選抜高等学校野球大会 全国高校野球選手権大会
最多出場回数 龍谷大平安(京都) 75回 龍谷大平安(京都) 41回 北海(北海道) 38回
最多勝利数 中京大中京(愛知) 133勝 東邦(愛知) 56勝 中京大中京(愛知) 78勝
最多優勝回数 中京大中京(愛知) 11回 東邦(愛知) 5回 中京大中京(愛知) 7回
連勝記録 PL学園(大阪) 20連勝
(53回選抜1回戦〜
54回選抜決勝、
65回選手権1回戦~決勝、
56回選抜1回戦~準決勝)
PL学園(大阪) 14連勝
(53回1回戦~54回決勝、
56回1回戦~準決勝)
中京商
(現・中京大中京、愛知)
22連勝
(17回1回戦〜19回決勝、
23回1回戦~決勝、
35回1回戦~準々決勝)
一大会における団体通算記録
記録 選抜高等学校野球大会 全国高校野球選手権大会
最多本塁打 PL学園 (大阪) 8本 智弁和歌山 (和歌山) 11本
最多得点 東邦商 (愛知) 59点 和歌山中 (和歌山) 75点
最多安打 東海大相模 (神奈川) 74安打 智弁和歌山 (和歌山) 100安打
最多塁打 東海大相模 (神奈川) 113塁打 智弁和歌山 (和歌山) 157塁打
最多盗塁 [1] 和歌山中 (和歌山) 29盗塁
最多犠打 [1] 育英 (兵庫) 30犠打
一試合における団体記録
記録 選抜高等学校野球大会 全国高校野球選手権大会
最多本塁打 PL学園 (大阪) 6本 智弁和歌山 (和歌山) 5本
最多得点 滝川中 (兵庫) 27点 PL学園 (大阪) 29点
最多安打 智弁和歌山 (和歌山)
山梨学院 (山梨)
24安打 PL学園 (大阪) 32安打
最多塁打 PL学園 (大阪) 42塁打 PL学園 (大阪) 45塁打
最多盗塁 広島商 (広島) 14盗塁 土佐 (高知) 13盗塁
最多犠打 箕島 (和歌山)[2]
西武台 (埼玉)[3]
愛工大名電 (愛知)[4]
10犠打 横浜商 (神奈川)
広島商 (広島)
静岡商 (静岡)
9犠打

個人記録編集

個人通算記録
記録 通算 選抜高等学校野球大会 全国高校野球選手権大会
最多勝利 吉田正男(中京商) 23勝 吉田正男(中京商) 9勝 吉田正男(中京商)
桑田真澄PL学園
14勝
最多本塁打 清原和博(PL学園) 13本 清原和博(PL学園) 4本 清原和博(PL学園) 9本
一大会における個人通算記録
記録 選抜高等学校野球大会 全国高校野球選手権大会
最多奪三振 江川卓作新学院 60個 板東英二徳島商 83個
最多本塁打 阿部慶二(PL学園)
藤王康晴享栄
清原和博(PL学園)
元木大介上宮
高木浩之(享栄)
松井秀喜星稜
大森聖也(観音寺中央
下野輝章(東福岡
高田涼太(浦和学院
松本哲幣(敦賀気比
石川昂弥(東邦
3本 中村奨成広陵 6本
最多打点 [1] 中村奨成(広陵) 17点
最多得点 [1] 井口新次郎和歌山中 16得点
最多安打 室岡尚人(観音寺中央)
山崎福也日大三
我如古盛次(興南
13本 水口栄二松山商
中村奨成(広陵)
19本
一試合における個人記録
記録 選抜高等学校野球大会 全国高校野球選手権大会
最多奪三振
(9回での記録)
戸田善紀(PL学園) 21個 松井裕樹桐光学園 22個
連続奪三振 江川卓(作新学院) 8連続 松井裕樹(桐光学園) 10連続
最多本塁打 田嶋豊次郎(和歌山中)
藤田平市和歌山商
阿部慶二(PL学園)
藤王康晴(享栄)
桑田真澄(PL学園)
清原和博(PL学園)
宮内仁一池田
元木大介上宮
高木浩之(享栄)
長沼史朗(春日部共栄
林孝哉箕島
松井秀喜(星稜)
大森聖也(観音寺中央)
赤土善尚(福井商
中村桂司(大阪桐蔭)
中田翔(大阪桐蔭)
平本龍太郎(報徳学園
山田誠也(敦賀気比
岡本和真智弁学園
松本哲幣(敦賀気比)
樺嶋竜太郎(福岡大大濠
藤原恭大(大阪桐蔭)
野村健太(山梨学院
来田涼斗(明石商
石川昂弥(東邦
2本 清原和博(PL学園)
平田良介(大阪桐蔭)
3本
最多安打 田中幸男滝川中
佐坂謙介(鳴門工
平本龍太郎(報徳学園)
畔上翔 (日大三)
6本 笹岡伸好(PL学園)
松島侑也(日大三)
6本
最多打点 松本哲幣(敦賀気比) 8点 須田努(常総学院
筒香嘉智(横浜)
8点
最多盗塁 谷木恭平北海
宇草孔基(常総学院)
竹内諒(常総学院)
5回 原田安次郎(京都一商
五味芳夫甲府中
5回
サイクル安打 北野敏史(箕島) - 杉山慎二郎(平安)
玉川寿(土佐
沢村通(大阪桐蔭)
藤本敏也(明徳義塾
林裕也(駒大苫小牧
-

