メインメニューを開く

高橋 乗宣(たかはし じょうせん、1940年1月18日[1] - )は、日本経済学者エコノミスト

高橋 乗宣
生誕 (1940-01-18) 1940年1月18日(79歳)
テンプレートを表示

略歴編集

広島県[2]高田郡美土里町浄土真宗本願寺派敬覚寺に長男として生まれる。

崇徳学園高校を卒業、東京教育大学(現筑波大学)卒業、1970年、同大大学院博士課程満期退学。

大学講師を経て1973年三菱総合研究所入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務めた。IWJによると、福田赳夫内閣の経済成長率予測7.1%に対し4.1%と予測して、バブル崩壊後の日本経済を的確に予測するなど、短期的な景気予測には別名悲観の乗宣呼ばれる[3]

三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。2001年から崇徳学園理事長。その後、下記の著作リストの通り、「今年は最悪の不況がやってくる」といった類いの著作を2008年版を除き毎年定期的に出版。

2005年相愛大学学長に就任(2010年退任)。

日刊ゲンダイに『高橋乗宣の日本経済一歩先の真相』を連載中。

著作リスト編集

  • 『繁栄経済の落とし穴 - 円高・保護主義,日本はどうなる』(学習研究社、1988年)
  • 『日本経済の底力 - 復活への予兆』(徳間書店、1992年)
  • 『平成不況-100の症状と処方箋 - 景気・会社・株・土地暮らしはどうなるか』(日本実業出版社、1993年)
  • 『老衰国家への危機 - 高橋乗宣が日本経済の半歩先を読む2』(ごま書房、1995年)
  • 『日本経済これから2年が正念場 - 借金企業・大淘汰の始まり』(PHP研究所、2000年)
  • 『2001年日本経済 バブル後最悪の年になる! 』(東洋経済新報社、2000年)
  • 『2002年日本経済―21世紀型恐慌の最初の年になる! 』(東洋経済新報社、2001年)
  • 『日本経済の破断界 - 資本主義は崩壊し市場主義の専制が始まる』(ビジネス社、2002年)
  • 『日本経済これから2年が正念場 - 借金企業・大淘汰の始まり』(PHP研究所、2002年)
  • 『2003年日本経済 世界恐慌突入の年になる!』(東洋経済新報社、2002年)
  • 『2004年 日本経済 円高デフレの恐怖が襲来する!』(東洋経済新報社、2003年)
  • 『"カミカゼ"景気 - ダイナミックな回復の始まり』(ビジネス社、2004年)
  • 『2005年日本経済世界同時失速の年になる!』(東洋経済新報社、2004年)
  • 『2006年日本経済―日米同時崩落の年になる! 』(東洋経済新報社、2005年)
  • 『2007年日本経済―長期上昇景気に陥穽あり! 』(東洋経済新報社、2006年)

編著編集

  • 『あらすじで読む「日本経済」 - いまさら人に聞けない常識がわかる!』(PHP研究所、2005年)

共著編集

  • 『ヘビーデューティの経済学 - 危機のあとに見えるもの』(平凡社、1987年)
  • 『ドルは甦るか - ドル興亡史になにをみるか』(浜矩子との共著、日本評論社、1992年)
  • 『日本経済「悪魔の選択」はあるか - 新しい経営のすすめ』(牧野昇との共著、徳間書店、1994年)
  • 『本当の経済本物の経営』(船井幸雄との共著、徳間書店、1998年)
  • 『日本國の経営學 - それでも日本経済は復活する!』(木村剛との共著、アスキー・コミュニケーションズ、2002年)
  • 『2009-2019年 大恐慌 失われる10年』浜矩子共著(フォレスト出版、2009年)(ISBN 978-4894519091
  • 『2010年日本経済―「二番底」不況へ突入する!』浜矩子共著 東洋経済新報社 2009 (ISBN 978-4492395257
  • 『2011年日本経済ソブリン恐慌の年になる!』浜矩子共著 東洋経済新報社 2010 (ISBN 978-4492395424
  • 『2012年資本主義経済大清算の年になる = 2012: The Year Capitalism Unravels』浜矩子共著 東洋経済新報社 2011 (ISBN 978-4492395608)
  • 『2013年世界経済総崩れの年になる! = All Fall Down:The Year of the Great Collapse』浜矩子共著 東洋経済新報社 2012 (ISBN 978-4492395776)
  • 『2014年 戦後最大級の経済危機がやって来る!』浜矩子共著 東洋経済新報社 2013 (ISBN 978-4492395943

脚注編集

外部リンク編集