高森藩

越前国に所在した藩

高森藩(たかもりはん)は、越前国丹生郡(現在の福井県越前市高森町)に存在した。丹生に陣屋を構えたことから当初は丹生藩(にうはん)と呼ばれた。

藩史編集

元禄10年(1697年)3月、紀州藩徳川光貞の三男の松平頼職が3万石を分与されて立藩された。しかし宝永2年(1705年)6月、本家を継いでいた徳川綱教が嗣子なく死去したため、弟である頼職が家督を継ぐこととなり、3万石のうち1万石は頼職の弟で同じ丹生郡内に所領(葛野藩)を持っていた頼方(のちの徳川吉宗)に加増され、残る2万石は高森藩として遠州浜松藩松平資俊の次男の松平宗長に与えられた。

宝永6年(1709年)12月、宗長の養子である松平宗胡が跡を継いだが、宗胡が正徳元年(1711年)11月に嗣子なく死去して無嗣断絶し、高森藩は廃藩となった。その後、再度立藩することはなく、明和年間に西尾藩領の一部となって幕末まで続いた。

歴代藩主編集

松平(紀州)家編集

3万石 親藩御連枝

  1. 松平頼職(よりもと)従四位下。左近衛権少将。

松平(本庄)家編集

2万石 譜代

  1. 松平宗長(むねなが)
  2. 松平宗胡(むねひさ)