メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

高橋 よしひろ(たかはし よしひろ、1953年9月18日 - )は、日本漫画家秋田県雄勝郡東成瀬村出身。血液型はB型。初期のペンネームに「高橋義弘」「高宮じゅん」「結城剛」など。漫画の第一人者。

高橋 よしひろ
Yoshihiro Takahashi.jpg
本名 高橋義廣(読み同じ)
生誕 (1953-09-18) 1953年9月18日(65歳)
日本の旗 日本秋田県雄勝郡東成瀬村
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1971年 -
ジャンル 少年漫画
代表作白い戦士ヤマト
銀牙 -流れ星 銀-』など
受賞 1973年:第5回手塚賞佳作(『おれのアルプス』、高橋義広名義)
1987年:第32回(昭和61年度)小学館漫画賞受賞(『銀牙-流れ星銀-』)
公式サイト 銀牙伝説WEED FANオフィシャルページ
テンプレートを表示

目次

来歴編集

秋田県雄勝郡東成瀬村の自然に囲まれた田舎で生まれ育つ。川崎のぼる石川球太の影響を受け小学6年生の頃より漫画を描き始める。中学卒業後、愛知県の自動車工場に就職。その後、職を転々としながら漫画家を目指す。名古屋市の理容店で働いている時に店主に勧められ漫画家として上京する。1971年に上京、本宮ひろ志のアシスタントとなる。この年、週刊少年ジャンプ・第3回手塚賞に『下町弁慶』を応募するが落選。しかし、編集者の目にとまり掲載されることになった(事実上のデビュー作)。

1973年、再び週刊少年ジャンプ・手塚賞に応募し佳作を受賞。(第5回『おれのアルプス』、高橋義広名義)。同年、本宮の紹介で『別冊少年ジャンプ』(後の『月刊少年ジャンプ』)に『あばれ次郎』を連載開始(高宮じゅん名義、高橋の「高」と師匠・本宮の「宮」、妻の名前「じゅん」を合わせたペンネーム)。1976年より『週刊少年ジャンプ』に『悪たれ巨人』、『月刊少年ジャンプ』に『白い戦士ヤマト』を同時連載する。

1983年、『週刊少年ジャンプ』に代表作となる『銀牙 -流れ星 銀-』を連載開始。1987年、同作品で第32回(昭和61年度)小学館漫画賞受賞。『銀牙』はフィンランドなど北欧でも人気が高く[1]、フィンランドにたびたび招待されサイン会を行っている。

2012年にデビュー40周年を記念した原画展が横手市増田まんが美術館で開催された[2]

作品リスト編集

銀牙シリーズ編集

  • 銀牙 -流れ星 銀- - 銀牙シリーズ最初の作品。全18巻[3]
  • 銀牙伝説WEED - 銀の息子・ウィードを主人公にした続編。全60巻。
    • 銀牙伝説WEED 外伝
      • 夢見る戦士たち - オールカラー4頁の掌編。ウィードが見た夢を語る小品。
      • メルの旅立ち
      • ロンリーロン
      • シオンの疾風かぜ
      • HANAKO - 作者の高橋が作中に登場する短編。
  • 銀牙伝説WEEDオリオン - ウィードの子たちを描く第3シリーズ。全30巻。
    • 銀牙伝説リキ RIKI - オリオンたち四兄弟の 曽祖父リキを主人公にした作品。全1巻[4]
    • 銀牙伝説 杏樹と次郎丸 - 老マタギ・沢村義人の孫である杏樹と、銀の姪「ユキ」の子・次郎丸たちの強い絆の物語。
  • 銀牙伝説 赤目 - 赤目の先祖を描いた番外編。全5巻。
  • 銀牙〜THE LAST WARS〜 - 赤カブトの血を引く巨熊モンスーンとの闘い。全22巻。
    • ぎんが〜THE FIRST WARS〜(原案・高橋よしひろ、作画・つじつかさ) - オリオンたち四兄弟の幼犬時代の日常を、デフォルメキャラ絵で描く。『漫画ゴラクスペシャル』連載。
  • 銀牙伝説ノア - THE LAST WARSの続編。『週刊漫画ゴラク』2019年6月7日号から連載[5]
    • 銀牙四代 - 銀牙伝説ファンブック。2019年9月11日発売予定[6]

その他の作品編集

師匠編集

アシスタント編集

脚注編集

  1. ^ 犬マンガ「銀牙」、こち亀抜く!作者高橋よしひろ氏 200巻超え意欲
  2. ^ 高橋よしひろ40周年原画展
  3. ^ ジャンプコミックス セレクション版と集英社文庫版が全10巻、集英社ジャンプリミックス版(コンビニコミック版)が全8巻。
  4. ^ 日本文芸社ニチブン・コミックスでは「銀牙伝説リキ」表記。
  5. ^ 『週刊漫画ゴラク』2019年5月31日号「次号予告」(308ページ)
  6. ^ 『週刊漫画ゴラク』2019年9月6日号「次号予告」(308ページ)

関連項目編集

外部リンク編集