メインメニューを開く

高森牛(たかもりぎゅう)は、山口県岩国市周東地域で生産される牛肉の銘柄である。

歴史編集

1999年に地域ブランドとなった。

高森牛の定義編集

玖西食肉研究会が高森牛の生産・出荷管理等を一元管理している。

周東町は、上久原村・下久原村に分かれていた明治の初期から食肉産業が盛んで、とくに高森町時代になってからは、「高森の肉」として有名であった。

この伝統を受け継ぎ、周東町食肉産業の発展に寄与する目的で、食肉業者共通の牛肉の統一ブランドとして高森牛と命名している。

高森牛は、玖西食肉研究会の会員が、規約で定められた品質基準を満たした生体牛を、次に示す場所でと畜解体処理をした牛肉のみを言う。

1.山口県:岩国市周東食肉センター
2.広島県:広島市中央卸売市場食肉市場
3.大阪府:大阪市中央卸売市場南港市場

輸出用にと畜解体する場合、特別に研究会の承認したと畜場で処理をすることができるものとする。
ただし、全量輸出するものとする。
1.鹿児島県:サンキョウミート有明工場

*財団法人日本食肉消費総合センター編集の銘柄ハンドブックに銘柄牛肉として記載されている。

対象食肉の生産地編集

  • 山口県とする。なお、指定した広島・大阪・鹿児島でのと畜については最終肥育地、かつ飼養期間(子牛育成+肥育)の1/2以上が岩国市周東町で飼養されているものとする。

品質基準編集

  • 品種

交雑種(F1)、黒毛和種

  • 年齢

交雑種(F1)30ヶ月未満、黒毛和種40ヶ月未満

  • 生体規格

玖西食肉研究会が指定した飼料の給与及び肥育マニュアルを遵守した契約農場または指定農場の健康牛でなければならない。
繁殖に供した牛は除く。
概ね、交雑種550kg以上、黒毛和種500kg以上であること。

  • 品質規格

交雑種はB2、B3、相当以上であること。
黒毛和種はA4、相当以上であること。

品種別の表示法編集

高森牛の品種は品質基準に記載しているものであるが、品種の区別を表示する場合は次の様に表示してよいものとする。

  • 高森和牛(黒毛和種)
  • 高森交雑牛(交雑種)

脚注編集


関連項目編集

外部リンク編集