都道府県別記録編集

※上位5都道府県・第91回選抜高等学校野球大会 終了時点

勝利数編集

通算
順位 都道府県 勝敗
1位 大阪 375勝224敗
2位 兵庫 308勝240敗
3位 東京 302勝256敗
4位 愛知 301勝200敗
5位 和歌山 223勝183敗
選抜高等学校野球大会
順位 都道府県 勝敗
1位 大阪 203勝136敗
2位 兵庫 171勝146敗
2位 愛知 171勝110敗
4位 東京 125勝120敗
5位 和歌山 103勝105敗
全国高等学校野球選手権大会
順位 都道府県 勝敗
1位 東京 177勝136敗
2位 大阪 172勝88敗
3位 兵庫 137勝94敗
4位 愛知 130勝90敗
5位 神奈川 126勝73敗

勝率編集

通算
順位 都道府県 勝率 勝敗
1位 大阪 .626 375勝224敗
2位 神奈川 .616 202勝126敗
3位 高知 .603 184勝121敗
4位 愛媛 .6012 187勝124敗
5位 愛知 .6008 301勝200敗
選抜高等学校野球大会
順位 都道府県 勝率 勝敗
1位 愛知 .609 171勝110敗
2位 大阪 .599 203勝136敗
3位 高知 .596 90勝61敗
4位 岐阜 .595 66勝45敗
5位 徳島 .593 73勝50敗
全国高等学校野球選手権大会
順位 都道府県 勝率 勝敗
1位 大阪 .662 172勝88敗
2位 愛媛 .644 121勝67敗
3位 神奈川 .633 126勝73敗
4位 広島 .613 119勝75敗
5位 高知 .610 94勝60敗

優勝回数編集

通算
順位 都道府県 通算 選抜 選手権
1位 大阪 24回 11回 13回
2位 愛知 19回 11回 8回
3位 神奈川 13回 6回 7回
3位 兵庫 13回 6回 7回
5位 東京 12回 5回 7回
5位 和歌山 12回 5回 7回
5位 広島 12回 5回 7回
選抜高等学校野球大会
順位 都道府県 優勝 準優勝
1位 大阪 11回 10回
1位 愛知 11回 8回
3位 神奈川 6回 4回
3位 兵庫 6回 4回
5位 東京 5回 9回
5位 広島 5回 6回
5位 和歌山 5回 5回
5位 徳島 5回 3回
全国高等学校野球選手権大会
順位 都道府県 優勝 準優勝
1位 大阪 13回 5回
2位 愛知 8回 1回
3位 和歌山 7回 5回
3位 広島 7回 5回
3位 東京 7回 3回
3位 神奈川 7回 3回
3位 兵庫 7回 3回

