高橋 二三(たかはし にいさん、1926年2月3日 - 2015年5月5日)は、日本脚本家。本名:高橋 幸人(たかはし ゆきと)[1]群馬県佐波郡玉村町出身。

目次

来歴・人物編集

1960年代の大映松竹映画で活躍し、84本の映画脚本を手がけた。特に1965年から6年続いた特撮怪獣映画の「ガメラシリーズ」では、科学考証を無視したキャラクタライズしたシナリオで、「怪獣ガメラ」を東宝の「ゴジラ」と双璧をなす人気怪獣へと伸し上げた。1970年代に入るとテレビ番組を数多く手がけた。

「ガメラシリーズ」の湯浅憲明監督は、「怪獣の登場する映画で科学考証など意味がないと、高橋さんと打ち合わせて脚本作りを行った。子供が楽しめるファンタジー、童話として、監督が驚くようなアイディアを生みだす高橋さんは天才だ」と語っている。

大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』(1967年)では公開後、東宝のゴジラシリーズで知られる本多猪四郎監督から「素晴らしい内容だった」と絶賛激励され、「ゴジラシリーズ」に対する負い目が吹き飛んだと語っている。また、高橋が1991年にビデオ企画に合わせて『ガメラ対不死鳥』というオリジナル脚本を奔放なイメージで書き上げ、複数の特撮関係者に送ったところ、本多は「作品は大事になさってください」と丁寧な感想文を添えて送り返してくれたという。このオリジナル脚本は後年、新作小説の形で出版されている。

2015年5月5日、脳幹出血のため死去[2]。89歳没。

執筆作品編集

映画脚本編集

テレビ脚本編集

著書編集

参考文献編集

  • 『ガメラを創った男―評伝 映画監督・湯浅憲明』(アスペクト刊) ISBN 4893663682
  • 『ガメラクロニクル』(ソニーマガジンズ刊) ISBN 4789713547
  • 『大映特撮映画大全 大怪獣空想決戦 ガメラ対大魔神』(角川映画刊) ISBN 4048545116

脚注編集

  1. ^ “脚本家の高橋二三さん死去 ガメラシリーズ手がける”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年5月14日). http://www.asahi.com/articles/ASH5G5F2HH5GUCVL013.html 2015年6月4日閲覧。 
  2. ^ 脚本家の高橋二三氏死去 時事通信 2015年5月14日閲覧
  3. ^ はいからさんが通る”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。