日本 > 近畿地方 > 大阪府 > 高槻市 > 高槻センター街

高槻センター街(たかつきセンターがい)とは、大阪府高槻市紺屋町高槻町に広がるアーケード商店街。東入り口を阪急みずき通りに、西入り口をけやき大通りに接する。

概要編集

JR高槻駅阪急高槻市駅にほど近いところに位置するアーケード付き商店街。紺屋町、高槻町に跨がる形で広がる。北摂随一の集積地となっている高槻市の中心街の中でも人通りが多く、中核を成すエリアである[1]

歴史編集

1928年昭和3年)に阪急電鉄の前身である京阪神急行電鉄高槻町駅(現高槻市駅)を開業させ、それに伴って小規模な商店が集まり、更にその3年後の1931年昭和6年)に新京町商店街としてオープンした。永らく狭い高槻センター街がバス通りに指定されていたが、商店街組合などの反対もあり、1970年に全面通行止めとなった。翌年には名称を高槻センター街と改め、アーケードも設置された[2]

事務局編集

高槻センター街にほど近いところに位置する高槻センター街ビルの中に位置する。センター街ビルには駐車場が併設されている[3]

マスコットキャラ編集

がモチーフの高槻セン太。青色をしており、頭には黄色いが寄生している。また、センター街のロゴが入った赤色エコバッグを肩からかけている。名前は、センター街の公式アカウントがTwitterで募集した[4]

テーマソング編集

  • 高槻センター街の歌[5]

アクセス編集

最寄駅・バス停編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 高槻センター街<たかつきせんたーがい>/高槻市ホームページ”. www.city.takatsuki.osaka.jp. 2020年5月16日閲覧。
  2. ^ 【高槻雑学】高槻の中心部にある高槻センター街っていつできたの?│みんなのじもとみんなのじもと” (日本語). minjimo.com. 2020年5月16日閲覧。
  3. ^ アクセス・駐車場 - ナイス街 高槻。 ~お買物は高槻センター街へ”. www.centergai.net. 2020年5月16日閲覧。
  4. ^ TCT - ナイス街 高槻。 ~お買物は高槻センター街へ”. www.centergai.net. 2020年5月16日閲覧。
  5. ^ 高槻センター街のうた - ナイス街 高槻。 ~お買物は高槻センター街へ”. www.centergai.net. 2020年5月16日閲覧。
  6. ^ アクセス・駐車場 - ナイス街 高槻。 ~お買物は高槻センター街へ”. www.centergai.net. 2020年5月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集