監督記録編集

太字 は2019年(平成31年)時点での現役監督。

通算勝利数
順位 氏名 校名 出場回数 勝敗 勝率 優勝回数
1 高嶋仁 智弁学園・智弁和歌山 38(春14・夏24) 68勝35敗(春30勝13敗・夏38勝22敗) .660(春.697・夏.633) 3(春1・夏2)
2 中村順司 PL学園 16(春10・夏6) 58勝10敗(春31勝7敗・夏27勝3敗) .853(春.815・夏.900) 6(春3・夏3)
3 西谷浩一 大阪桐蔭 16(春8・夏8) 55勝9敗(春23勝5敗・夏32勝4敗) .859(春.821・夏.889) 7(春3・夏4)
4 渡辺元智 横浜 27(春15・夏12) 51勝22敗(春23勝12敗・夏28勝10敗) .699(春.657・夏.736) 5(春3・夏2)
4 前田三夫 帝京 26(春14・夏12) 51勝23敗(春21勝13敗・夏30勝10敗) .689(春.618・夏.750) 3(春1・夏2)
6 馬淵史郎 明徳義塾 32(春14・夏18) 50勝32敗(春19勝14敗・夏31勝18敗) .610(春.826・夏.633) 1(春0・夏1)
7 木内幸男 取手二・常総学院 22(春7・夏15) 40勝19敗(春13勝6敗・夏27勝13敗) .678(春.684・夏.675) 3(春1・夏2)
8 阪口慶三 東邦・大垣日大 31(春16・夏15) 38勝31敗(春23勝15敗・夏15勝15敗) .551(春.605・夏.500) 1(春1・夏0)
9 蔦文也 池田 14(春7・夏7) 37勝11敗(春21勝5敗・夏16勝6敗) .771(春.808・夏.727) 3(春2・夏1)
9 小倉全由 関東一・日大三 21(春9・夏12) 37勝19敗(春14勝9敗・夏23勝10敗) .661(春.609・夏.697) 2(春0・夏2)
選手・監督として優勝を経験(監督として優勝した順)
氏名 選手での優勝 監督での優勝 備考
大会 校名 大会 校名
高木良雄 1934年春 東邦商 1939年春 東邦商
中村国雄 1925年春 松山商 1950年夏 松山東
西村進一 1938年夏 平安中 1951年夏 平安 旧姓:木村
広瀬吉治 1946年夏 浪華商 1953年春 洲本 史上初の母校以外での達成
亀井巌 1932年春
1935年夏
松山商 1953年夏 松山商 選手時の1932年は控え
真田重蔵 1939年夏
1940年夏
海草中 1963年夏 明星 選手時は夏二連覇、1940年は主戦投手・優勝投手
杉浦藤文 1959年春 中京商 1966年春
1966年夏
中京商 監督としては春夏連覇
迫田穆成 1957年夏 広島商 1973年夏 広島商 選手時は主将
岡本道雄 1964年夏 高知 1975年春 高知
石井好博 1967年夏 習志野 1975年夏 習志野 選手時は主戦投手・優勝投手
川本幸生 1973年夏 広島商 1988年夏 広島商 選手時の優勝監督は迫田穆成
永田裕治 1981年夏 報徳学園 2002年春 報徳学園
森下知幸 1978年春 浜松商 2007年春 常葉菊川 選手時は主将
比嘉公也 1999年春 沖縄尚学 2008年春 沖縄尚学 選手時は主戦投手

脚注編集

  1. ^ a b c d 選抜大会では公式記録として認定されていない
  2. ^ バント8、犠飛2
  3. ^ バント9、犠飛1
  4. ^ バント10

関連項目編集

外部リンク編集