メインメニューを開く
本来の表記は「髙橋佑汰」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

髙橋 佑汰(たかはし ゆうた、男性、1993年3月5日 - )は、日本空手家極真空手弐段)。東京都練馬区出身。国際空手道連盟 極真会館(館長・松井章奎)東京城北支部・大泉道場の分支部長[1]。 通称は「一撃の貴公子」。得意技は上段膝蹴り、胴廻し回転蹴り。

高橋 佑汰
個人情報
生誕名 髙橋 佑汰
フルネーム Yuta Takahashi
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1993-03-05) 1993年3月5日(26歳)
日本の旗 日本東京都
身長 181 cm (5 ft 11 in)
体重 94 kg (207 lb)
スポーツ
競技 極真カラテ
種目 フルコンタクト(組手)

略歴・人物編集

史上最年少で全日本ウェイト制大会で優勝した後、伸び悩む時期があり、キックボクサーになるか悩んでいたところ、結婚を機に空手家として邁進していくことを決意。

その後、全日本ウェイト制大会を2階級制覇、第46回全日本空手道選手権大会にて初の7位入賞し、念願の世界大会日本代表の座を手にした[2]

第48回全日本空手道選手権大会では決勝戦で鎌田翔平に敗れはしたものの、準優勝に輝く[3]

2017年4月、全日本空手道連盟の強化選手選考会に参加した上田幹雄とともに、オブザーバー参加として全空連のナショナルチーム入りすることが決まった[4][5]

主な戦績(松井派主催)編集

  • 2007年 全日本青少年大会 中学2・3年生 +55kg級 優勝
  • 2008年 国際青少年大会 高校1年の部 重量級 優勝
  • 2008年 全日本青少年大会 高校1年の部 重量級 優勝
  • 2009年 ワールドユースエリート大会 -80kg級 優勝
  • 2010年 第27回全日本ウェイト制大会 中量級 優勝(史上最年少記録)
  • 2011年 第28回全日本ウェイト制大会 軽重量級 4位
  • 2012年 第29回全日本ウェイト制大会 中量級 3位
  • 2013年 第30回全日本ウェイト制大会 中量級 3位
  • 2014年 第31回全日本ウェイト制大会 軽重量級 優勝
  • 2015年 第11回世界大会 日本代表(技能賞)
  • 2016年 第33回全日本ウェイト制大会 重量級 準優勝
  • 2016年 第48回全日本大会 準優勝
  • 2017年 第6回全世界ウェイト制大会 軽重量級 準優勝
  • 2017年 第49回全日本大会 優勝
  • 2018年 第50回全日本大会 6位

関連人物編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 極真会館インフォメーション. “高橋佑汰 選手の言葉”. 2017年3月26日閲覧。
  2. ^ eFight【イーファイト】. “【極真会館】日本代表決定、17歳南原も入る”. 2017年3月26日閲覧。
  3. ^ eFight【イーファイト】. “【極真会館】11年ぶり日本人同士の決勝を鎌田が上段回し蹴りで制して初優勝”. 2017年3月26日閲覧。
  4. ^ eFight【イーファイト】. “【全空連】極真の髙橋祐汰、上田幹雄が全空連ナショナルチーム入り”. 2017年7月18日閲覧。
  5. ^ 平成30年度全日本強化選手”. 全日本空手道連盟. 2018年9月30日閲覧。

外部リンク編集