高槻市立如是小学校

大阪府高槻市にある小学校

高槻市立如是小学校(たかつきしりつ にょぜしょうがっこう)は、大阪府高槻市如是町にある公立小学校

高槻市立如是小学校
Takatsuki City Nyoze elementary school.jpg
過去の名称 第三小区五番小学校
津之江小学校
島上郡如是尋常小学校
三島郡如是尋常小学校
三島郡如是尋常高等小学校
三島郡如是国民学校
高槻市如是国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 高槻市
併合学校 島上郡公立五十住小学校
設立年月日 1874年3月5日
創立記念日 3月5日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 569-0827
大阪府高槻市如是町2番3号

北緯34度50分11.4秒 東経135度36分20.3秒 / 北緯34.836500度 東経135.605639度 / 34.836500; 135.605639座標: 北緯34度50分11.4秒 東経135度36分20.3秒 / 北緯34.836500度 東経135.605639度 / 34.836500; 135.605639
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

高槻市の市立小学校としては、最も広い運動場を有している。

沿革編集

学制発布に伴い、1874年に当時の島上郡津之江村に設置された小学校を起源としている。町村制実施により津之江・東五百住・西五百住・芝生・庄所の5村が合併して如是村となったことに伴い、如是小学校となった。学校設置の経緯から、町村制に基づく如是村発足後も大字(旧村)によっては別の村の学校に通学していたが、後年になって如是小学校の校区に編入されている。

村名および学校名は、地域を流れる女瀬川(にょぜがわ、現在は「如是川」とも表記する)から、経典の同音の「如是我聞」の字をあてて名付けられている。

1934年室戸台風では校舎が倒壊し、児童30名と教員2名が死亡するなどの大きな被害を出した。校内には室戸台風殉難之碑が建立されている。

地域の宅地化により1960年代以降には児童数が急増した。このことに伴い1970年以降、芝生津之江五百住の3小学校を相次いで分離している。

通学区域編集

  • 高槻市 如是町、津之江町2・3丁目。
卒業生は基本的に高槻市立如是中学校に進学する。

交通編集

関連項目編集

外部リンク編集